今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

千葉県鴨川市:東京から一番近い棚田、大山千枚田を撮りに行ってみた!

色々と計画をしていたのですが、急な仕事によって計画がパァになってしまいました。

が、結局強行日程で撮影しに行くことにしたわけです(苦笑)

そうして撮影に向かったのが、茨城県大洗市にある磯前神社の前にある神磯の鳥居でした。

また、その足でそのまま南下し、千葉県君津市にある亀岩の洞窟(農溝の滝)も撮りに行きました。

さらにここから、車で30分ほどの距離にある場所、大山千枚田にも行ってみました。

大山千枚田

大山千枚田は、東京から一番近い棚田として知られています。

近いって言っても、結構距離がありますけどね…σ^_^;

また、日本で唯一、雨水だけで耕作が行われている天水田だそうです。なるほど、それで水田に水を引くためのホースが見当たらなかったんですね。

大山千枚田へのアクセス

地図で示すとここになります。

数に限りにはありますが、無料の駐車場もありますので、車で行くのが楽かと思います。

なお、僕が訪れた時はクラブツーリズムの団体さんがいらっしゃいまして、棚田で水彩画を描いていらっしゃいました。

大山千枚田の様子

なお、棚田内は私有地になっておりますので、立ち入りることはできません。

ポケモンGOをやってる方で立ち入ってしまう人がいるようで、こんな立て看板が置いてありました。

大山千枚田に限ったことではありませんが、棚田を訪れる際には気をつけたいものです。

棚田カフェ

棚田カフェというものが近くにありまして、ちょっと立ち寄ってみることにしました。

ここでは、大山千枚田で取れたお米を使った料理が食べられるそうです。

折角なので、「千枚田肉みそ米めん」というものを注文してみました。しめて800円なり。

「米めん」とあることから、米を原料とした麺が使用されているそうです。

その「千枚田肉みそ米めん」はこちら。

米を原料とする麺というと、東南アジアで食べられている麺料理を想像してしまいます。ですので、柔らかい麺を想像していたのですが、こちらの「千枚田肉みそ米めん」は結構コシがありまして、噛み応えがありました。

肉みそも、程よい感じです。米の麺は、どうしても味が淡白になりやすいですが、肉みそがあることによってみその風味と塩辛さが交わり、麺の味に色が出ます。

僕は好きな味でした。

が、この時食事をされていた方々で麺類を注文していたのは僕だけでしたけど(汗)

人気ないのかな?

飛行機に遭遇

棚田を撮影している最中に、ジェットエンジンの音が聞こえて来ました。

もしや?

と思い、空を見上げて探してみると…

旅客機の姿を発見!肉眼ではどの航空会社かわかりませんでしたが、写真を拡大してみたところ… スカイマークのB737でした。

この後も何度かジェットエンジンの音が聞こえました。

よくよく考えてみると、羽田空港のAもしくはDに着陸する際、房総半島の上を通るんですよね。

きっと羽田に向かう飛行機だったのでしょう。

飛行機を見てしまうと、

やっぱり海外行きたかったなぁ…( ;∀;)

という気持ちが出て来てしまいました。

最後に

今回もリストの一つを消化することができました。

思い通りに撮れたか?と問われると、正直微妙なところではありますが、腕がまだまだということですので、精進します。

棚田は東側を向いているので、早朝に訪れると、「日の出と棚田」という絵が撮れるかもしれません。

ポツポツと苗が植えられておりましたが、今の時期はまだ苗が成長する前ですので、水田を撮影するには良い時期かと。

次はどの棚田を撮りに行きましょうかね〜?( ̄▽ ̄)

それではー!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク