今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

SFC修行記:ブロンズ達成となる第8セット目は羽田ー那覇ー羽田。真面目に観光もして来ました!

※2017年3月28日更新

SFC修行 2017年その8

今回の修行で、ブロンズ達成となるので、浮き足立っていたのかもしれません。そんな僕に天罰が下りました。

「姉さん、事件です!」Σ(゚д゚lll)

ANA993便に乗る予定だったのですが、盛大に寝坊しました。セットしておいた目覚ましが、鳴った形跡はありません…

「まだだ。まだ終わらんよ。」

とクワトロ大尉が仰っているように、このまま素直に引き下がるわけにはいきません。

安西先生も、

「諦めたらそこで修行終了ですよ」

と仰っています。

と言うわけで、諦めの悪い男として、とりあえず羽田に向かいました。

初めてのスタンドバイ

空港到着し、まずはカウンターに向かいます。

で、

「乗り遅れちゃいましたー」。゚(゚´Д`゚)゚。

と伝えたところ、理由を聞かれました。

「ね、寝坊っす」(´;ω;`)

な、なんと、素直に言ってしまいました。交通機関の遅れとか言っておけば良いものの…

嘘がつけない男…

何もお咎めなく、後発の便にしてもらえました。今回ばかりは、LCCでなくて良かったと思いました。

ANA473便なら確実に乗れるとのことだったのですが、スタンドバイ*1も可能と言われました。

一抹の望みを持って、スタンドバイをすることに。あ、ANA473便の搭乗券も発券してもらいました。

ちなみに、

  • Sはダイヤモンドメンバー
  • Aはプラチナ、ブロンズメンバー
  • Bは一般会員
  • Cはそれ以外

を意味しているそうです。

修行開始以来の謎が解けました(^O^)

ANA463便(通算18レグ目)

カウンターに行くと、スタンドバイをしている人は僕の前に4人いたのですが、運良く現れませんでした。

でですね…

搭乗カウンターに行くと、空席待ちの理由を聞かれました。

ここでも素直に、

「本当は、ANA993便に乗る予定だったんですけどね。乗り遅れちゃいましたー(てへペロ)」

特にお咎めなく、搭乗券を発券してもらえました。

というわけで、ANA463便で、那覇に飛びました。 使用機材は、B777-200型でした。

ANA476便(通算19レグ目)

マジかよ…

B787だと思っていたのに、まさかのB777-200でした(´-ω-`)

ショックすぎて言葉が出ません。

しかも、19時50分から、事前搭乗…って行ってたのに、45分にゲート前に行ったら既に全員搭乗案内してるし…( ̄O ̄;)

おかげで那覇空港で写真を撮るのを忘れてしまい、羽田に到着後、撮影です。

給食のお時間

プレミアムクラスだったので、給食が出ました。

夜は500Kcal未満の内容となっていました。 デザートでアイスも出ましたー!

あれ?そういえば、ANA機では初めてかも…

国際線でも食べた記憶がありません。ビジネスクラスだともらえるのかな??

真面目に観光したぞ!

今回は、タッチではなく、沖縄本島を観光しました。

そうです。

今回はレンタカーを利用しました。もちろんスカイレンタカーです。スカイレンタカーが一番お得だと思います。

詳しくはこちらの記事を。

具志川城跡

まず訪れたのは、具志川城跡です。全く訪れるつもりはなかったのですが、喜屋武岬へ行く途中だったので訪れてみました。

具志川城跡の詳しい場所はこちら

平和之塔

続いて、喜屋武岬にある平和之塔へやってきました。

車でこれるのですが、途中、道幅が狭く車一台やっとこさ通れる道幅ですので、対向車に注意して行った方が良いです。

平和之塔の詳しい場所はこちら

ひめゆりの塔

昨年、初めて沖縄を訪れた際に、訪れてみたかったのですが、訪れることができなかった場所であるひめゆりの塔に行ってみました。

ひめゆりの塔に行く前に…

ひめゆりの塔の隣にある、お土産屋兼飲食店で海ぶどう丼なるものがありました。1,080円なり!

破壊力抜群でしたよ!!

