読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

タイの有名なリゾート地、パタヤに行ってみた!

2017年1月8日。

この旅も残すところあと2日になってしまいました。バンコクでゆっくり過ごすことも考えたのですが、まだ訪れたことのないパタヤ・ビーチを訪れてみることにしました。

もっとも、僕はリゾート地に2泊以上滞在することは不可能だという性分であることは、2016年の夏に訪れた台湾の墾丁が教えてくれましたので、1泊が丁度良い時間ですね。

パタヤへの行き方

パタヤへはバスで行くのが便利です。 スワンナプーム国際空港からパタヤへの直行便も出ておりますが、僕は前日にバンコクに宿泊していたため、エカマイの東バスターミナルからバスに乗ってパタヤに行くつもりでした。

バスターミナルでの注意点

バスターミナルにとうちゃく到着すると、入口の左手にでっかくPATTYAと書かれた窓口があります。

が、こっちに行ってしまうとロットゥでパタヤまで行くことになるので気をつけましょう。しかも130bahtも取られます。

はい。

僕は見事にひっかかってしまい、ロットゥでパタヤまで行きました(笑)

ドライバーからのアナウンスはタイ語オンリーですし、乗客もタイ人が多いので、アウェー以外の何ものでもありません。

どうにも僕はロットゥに縁があるようです…

カンチャナブリーへ行った際もロットゥのチケットを掴まされましたね… (バンコクへと戻りは敢えてロットゥを選びましたが…)

ちなみに、高速バスのチケット売り場はこちらです。

ロットゥ乗車記

折角なので、ロットゥ乗車記でもつづっておきます。 多くの方は大型バスでパタヤまで行かれるかと思われますので、「こんな感じなんだ」というのを掴んでもらえればと…

車両について

ロットゥは、ガイドブックなんでも紹介されていますが、10人乗りのハイエースをイメージしてもらった方が早いです。

運転は、もちろん運転手によりますが、荒いと思って間違いないでしょう。

エアコンはそこそこ効いていました。

道のり

東バスターミナルを出発し、ひたすら国道を走って行きます。途中、ハイウェイに乗ったり降りたり…

よくわからない道のりでした。

途中、ガソリンスタンドで10分程休憩がありました。

ロットゥに乗る前にトイレに行けなかった身としては助かりました。

この日は、途中下車した人が二人程でしたので、2時間程でパタヤに到着。 途中休憩が入ってこのタイムは、割と早い方ではないでしょうか?

ロットゥでパタヤに来ると、南の方で降ろされます。

ここから予約していたホテルまでは結構な距離があったので、仕方なくモーターサイ(バイクタクシー)に乗って行きました。

料金を尋ねると、60baht。

高!!

値切り交渉をしたのですが、全く応じてもらえず…仕方なく60bahtで手を打つことに。

その代わり、きっちり60bahtはらい、一切チップは渡しませんでした。

高速バス搭乗記

ちょっと時間は飛びますが、翌日はパタヤからバンコクに戻りました。

帰りは、ロットゥではなく、高速バスを利用。料金も108bahtと、ロットゥよりも若干安いです。

高速バスの乗り場は、北パタヤにあります。

僕が宿泊していたホテルからは結構な距離がありまして…

モーターサイかタクシーでバスターミナルまで行こうかとも思ったのですが、歩いている途中にソンテオのドライバーに話しかけられました。

バスターミナルまで行こうとしているとこたえると、150bahtで乗せて行ってあげると言われました。 ここから値切り交渉スタートです。

結果、100bahtでチャーターすることに。

ソンテオを乗り継いで行けば、20bahtぐらいで行けるそうなのですが、急いでいたことと、雨が降っていたことからさっさとバスターミナルに行きたく、100bahtでチャーターしてしまいました。

バスターミナル

バスターミナルに到着すると、チケット売り場に行き、エカマイまでのチケットを購入。

僕がバスターミナルに到着したのが11時ぐらいだったのですが、僕が購入したチケットは11時50分発のチケット。 結構時間が空いてしまっています。

バス乗り場に行くと、大勢の乗客がバスを待っていました。

約1時間近く、この場所でバスを待ちます。あまりにも暇だったので、他国の観光客の人間観察をしておりました。

バスに乗ってバンコク・エカマイ(東バスターミナル)へ

ようやく自分が乗るバスがやってきました。

外見はキレイな印象でしたが、中身は……(汗)

バスの中はこんな感じです。

バスの座席に関する注意事項ですが、シート番号は椅子の後ろに書かれているので間違えないように注意しましょう。前の座席の後ろに1と書かれていたら、前の座席の番号が1なのです。つまり、1が見える座席は5になります。

僕の座席です。

座席の背もたれをみて番号を確認しようとしたのですが、番号が書いておらず… まあ、前の座席の背もたれに書かれている番号からすれば、僕の番号はここになると思われるので、「マイペンライ」ということで座っておりました。実際、「座席が違うぞ!」と言われなかったので、間違っていなかったのでしょう。

バスは出発しまして、ひたすら走り続けました。 約2時間でエカマイに到着。渋滞でノロノロ運転の区間もありましたが、まあまあ早く着いたかと。

まとめ

今回、往路はロットゥ、復路は高速バスという手段をとりました。後者の方が楽は楽でした。

が、場合によっては前者の方が良い時もあります。と、いうのも、ロットゥの場合、自分以外の乗客が揃っていると、すぐに出発してくれます。また、途中下車する人がいなければ、かっ飛ばしてパタヤにまで行ってくれます。

もっとも、運に左右されることになりますが…

場合によっては、と書きましたが、結局のところ、

「運が良ければ」

ということになりますね(苦笑)

というわけで、大人しく行きも帰りも高速バスに乗っていくことをオススメします!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

スポンサーリンク