読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

北海道紋別市探訪記その3:紋別市内の飲食店街「はまなす通り」に行ってみた!

カニの爪と北海道立オホーツク流氷科学センターを後にすると、ちょっとお腹が空いてきましたので、マルカイチ水産に行ってみることにしました。

カニの爪と北海道立オホーツク流氷科学センターを訪れた記事はこちら

いざマルカイチ水産へ

マルカイチ水産を目指して、もと来た道を戻っていきます。

マルカイチ水産についてはこちら

道中、雪がパラついてきました ( ;´Д`)

しかも、陽も隠れ始めてしまいまして、気温が下がり始めます。この時点で5時近いですからね。無理もありません。

早くマルカイチ水産へ行って、温まりながらイクラ丼祭りをやりたい!

その一心で歩みを進めます。

そして、マルカイチ水産の前に到着すると……

営業していない Σ(・□・;)

ショックです。もう、イクラ丼祭りで僕の腹は決まっていたのに……

仕方なく、その場を後にしました。

飲食店街「はまなす通り」

どこか食事ができるところはないか?

そう思って、空港でもらって来た紋別のガイドマップを開くと、飲食店街の案内が載っておりました。

はまなす通り

どうやら、このはまなす通りが、紋別市内の繁華街のようです。

はまなす通りのロケーションはこちら

ホテルからも近かったので、行ってみることにしました。

マルカイチ水産から歩くこと約10分。はまなす通りに到着です。

ガイドマップにも掲載されていたので、来る前から認識していたのですが、実際に来てみて驚いたこと。それは……

スナック多 Σ(・□・!!)

びっくりするほどスナック、スナック、スナックでした(笑)もちろん、居酒屋やBarもあったのですが、スナックの多さに目を奪われました。

そして、飲食店もちらほらあったのですが…

準備中の文字が Σ(・□・;)

結局、ここでも食べ物にありつけず、別の場所を探すことに…

ようやくありつけた食事

再びガイドマップを開くと、紋別港の近くに海鮮系の食事処があるのを発見しました。

距離も徒歩5分ほどだったので、行ってみることしました。

訪れたのはこちらのお店です。

入口の看板を見ると、夜営業の時間が始まっていましたが、店員さんの気配を感じません。入口にある「うに丼」の文字を見た僕の腹は、いくら丼祭りからうに丼祭りにシフトチェンジ。ぜひともここでうに丼祭りを。

というわけで、恐る恐る入って行ってみました。

すると、厨房から料理人の方が出て来まして、困った表情を浮かべてます。

「ごめんなさい。今夜は宴会が入ってしまっていて…6時半以降なら大丈夫なんですが……」

orz

1時間半も外で待っていられません。東京なら近くのコーヒーショップやら本屋やらで時間を潰すこともできますが、見る限りそのような場所はありません。

ここでも僕はフラれてしまいました。

結局、僕が入ったのは…

白木屋 (。-_-。)

まさか紋別まで来てチェーン店で飲むことになろうとは……

しかも店員さんに、今日は予約で混雑していて、料理の提供までに時間がかかる恐れがあると言われました。

えー!? ( ̄O ̄;)

まあ、サクッと飲んでさっさと帰るつもりだったので構いませんでしたが。

というわけで、白木屋で食事をとりました。 初めて頼んでみたのですが、メガビール(1L)です。980円(税別)なり。

結局、海鮮系は、しまほっけ、たこわさのみ。

この後、セブンイレブンに寄って、ビールを買い、ホテルへ戻りました。

最後に

せっかく北海道に行ったのに、北海道らしいものを何一つ食べることができず、残念で仕方ありません。

2017年3月23日時点で、オホーツク紋別空港へは修行で行く予定はあるものの、全てタッチで帰って来る予定ですので、リベンジは難しいです。

ですので、解脱フライトで、宿泊と伴うスケジュールを立てるか?財布と相談ですね…

それではー!

こちらの記事もどうぞ!!

スポンサーリンク