今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

アユタヤ:約650年の歴史?Wat Phra Ramに行ってみた!

※2017年2月13日更新

クメール式の仏塔が見どころの遺跡、ワット・ラーチャブーラナを後にし、次の遺跡を目指して自転車をこぎ始めました。

ワット・ラーチャブーラナを訪れた記事はこちら

Wat Phra Ram(ワット・プラ・ラーム)

地図で確認すると、ワット・ラーチャブーラナから一番近い遺跡は、Wat Phra Ram(ワット・プラ・ラーム)という遺跡だったので、次の目的地はワット・プラ・ラームに定めました。

水辺の木陰でちょっと一休み…

 

再び、炎天下の中、自転車をこぎ続け、ワット・プラ・ラームの真横にやってきました。

この写真を撮っていると、一台のバスが横につきまして、中からゾロゾロと人が降りてきました。その人々が発した言葉は日本語。

懐かしい…(´∀`; )

日本人が発する日本語のイントネーションに懐かしさを覚えました。

前日まで日本にいたはずなのですが、もう随分日本語に触れていないような気がしていたのです。

どうやら日本人向けのツアーだったらしく、バスの中から次から次へと日本人が出てきました。

炎天下の中、一人で汗だくになって自転車をこぎ続け、遺跡を回るのはなかなか骨が折れます。エアコンの効いたバスで移動する方が楽ですよね…

さて、お目当ての場所に到着しまして、またしても50バーツを支払って中に入ります。

この写真で見ると、大したことないように思えますが、かなりの高さです。

実際、この遺跡は登ることができるので登ってみました。

高いです。

 

階段のステップの幅も狭いので、足を踏み外してしまうのではないかドキドキでした。

ここワット・プラ・ラームは、1369年に建てられたクメール式の寺院です。

実に650年近い歴史を持つ遺跡です。

 

そんな遺跡が残っているのもすごいですが、クメール式っていうのもすごいですね。

遺跡の上はぐるーっと回れるので、回ってみました。やはりアユタヤの空は広いです。

最後に(まとめ)

今回は、約650年もの歴史を持つ遺跡、ワット・プラ・ラームに行ってきました。

本文で書きました日本人のツアー客もこちらの遺跡へ入って見学されていたので、アユタヤでもメジャーな遺跡に分類されるのではないかと推察しております。(地球の歩き方では扱いが小さかったですが…)

この近くに、エレファントキャンプがありまして、観光客向けに象に乗るサービスを提供してます。(結構いい金額するようですが…)

僕はたまたま象が歩いているところに遭遇しました。

残念ながら写真は撮れませんでしたが、象ってかわいい目をしてますよね(笑)

この遺跡に来たら、もしかしたら象に遭遇できるかもしれません。

それではー!!

ワット・プラ・ラームの位置

こちらの記事もどうぞ!!

 

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

スポンサーリンク