さて、話を戻します。ひめゆりの塔です。 ここへ来るまでは、もっとカジュアルな感じだと思っていたのですが、鎮魂碑を見て、自分の考えが甘かったことを思い知らされました。 千羽鶴が、平和への祈りと亡くなった方々の魂を鎮めているのです。 資料館の入り口にも、たくさんの千羽鶴がかけられておりました。

資料館の中では、沖縄戦のあまりの凄惨さに言葉が出てきませんでした…

ひめゆりの塔の詳しい場所はこちら

慶座絶壁(ギーザバンタ)

ひめゆりの塔を出て、東に車で10分ほど行ったところに、慶座絶壁(ギーザバンタ)という絶壁があります。

車をとめて、絶壁を覗き込んでみると…

なかなかの絶壁です。

周囲を見渡すと、下に降りていけそうだったので、降りて行って見ました。

途中、どこからともなく水が流れてきておりまして… 苔の生え方が、なんとも趣がありました。 できればもっと下に降りて行ってみたかったのですが、ここまでが限界でした。

残念!(-_-)

慶座絶壁(ギーザバンタ)の詳しい場所はこちら

果報バンタ

再び車を走らせ、次なる目的地、果報(かふう)バンタへと向かいました。

果報バンタはうるま市にあるのですが、うるま市はそこそこ離れているため、高速道路に乗って行きます。

そうそう。沖縄をレンタカーで旅する際は、絶対ETCカードを持って行った方がいいですよ!沖縄の方々はETCカードを持っている方が少ないようで、一般レーンは渋滞します。一方、ETCレーンは渋滞しませんので、ETCカードを持って行った方がストレスフリーです。

さて、果報バンタですが、海中道路の先にあります。海中道路は、2016年、生まれて初めて沖縄を訪れた際にも来ております。その時の記事はこちら

せっかく海中道路にやってきたので、ついでに海も撮影してきました。

あの時は、D750を持って来ませんでしたからね〜。 さて、ここからさらに車を走らせまして、宮城島に行きます。

果報バンタですが、「ぬちまーす 観光製塩ファクトリーぬちうなー」というところの敷地内にありますので、「ぬちまーす 観光製塩ファクトリーぬちうなー」を目印に行くと良いでしょう。

駐車場は無料で停めさせてもらえました。 というわけで、早速行ってみます! ここからの眺めが…

ヤバイです!!海がキレイ!!

そしてさらに北側を見てみると…

ナニコレ…

よーく見てみると、親子が砂浜で遊んでるんですよね。

って、下に降りることができるの!?Σ(・□・;)

ほんと、癒されました。

ちなみに、「果報バンタ」とは、沖縄の方言で、「幸せの岬」という意味だそうです。2011年3月30日に、長野県の伊奈食品工業株式会社の塚越取締役会長に命名していただいたそうです。

この浜は、満月の夜、ウミガメが産卵に訪れるそうですよ〜。

果報バンタの詳しい場所はこちら

浜比嘉ビーチ

さて、今回の一番の目的を果たしたことから、レンタカーを返して空港に戻ろうかと思ったのですが、もう一箇所訪れてみることにしました。

浜比嘉島です。宮城島同様、浜比嘉島も車で訪れることができます。 平安座島と浜比嘉島を結ぶ橋です。

ゆっくり調べている時間もなかったので、地図ですぐに飛び込んで来た浜比嘉ビーチへ行ってみることにしました。 いやぁ、ここもキレイな海と砂浜ですね。

穏やかな波の音が心を癒してくれます。

浜比嘉ビーチの詳しい場所はこちら

最後に

今回、初の寝坊という失敗をしてしまいましたが、とても良い修行となりました。

現地にタッチですぐ様また東京に戻ってくるのは、確かに最も効率の良い時間の使い方なのかもしれませんが、せっかく行くのだから、やはりキレイな景色を見たり、美味しいものを食べたりしたいですよね。

ここ最近は、タッチな修行の割合が増えてきていたので、久しぶりに旅っぽいことができたかなと思っております。

これで、しばらく沖縄方面に飛ぶことはなくなりますが、プラチナ達成のためにもう一度飛ぶかもしれません。その時はまた、別の絶景を求めて、旅ができればいいなと思っております。

それではー!!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

*1:空席待ちのこと

スポンサーリンク