今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

深夜便で到着。香港市内に移動できないので、香港国際空港内を散策して時間を潰してみた!

無事に香港国際空港に到着し、沖止めの機体から到着ゲートまでバスで運ばれていきました。

入国カードの記入に悪戦苦闘

いつも初めて行く所は、「地球の歩き方」など、詳し目のガイドブックで下調べをしていくのですが、プロローグでもお伝えした通り、インフルエンザでまともに動けなかったため、十分に下調べをしておりません…

ですので、空港の建物の構造なんかもよくわからず。ましてや、入国手続きに関してもよくわからず……

とりあえず、人の流れについていくことにしました。

すると、入国カードを記載していると思われる日本人が何人かいたので、僕も入国カードを記入することに。

本当に何も調べずに来てしまったので、初めての書式だったということもあり、手間取りました。途中、わからないところが出てきてしまい、ちょっと焦ります。

iPhoneを取り出し、空港のWi-Fiにつないで、必死に検索です。 すると、JALのサイトが分かりやすく解説を載せてくれていました!

ありがとう、JAL!!

tweetした通り、皆さんさっさと入国されたようで、 イミグレには僕一人だけがぽつんと残されていました。

入国審査官は、相当暇だったんでしょうね。終始おしゃべりしてましたよ(笑)

無事、香港に入境!空港ロビーで時間を潰す

無事、香港に入境できました。

パスポートに押されるスタンプを見るのが一つの楽しみなのですが、香港ではスタンプを押されませんでした。

その代わり、スタンプが印刷された紙をパスポートに挟まれます。香港から出て行く際に回収されると思っていたのですが、特に提出は求められませんでした。

Baggage claimに来てみると、皆さん荷物の回収もさっさと回収したようで、Baggage claimにも人がいませんでした。トイレで用を足し、税関を抜けます。

到着ロビーに着くと、空港内で休んでいる方々がたくさんいらっしゃいました。

僕が到着したのは早朝でしたが、両替所はやっておりました。僕は手持ちの人民元を香港ドルに両替すべく、香港レディが座っていた両替所に行き、両替をしてもらいました。

香港空港内の早朝のお店事情

早朝ということもあって、さすがにお店が全然開いておりませんでした。

空港マップを見ると、セブンイレブンがあるはずなのですが、全く見当たりません。よくよく見てみると……

工事してる・゚・(ノД`;)・゚・

なので、バスが動き始める時間まで、空港内をウロウロしたり、ベンチでぼーっとして過ごしました。

McDonald'sは開いておりましたが、ものすごい人の数です。
僕は、できればファストフードは食べたくないと思っていたので、
McDonald'sへは立ち寄りませんでした。

まあ、ビッグマックの値段を見て、物価の差を確認するというのも面白い遊びなんですけどね(笑)

SIMカードを入手!

午前7時ぐらいだったでしょうか。漸く空港内のChina Mobileが開店となりました。

ちなみに、80HKD(約1,200円)でした。長期滞在であればまだしも、二日間しかいないことを考慮すればコスパ悪すぎですね。

以前、上海へ行ったときに購入したChina Unicom Hong KongのSIMカードを日本から持って行ったのですが、有効期限が切れてしまっておりました。

もちろん、オンラインでTop Upすることもできるのですが、まさか空港のFree Wi-Fiにつないでクレジットカードの情報なんて入力するわけにはいきません。

仕方なく、空港内で新規に購入してしまいました。日本でTop Upしていかなかったことが悔やまれます。

バスに乗って香港市内へ移動

SIMカードを入手した後、出発ロビーにあるStarbucksでコーヒーを飲んで一息つきました。

そして、いよいよ市内へ向かうべく、A21バス乗り場へと行きます。

先ほど、

ガイドブックなどを読んで十分に下調べをしてこなかった

と書きましたが、 市内への行き方は、たくさんの方がブログ等で紹介しております。

僕は、@tommybackpackerさんが書かれている「バックパッカーに憧れて」を参考にさせていただきました。

@tommybackpackerさんにはこの場を借りて改めてお礼申し上げます。

僕がバス停に到着すると、ちょうどA21バスが出発したところでした。

orz

仕方がないので、バス停に並びます。

重慶大厦 01

バス停に並ぶと、僕の前に一組のカップルがいました。
どうやらこのカップルも、僕と同じ方角を目指しているようですが、
何やら不安げな様子でした。

バスを待っている間に、そのカップルの女の子に話しかけられたのです。

ですが、何を言ってるのか、さっぱりわかりませんでした。北京語であれば、「多分北京語だろう」と思うのですが、全くわからなかったので、広東語なのではなかろうかと思います。

無視するのもかわいそうなので、

「英語喋れる?」

って訊いたのですが、どうやら全く喋れない様子でした。

ショボーン(´;ω;`)

とされてしまいました。僕の方こそ

ショボーン(´;ω;`)

でしたけどね(笑)

いざ重慶大厦へ

さて、香港といえば、やっぱり

重慶大厦(チョンキンマンション)

ですよね。
この重慶大厦は、尖沙咀というところにあります。

僕はA21バスに乗って尖沙咀を目指していました。

重慶大厦を目指していた理由は、深夜特急の足跡を追いかけるということもありましたが、 目的は両替です。そのために、僕は空港で日本円ではなく、手持ちの不要な人民元を香港ドルに替えたのです。

@tommybackpackerさんによれば、香港は、重慶大厦で両替するのが良いとのことです。

これに倣って、僕も重慶大厦で両替をすることにしたのでした。

A21バスに乗って揺れること約1時間…

まさに「これぞ香港!」という街並みを眺めながら、
バスは重慶大厦に最寄りの「No.14中間道」に到着しました。

スポンサーリンク