今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

安宿宿泊記:SFC修行で宿泊した那覇市内のゲストハウス(まとめ)

すでにお伝えしております通り、SFC修行を5セットこなし、通算で13レグ飛んでおります。

うち、那覇市内に宿泊した旅程が3回あります。残りは、石垣宿泊が1回と、石垣日帰りが1回です。

石垣の宿泊記はこちら

今後も修行が続きますが、上記のtweetの通り、宿泊を伴う那覇便の修行はひとまず打ち止めです。那覇便に限らず、沖縄方面で宿泊を伴う修行の予定は今のところありません。

というわけで、一度、修行で利用しました那覇市内のゲストハウスについてまとめてご紹介しようかと思います。

沖縄ゲストハウスGRAND那覇

まず最初にご紹介するのは、沖縄ゲストハウスGRAND那覇というゲストハウスです。

県内最大級のゲストハウスという点が売りのようです。実際、ビル1棟がゲストハウスになっています。

チェックインの手続きは必要ですが、チェックアウト時は特に何もせずに出て行って大丈夫なゲストハウスです。

ランドリー設備もありますので、長期滞在も可能となっています。

客層ですが、日本人もそこそこおりましたが、韓国人もよく泊まるようです。

ベッドには電源がありますので、スマートフォンの充電も可能です。

ゲストハウスの周囲には飲食店がたくさんあるので、食事には困らないです。

イマイチな点は、全員にロッカーが与えられているわけではないので、荷物の管理は警戒した方が良いです。

沖縄ゲストハウスGRAND那覇の位置

KALAKAUA INN THE KITCHEN HOSTEL AO

続いてご紹介するのは、KALAKAUA INN THE KITCHEN HOSTEL AOというホステルです。

ここは男女完全に分かれているホステルです。

1階は食事ができるお店になっていますので、外に食べなくても済むっちゃ済みますね。

パーソナルスペースには電源があり、通常のコンセントだけでなくUSBケーブルもさせるようになっているのがありがたいです。

また、チェックイン時にタオルも貸し出してくれるのがありがたいですし、個別のロッカーも用意されているのはとてもありがたかったです。

ここは朝食付きのプランも選択できます。

食事はこんな感じです。 ドリンクは1杯までしか飲めませんが、そのほかはおかわりができるのでありがたいです。

KALAKAUA INN THE KITCHEN HOSTEL AOの位置

くもじ荘

最後にご紹介するのは、くもじ荘というゲストハウスです。日本語で案内が書かれていたので、日本人が出迎えてくれると思って行ったのですが…

ええ。まさか外国人が出てきまして。英語で説明を受けました(笑)

日本にいるのに外国にいる気分になりました。

残念ながら食事は全くついておりませんが、周囲には飲食店もありますし、コンビニもありますのでそこまで困ることはないでしょう。

チェックアウト時は特に手続きなど必要なく、そのまま出て来れました。

ロッカーはコインロッカーが用意されていますが、コインが返却されるタイプではありませんでした。

くもじ荘の位置

最後に

以上、3つの安宿に宿泊してみましたが、一番居心地が良かったのは、2番目のKALAKAUA INN THE KITCHEN HOSTEL AOです。また宿泊できる機会があれば宿泊先として選びたいですね。

それではー!!

こちらの記事もどうぞ!!

スポンサーリンク