今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

北海道紋別市宿泊記:紋別プリンスホテルに宿泊してみた!

SFC修行も兼ねた北海道紋別市への旅ですが、いつもは安宿を選択する僕も今回は普通のホテルを選択しました。というのも、紋別市にはゲストハウスやホステルがなかったためです。

現地に行って知りましたが、民宿はありました。

というわけで、今回は、紋別プリンスホテルというところに宿泊してみましたので、ご紹介しようと思います。

紋別プリンスホテル

紋別市内にはいくつかホテルがありますが、なぜか紋別プリンスホテルに惹かれました。

写真で見ていて、「大浴場がいいな〜」と思い、ここに決めました。

実際、大浴場はきれいでしたし、天然温泉で、体がとても温まりました。残念なのは、大浴場は24時間開放されているわけではなく、深夜は入ることができないことでしょうか。とはいえ、朝5時から開放されるので、朝起きて一風呂浴びることも可能です。

ロケーション

紋別プリンスホテルは市街地の南側に位置しております。

オホーツク紋別空港から発車している市街地への無料連絡バスが止まるので、訪れやすいホテルだと思います。

また、歩いて5分ほどのところに、飲食店が集まる「はまなす通り」もあるので、夜、飲みに出かけることも可能です。

客室の様子

今回は、ダブルの部屋でした。鍵はカードキー型ではなく、物理的な鍵です。電気は、スタンダードなタイプで、鍵を差し込むと電気がつくタイプでした。 窓からはオホーツク海を眺めることができましたが、民家もあったので、撮影は控えました。 やはり、設備の古さは否めませんね。エアコンは、これまでに見たことがないタイプのエアコンでした。

また、トイレはウォシュレットだったのですが、こちらもちょっと古いタイプのウォシュレットでした。まあ、使用には何も支障はありませんでしたが…

朝食

朝食はビュッフェ形式です。豊富におかずが用意されておりまして、朝からモリモリ食べることができます。 この日は、機内での軽食まで食べることはできないだろうと思い、結構な量を食べました。

塩さば最高!!

ところで、オレンジジュースですが、やっぱり日本のオレンジジュースはちょっと物足りないんですよね。タイで飲んだオレンジジュースが恋しいです。

タイのオレンジジュースについてはこちら

自動販売機

奇数階に自販機が設置されていました。アルコールを売っている自販機もあります。ですが、値段はちょっと高いです。350mlのビールで350円だったかと…

近くにセブンイレブンがあるので、飲みたい人は酔っ払う前にセブンイレブンで購入して来た方が良いかもしれません。

また、1階には製氷機がありまして、氷をゲットできますので、ウィスキーや焼酎を飲むのもよいでしょう。

大浴場

大浴場は地下にあります。天然温泉で、露天風呂もありますし、サウナもあります。僕は、露天風呂の方をメインに入っていたのですが、見上げると星空が広がっていてとても気持ち良かったです。

また、温泉の成分はちょっと特殊で、乳液のような感じの温泉でした。お肌ツルツルになるので、女性にオススメです!!

冒頭にも書きましたが、温泉に入った後、全然体温が下がらなかったのです。

あまりにも暑くて、僕は部屋で暖房を切って寝てしまいました。それでも汗をかいてしまいました( ̄O ̄;)

ちなみに、大浴場の入り口には、コインラインドリーがありました。これは長期滞在にもありがたいですね。紋別市内にはスキー場もあるので、冬の間、紋別でスキーやスノーボードを楽しむのいいですね!

最後に

ここの温泉が気に入ってしまい、3回も入ってしまいました。正直、もっと入っても良かったかなと思ってます(笑)

ですが…

そうなんです。温泉に入ると、ついつい長く浸かってしまうため、かえって疲労してしまうんですよね。とはいえ、久しぶりの温泉でとても満足しております。

ちなみに、最後に温泉に入ったのは、2016年7月に新潟に撮影に行った際に立ち寄った温泉以来でした。

新潟へ行った時の記事はこちら

子供の頃はあまり好きではなかったのですが、温泉っていいもんですね。

それではー!!

紋別プリンスホテルの予約はこちらから

こちらの記事もどうぞ!!

スポンサーリンク