読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

色とりどりのテントが織りなすバンコクの絶景を撮りに行ってみた!

2016年秋。

特典航空券を取って、東京からバンコクへと飛んできました。

こちらの記事でも書きました通り、息抜きのために訪れたのですが、もう一つ目的がありました。

今回ご紹介する絶景をカメラにおさめること、これがもう一つの目的でした。

ロットファイ・ラチャダー

色とりどりのテントが織りなすバンコクの絶景とは、ロットファイ・ラチャダーというナイトマーケットを指しています。

このロットファイ・ラチャダーですが、Google Mapでは、Ratchada Train Marketで検索した方が見つかりやすいかもしれません。ちなみに、地図上ではこちらになります。

地図を頼りに、とりあえず突撃してみました(笑)

ロットファイ・ラチャダーへの行き方

まずはMRTに乗って、Thai culture center駅で降ります。 最寄りの出口は、3番になります。 MRTを出るとすぐのところに、大型商業施設があります。 バンコクに来ると驚きますが、大型商業施設が多いです。 後日知ったのですが、こちらの大型商業施設から撮影ポイントに行けるそうなのですが、僕はそんなことはつゆ知らず…

男前なので、道なりに進んで行って、立体駐車場の階段を上って撮影スポットに行きました。撮影ポイントに到着した頃には汗だくでした…

なお、ちゃんちかさんが、商業施設からの行き方を説明されていらっしゃいますので、スマートに撮影ポイントに行きたい方は参考にされると良いかと思います。

さて、話を戻します。

先ほど、道なりに…と書きましたが、MRTの出口を出てすぐのところに、建物の裏へと繋がっている道路がありますので、その道なりに進むと、商業施設の裏に出ます。

そして、市場の入り口にもなっています。 いよいよロットファイ・ラチャダーです。

そして絶景とご対面

先ほども書きました通り、僕は立体駐車場の階段を上って撮影ポイントに行きました。

皆さん、どこで撮影しているのか、正直わからなかったので、それっぽい写真が撮れる場所にある立体駐車場に入って行ったわけです。

タイ人からしてみれば不思議だったでしょうね。おそらく、

なんだあのイープンは?

と思われていたこと間違いないでしょう。でも、そんなことを気にしていたら、撮影なんて出来ません。

マイペンラーイ

と自分に言い聞かせて階段を上って行きました。

そして、駐車場から見下ろして見ると……

やりました!!

ついにご対面です!!

できれば、黄昏時に撮りたかったのですが、この日は夕方に凄まじいスコールが発生しまして。スコールが止むまで、宿に待機していたのです。

上から市場を眺めていると、バンコクの人々の熱気を感じました。

そして、上から眺めているだけでは物足りないと感じ、市場へと降りて行ってみました。

音楽が身近なバンコク

市場に降りて行ってみると、外周を飲食店が固め、内側に雑貨屋などが並んでいました。

こうして見ていると、どこかに入って飲みたくなってきてしまいます。

歩いていて特徴的だったのが、どこのお店からも大音量の音楽が流れてきていたり、あるいは生演奏・生歌が披露されていたりと、気分を盛り上げてくれます。

市場の奥の方の飲食店は、場所が悪いのか、席に余裕がある印象でした。

一方、市場の入り口の方へと戻ってくると…

差がありすぎです(笑)

夕飯は?

さて、ひととおりまわって見て、どこかに決めようと思ったのですが、なかなか決まりません。

悩んだ挙句に選んだのは…

安定のSoi38の屋台です(爆)

いやぁ、やっぱりね、屋台飯を食べて、ビールを飲むのが一番なんですよ( ´ ▽ ` )

最後に

というわけで、バンコクで撮りたかったものを撮ってまりました。

目的達成?

かと思われたのですが、帰国してショックなことに気がつきます。実は…

記録モードがRAWじゃなかった orz

ショックです。何でJPGなのよ… (/ _ ; )

ところで、立体駐車場内は結構交通量が多いので、行かれる方は気をつけて下さい。撮影に夢中になって車にぶつかったり…なんてことも起こりませんので、十分に注意を払ってください。

それではー!!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク