今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

かばんの中身を晒してみる!北海道編(2017)

タイに行った際のかばんの中身をご紹介したことがありますが、国内でのかばんの中身を晒したことはありませんでした。

タイへ行った際のかばんの中身はこちら

こうして振り返ってみると、いずれも暖かい地域に行った際の記事なんですよね。

というわけで、今回は冬の雪国を訪れた際の荷物を紹介しようと思います。

かばんの中身(総論)

では、早速。こちらが、今回の僕の荷物です。

ええ。これで全部です。

ですので、かばんの中は全然余裕でした。

正直、1泊2日にしては持って行き過ぎたかなとも思っています。

かばんの中身(各論)

それでは、個別に紹介いたします。

  1. Lowepro フォトハッチバック250 AW2
  2. 無印良品の折りたためる仕分けケース+着替え(衣類)
  3. Nikon D750
  4. ブロア+レンズペン
  5. モバイルバッテリー+Lighting ケーブル
  6. アイマスク

上記に加え、この時来ていた洋服、防寒着(ウルトラライトダウンジャケット+ニット帽+手袋)、そしてこの写真を撮影したiPhone6sが持ち物の全てです。

かばん

かばんは、当ブログでもよく出て来ます、カメラバッグ、Lowepro フォトハッチバック250 AW2です。

購入してから、まだ1年ほどしか経っていないのですが、海外に行く際には必ず持って行っているので、もう何年も使っているかのような感じがしますね…

着替え(衣類)

着替えは、必要最低限だけ持って行きました。具体的には、シャツ、下着(ヒートテックとパンツ)、靴下です。

もっとも、東南アジアと違って汗があまりでませんし、滞在時間も24時間ほどだったので、持っていかなくても良かったかなと思いました。

また、衣類はかさばるし、散らかりやすいので、無印良品の折りたためる仕分けケース(S)に入れてまとめております。一年前は、Mサイズの物を利用していたのですが、ここ最近はSサイズの物で足りています。

カメラとメンテナンス用品

Nikon D750も、ずいぶんの長い間使っているような感じがしますが、購入してまだ1年ちょっと。

それから、メンテナンス用品として、ブロアとレンズペンは必ず持っていています。

ガジェット関連

ガジェットと書きましたが、この旅で持って行ったのは、IPhone6sだけです。家を出るまでiPad Air2を持って行くかどうか悩んだのですが、持って行っても使わないだろうということで今回は持って来ませんでした。

実際、iPhoneだけで用が足りてしまったので、不便さは全く感じませんでした。

一方、モバイルバッテリーこそ要らないのでは?と思われるかもしれませんが、僕のIPhone6sは、バッテリー交換プログラムの対象ロットだったため、突然シャットダウンしてしまう現象が発生し始めておりました。これが起きると、充電しないと再起動できず…というわけで、必要だったわけであります。

アイマスク

これは常駐させているので、意図的に持っていたわけではないのですが…全く出番がなかったので、正直不要でした。

最後に

行き慣れている南の方とは違って、雪国はもっと荷物がかさばるかなと思っていたのですが、意外にもコンパクトにまとめることができました。普通のホテルに宿泊したことも大きいかもしれません。タオルを持って行く必要もなかったわけですから。

やはり、荷物は少ない方が楽でいいですね。フットワークも軽くなりますし。今後も、荷物を減らす&パッキングの技術の向上に勤しみます。

それではー!

こちらの記事もどうぞ!!

スポンサーリンク