読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

洞窟内にお寺?仙洞巌へ行ってみた!

野柳地質公園を後にし、790系統バスに乗って基隆火車站まで戻ります。

つづいて、仙洞巌というお寺に行ってみることにしました。

仙洞巌への行き方

基隆火車站前にあるバス乗り場から、301系統バス(マイクロバス)に乗ります。

バス乗り場です。この青い車体が300番台系統のバスです。

実際に乗車したところ、お年寄りがたくさん乗っていて驚きです。 なぜか、基隆駅前で一緒に乗ったおばあさんにずっと見られてました(汗)

「仙洞巌」という停留所で下車し、道路の横断すると到着です。 この時は、改修工事が行われており、足場が組まれていました。 手前にはお店があって、食事もできます。

仙洞巖内に突撃してみた!

さて、先ほどの門をくぐって、実際に仙洞巖内に突撃してみました。

地球の歩き方で紹介されている場所ですが、日本人は僕しかおりません。あとは台湾の方々…なかなかディープな感じです(笑)

台湾のお寺でよく見かける提灯です。

門をくぐってすぐ左手にはこんな像が…

千手観音?

そして、さらに上を見上げると……

仏様が見下ろしてます。しかも金ピカ…

そういえば、チェンマイの寺院にもこのような光景があったのを思い出しました。

いよいよここからお寺の中です。 入り口付近で、何やら僧侶さんたちが話し込んでおり、少々入りずらい雰囲気がありました。

が、程なくして台湾人観光客がズカズカと入っていくのを目撃したので、僕もズカズカと入って行きました(笑)

中は、岩を削って作られたようで、まさに洞窟になっています。
蛍光灯こそついているものの、あまり明るくはありません。

先ほど、入り口で話し込んでいた僧侶さんたちがお経を唱えておりました。
その右側にある通路をさらに進んで奥へと入っていきます。 読経の邪魔をしないように、忍び足です。

仙人??

岩壁に施された彫刻

ここのお寺の興味深いところは、岩壁に彫刻をして仏様などが表現されている点です。 何枚か写真を撮ってきました。

スタンダードな仏像

もちろん、僕らが普段よく目にする、スタンダードな仏像もあります。

こちらは仏像ではないですが…

もう一つの洞窟

先ほど、僧侶さんたちが読経していた左側にも洞窟があります。
しかしながら、人が一人通れるか通れないかの幅しかありません。

興味が惹かれたので進んでいってみたのですが、ご覧の通りの狭さで、これ以上先に進むと戻ってこれなくなると思ったので途中で引き返してしまいました。

中国のニュースでよく見る、隙間に入って出られなくなってしまった子どもの映像がオーバーラップしまして…

「台湾の洞窟内で挟まって出られなくなった日本人」なんて報道されたら嫌じゃないですか?(笑)

再びバスに乗って基隆火車站へ

無事、洞窟内で挟まることなく脱出しました。 再び、バスに乗って基隆の駅前に戻ります。

バス停付近にあったお寺(?)です。

台湾は大なり小なり、こうした建物をたくさん見かけます。人々の信仰の深さが伺えますね。

今回訪れたところ(まとめ)

というわけで、今回は仙洞巖という、洞窟内にあるお寺を訪れてみました。 こちらを訪れた際には、岩壁に直接施された仏像の彫刻は必見です! また、洞窟内で挟まらないよう、体の大きい方はご注意ください(笑)

仙洞巖

開門時間 午前7時〜午後5時
拝観料 無料

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

スポンサーリンク