読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

ANAふるさと納税でマイルが貯まるようになったってよ!

 

※2017年4月2日更新

ANAふるさと納税が変わった!?

昨日、twitterのタイムラインに、こんなニュースが流れていました。


ついにマイルに変わったか!!

従来のシステム

リンク先にも書いてあります通り、

従来は1寄付あたり100円分の「ANA SKY コイン」を付与していたものの、これを寄附金額100円につき1マイルの付与に変更した。

わけです。 仮に、10,000円を寄付した場合、

  • 100円分のANA SKYコイン
  • お礼の品
  • クレジットカードのポイント(ANA VISAなら10ポイント)

がもらえるというものでした。
文面からすると、1寄付あたりですから、金額に応じた分のSKYコインが貰えたというわけではないんですよね。

変更後のシステム

そして、冒頭にも書きました通り、今度はSKYコインからマイルを付与することに変更されたわけです。 仮に、10,000円分を寄付した場合、

  • 100マイル
  • お礼の品
  • クレジットカードのポイント(ANA VISAなら10ポイント)

もらえることになるわけですね。
100マイルをそのままSKYコインに交換すれば、100SKYコインなので等価にも見えますが、20,000円分を寄付すれば200マイルで200SKYコインになりますし、50,000円分を寄付すれば500マイルで500SKYコインになるわけです。

ただし、マイルをそのまま交換するのは損ですので、そのままSKYコインに交換する人はいないと思いますが…
 

結論だけ言っておきますが、 マイルをSKYコインに直ぐに変えてしまうのは損ですよ!

もっとふるさと納税でマイルを貯める方法

新しくなったANAふるさと納税も良いのですが、さらにマイルを貯める方法があります。
ヒントは、以前書いた記事にあります。

そうです。
ポイントサイトを経由してふるさと納税をするのです。

僕が利用しているポイントサイト、『ハピタス』でも、ふるさと納税に関する広告が用意されています。スクリーンショットを載せておきますね。

2つ広告が載っていますが、1.4%〜2.3%の還元率となっています。


仮に、ハピタス→ふるなび経由でふるさと納税をおこなった場合、

  • 140ポイント
  • お礼の品
  • クレジットカードのポイント(ANA VISAなら10ポイント)*1

をもらえることになります。

これをソラチカルートで回すと、126マイルになります。


わずか26マイルかもしれませんが、塵も積もればというものです。


(2017年2月19日追記)

一概にポイントサイト経由での寄付の方が高還元率であるとは言えないことがわかりました。

ANAふるさと納税では、ダブルマイルキャンペーンというものをやっており、一部の自治体の寄付に関しては100円ごとに2マイル付与されます。

ダブルマイルキャンペーンの対象となっている自治体に寄付をしてみました。詳細は後述しております。


ANAふるさと納税の弱点

弱点と書きましたが、ANAふるさと納税がまだまだと思うところについて書かせていただきます。

ふるさと納税の対象となったいる地方自治体の数は増えてきましたが、まだまだ発展途上です。


残念ながら、2015年、最も納税額が高かった宮崎県都城市がラインナップされていません。
 

また、商品のラインナップもまだまだ発展途上です。
(お酒の種類がまだまだ足りない!!(笑))

ポイントサイト経由もまだまだ発展途上

ポイントサイトの広告に掲載されている「ふるなび」ですが、 こちらもまだまだ発展途上です。


少し調べて見たのですが、地方自治体の数、お礼の品ともにまだまだ発展途上といった感じでした。

オススメのふるさと納税のサービス

今回の記事の趣旨とは離れてしまうので、紹介するかどうか悩みましたが、書いておきます。


昨年、僕がふるさと納税をした際に利用したサービスです。


こちらのサイトは、自治体の数も多いですし、お礼の品の種類も大変多くラインナップされていて、非常に悩ましいです。

もっとも、多すぎて検索が大変という欠点もありますが…


お酒好きな方には良いです(笑)

昨年、僕はこちらのサイトからふるさと納税しまして、焼酎飲み比べセット(1.8リットル × 3本)を頂きました。

10,000円でこれだったので、コスパ高いですよ!
 

先ほど、

今回の記事の趣旨とは離れてしまうので、紹介するかどうか悩みました

と書きましたが、その理由は、
こちらのサイトはポイントサイト経由で利用することができない
からです。


純粋にクレジットカードのポイント分しかマイルを貯めることができません。
その意味で、ANAふるさと納税やポイントサイト経由でのふるさと納税とはちょっと異なるので、書くことをためらったわけです。

最後に…

ふるさと納税によって貯まるマイルはさほどインパクトのあるものではありません。


ANAふるさと納税では100円につき1マイルですし、ポイントサイト経由でも1.4%〜といった感じですので。

本稿を書く過程で、ANAの策略みたいなものがチラついたりもしたのですが、

「ふるさと納税」の目的がマイルを貯めることではなく、来年度の税金控除とお礼の品を目的とすることに比重をおけば、ポイントサイトを介さずとも、ANAふるさと納税で直接納税してもいいかな、なんて思うに至りました。

本文中にも書きました通り、ANAふるさと納税も、「ふるなび」も、どちらも発展途上のサービスですので、一方にあるけれど、もう一方にはない、といったことがあるかもしれません。

ですので、

いずれか一方で、気に入ったものがあればふるさと納税すれば良いんじゃないかな?
なんて結論に至りました。

なお、当ブログは、「旅、ときどき写真」をテーマにしているので、ふるさと納税に関する詳細な説明は割愛させて頂きました。
ふるさと納税について詳しく知りたい方は、先ほどご紹介したサイトに掲載されているので、そちらをご覧いただければと。

余談ですが、ふるさと納税で旅行券や割引券などをお礼の品として用意している自治体もありますよ!

今年は、計4回、納税する予定だったのですが、すっかり別のことに使ってしまいました。

今思い返すと、毎月の酒代の中の一部をふるさと納税に回すべきでしたね。

それではー!


(2017年2月19日追記)

実際に、ANAふるさと納税を利用してふるさと納税をしてみました。

上記のtweetの通り、北海道羅臼町がダブルマイルキャンペーン*2の対象となっておりましたので、迷いなく北海道羅臼町に寄付をしました。

そのほかのダブルマイルキャンペーンの対象自治体はこちら*3

ダブルマイルだから…というわけではなく、もともと「いくら丼祭り」をやりたかったということもありまして。

「いくら丼祭り」をやりたくなったきっかけはこちら。

実際にANAふるさと納税を利用してみましたが、とても簡単に行うことができました。

欲しい返礼品を選択し、必要事項を記入していき、決済まで進めばOKです。

ちなみに、羅臼町への寄付の決済方法はクレジットカード決済のみでした。その他の自治体では、クレジットカード決済以外の方法で決済できるところもあるかもしれません。

(2017年2月25日追記)
ANAふるさと納税のFAQを確認したところ、決済方法はクレジットカード決済のみに対応とのことです。

今回、10,000円を寄付したわけですが、今回の寄付で、ANAふるさと納税でもらえるマイルが200マイルもらえます。また、ANAカードでの決済だったので、その分のポイントでもらえるマイルが100マイル。合計で300マイルもらえる計算です。

ダブルマイルキャンペーンを使えば、ポイントサイト経由での寄付よりも還元率はUPしますね。

tweetにも書きましたが、いまからいくらが届くのが楽しみです。


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

*1:クレジットカード決済をした場合による

*2:北海道羅臼町は2017年3月31日決済分までが対象

*3:2017年4月1日以降、キャンペーンは終了しています。

スポンサーリンク