読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

シェムリアップ:アンコール三聖山、プノン・バケンへ行ってみた!

この旅二度目のアンコール・ワットを見たあと、シェムリアップ滞在2日目に行ったスモールツアーで見ることができなかった遺跡を訪れるため、自転車をこぎ始めました。

ダイジェスト版はこちら

プノン・バケン

向かった先は、プノン・パケンという遺跡です。

ここは夕陽を眺めるには最高の場所でなのです。というのも、遺跡が山の上にありまして、遺跡の上にまでいくと、邪魔するものが何もないため、沈んでいく太陽を眺めることができます。

ですが、空いているときはいいのですが、夕方になると遺跡の上への入場規制が入るそうで…

ゲストハウスで知り合った日本人男性に聞いたところ、某国からの団体ツアー客が、遺跡の上から頑として降りて来ず、欧米人がブチキレていたとのことです。

僕は、午後の早い時間帯に訪れたため、入場規制には遭わず。ゆっくりと遺跡を見ることができました。

プノン・バケンの様子

さて、実際の写真をご覧いただきましょう。

先ほども書きました通り、遺跡は山の上にありますので、山を登っていきます。

と言っても、「登山」とうほど厳しいものではなく、このような道を登っていくことになります。 とても緑が多いです。

途中、どこかの遺跡が木々の間から顔を覗かせます。 10分もかからなかったと記憶しておりますが、頂上まで来ると、遺跡にご対面です。

中央祠堂に登ってみると、こんな感じです。

写真には写っていませんが、どこかの国からいらっしゃった観光客が、お疲れのようで、レジャーシートを敷いて座っておりました。

自由だな…

プノン・バケンのパノラマビュー

ここからは、プノン・バケンのパノラマビューをご覧いただきたいと思います。

え?『地球の歩き方』を見れば載ってる??

あんな小さい写真じゃ我慢できないことはお見通しですよ!!( ̄∇ ̄)

というわけで、写真を貼って行きます。

中央をご覧ください。 シェムリアップを一望できる気球の姿が!

ちなみに、気球に乗るには、1回$20だそうです。

高いと思うか安いと思うかは、あなた次第!!d( ̄  ̄)

プノン・バケンからはシェムリアップ空港を眺めることができます。 写真の中央に見える、屋根のある建物がシェムリアップ空港です。

そして、西バライの姿も。 残念ながら、今回の旅では西バライを訪れることはできませんでした。またシェムリアップを訪れた際には訪れてみたいものです。

また、アンコール・ワットも眺めることができます。 こうして遠くから眺めるアンコール・ワットもまた味があっていいですね。

帰り際、係員の方々がロープを張り始めるところに遭遇。やはり入場規制が入るというのは本当のようです。

最後に

日没後、ゲストハウスに向かう途中、再びプノン・バケンの前を通ったところ、大型観光バスが止まっており、遺跡からゾロゾロと団体さんが出てくるのを目撃しました。

ここで夕陽を見るのは、かなり我慢が必要になりそうです。

それではー!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

スポンサーリンク