読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

基隆から九份へ移動して、夜と朝の九份を撮影してみた!

基隆を訪れたわけですが、この日の宿は基隆ではなく、九份にとっておりました。
正確には、夜の九份をゆっくり撮影するために九份に宿をとったわけです。
(もちろん価格面の理由もありますが…)

初めての台湾、そして初めても海外一人旅際に訪れた九份。 残念ながら、一眼レフを持ってこなかったため、一眼レフで九份を撮りたいという想いがありました。

それを実現するべく、九份へと向かったのです。

というわけで今回は、台北からではなく、基隆から九份へ行く方法をご紹介します。

なお、台北市内から九份へ行く方法はこちらの記事をご覧ください。

基隆からの行き方

ルートは大きく二つあります。
バスだけで行く方法と、鉄道とバスで行く方法です。

バスで行く方法

基隆駅前の通りに、バス亭があります。
このバス亭で、788系統バス(金瓜石行き)に乗り、あとはひたすら揺られて行けば九份に到着です。

基隆から九份までのバスの運賃は、30NTDです。

鉄道で行く方法

基隆から瑞芳まで行きます。
そして、瑞芳から788系統バスか1062系統バスに乗り、九份まで行きます。

いずれにしてもバスに乗る必要がありますので、基隆からバスに乗って行った方が確実に座れて良いです。

瑞芳からバスに乗ると、混んでるので座れない可能性が高いです。

夜の九份を散策してみた!

昨年、九份を訪れた際には、夕暮れ時に提灯に灯りが宿っている光景を撮影しました。

しかし、iPhoneで撮影したため、満足できず…

繰り返して恐縮ですが、今回は一眼レフを持って来ましたので、意気揚々と、九份の街へと繰り出して行きました。

ただし、雨さえ降ってなければもっとよかったんですけどね(苦笑)

基山街を通って九份老街へ

バスを降りると、ファミリーマートとセブンイレブンがあります。ファミリーマートの隣に、ちょっとした休憩所がありまして、そこの階段を登って上に上がると、九份から港を見下ろすことができます。

もちろん、山肌に建ち並ぶ、九份の街並みも見ることができます。

セブンイレブンの方に向かって行きますと、基山街という通りがあります。

通りの名前で書くと基山街なのですが、もっとわかりやすく言うと、お土産屋さんや飲食店が建ち並ぶ通りです。

基山街

この通りを歩いて奥へと進んでいきます。

九份名物(?)のゴミ回収車

基山街を歩いていると、ゴミ回収車がやってきます。車一台通れる道幅を走っていくので、歩行者はお店の中に避難します(笑)

悲情城市の階段へ

ある程度進むと、十字路にあたります。 この十字路を右手に曲がると、映画『非情城市』に出てくる階段があります。

旅情を掻き立ててくれる提灯

阿妹茶樓

先ほどの階段を下に降りていくと、有名なお茶屋、阿妹茶樓があります。某ジブリ作品の舞台となった、という噂もありますね。

何枚か写真を撮って来ましたので、貼り付けます。

周囲を散策してみた

昨年訪れた際には、阿妹茶樓の周囲をウロチョロしただけでしたが、今年は昨年訪れることがなかった場所へも行ってみました。

九份の街並み

薄暗いので要注意!

メインストリートや先ほどの阿妹茶樓の前は明るいのでいいのですが、ちょっと外れると薄暗くなるので、女性の一人歩きは気をつけた方がよいでしょう!

宿泊場所について

先ほどの阿妹茶樓の階段をさらに降りて行ったところに、今回宿泊した宿があります。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

朝の九份

さて、今度は朝の九份です。 と言っても、夜と全く同じ場所を撮影してきたわけではありませんが、明るい時の九份の雰囲気はわかるかと思います。

こちらも何枚か写真を貼り付けておきます。

宿の脇の階段を上っていくと、阿妹茶樓の下にでます。

レトロな佇まいの映画館
朝は比較的空いてます!

次なる目的地へ

九份から1062系統バスに乗ってそのまま台北に向かおうかと思ったのですが、このまま台北に戻っても面白くないかな?と思い、もう一度基隆へ戻ることにしました。

というわけで、
再び788系統バスにのって、基隆へ。

次回は再び基隆をお伝えします!

今回訪れたところ(まとめ)

九份は本当に観光客が多いです。
その理由もうなづけます。

やはり、情景が良いです。
そして旅情をかきててくれます。
提灯に灯る光が、ノスタルジーへと誘ってくれるのです。

この情景は実際に見て頂きたいですし、実際に雰囲気も味わって頂きたいです。

ツアーでなくても十分訪れることができる、 比較的難易度の低い場所ですので、 是非一度足を運んで見て下さい。

そして、できれば一泊してみて下さい!

それではー!!

九份

こちらの記事もどうぞ!!

今回持って行った装備

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750
Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

スポンサーリンク