読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

空席待ちの人数を教えてくれる?プレミアムメンバー専用デスクを利用してみた!

ANAのプレミアムメンバーになると、「専用デスク」というものが利用できるようになります。

一般会員よりもオペレーターに繋がりやすいという恩恵を受けられます。

ANAではこう行ったサポートデスクを利用したことはないのですが、某カード会社なんかはエライ待たされますよね…(。-_-。)

今回、プレミアムメンバー専用デスクを利用してみましたので、記事にしてみました。

空席待ちの人数を教えてくれる?

ANAのサポートデスクに電話をかけると、空席待ちの人数を教えてくれるそうです。

参考にしたのはこちらの記事です。

なるほど。

僕も現在空席待ちを入れている特典航空券がありますので、現在の状況について訊いてみようと思いました。

こちらの画面の「プレミアムメンバー専用デスク」というボタンをクリックすると、プラチナメンバー専用のデスクの電話番号が書かれたページが出てきます。こちらの画面、パソコン用のページからしか出てきませんので、あらかじめ番号を控えておくと良いかと思います。

僕はプラチナステータスになった瞬間、速攻で電話帳登録しておきました。

それと、あらかじめ電話番号をAMC内で登録しておくと便利です。その登録した番号から電話をかけると、わざわざ10桁の会員番号を入力しなくても済みますので、時間の短縮に繋がります。

実際にかけてみたところ、1コールで電話が繋がりまして、自分が訊きたかったことを教えて頂きました。

ご担当者様、ありがとうございました。

結論を先に言っておきますと、

フライトスケジュールを変更することにしました!

変更前の空席待ち

こちらは変更前のフライトスケジュールです。

往路復路ともに現在の待ち人数を教えて頂けました。

ただし、自分の前に何人いるかまでは教えてもらえないようなので、あくまで、何人空席待ちをしているか?という目安にしかなりません。

とはいえ、フライトスケジュールの変更を決断するのには僕にとっては十分な情報でした。復路はまだ確率が高くて確保できる可能性が残っていますが、往路は非常にシビアな数字でした。

他のスケジュールでの現在の状況も教えてもらえましたので、往路のスケジュールだけ変更することにしました。

そのまま電話で変更しようと思って、オペレーターの方に尋ねると次のようなアドバイスを頂きました。

オペレーターの方で変更してしまうと、今後、僕の方では変更ができなくなるそうなので、自分でANA SKY WEBから変更した方が良い

とのことでした。

わざわざありがとうございます( ´ ▽ ` )

変更後の空席待ち

というわけで、早速ANA SKY WEBから自分で変更しました。

変更後のスケジュールはこちら。

いずれも回ってくる可能性がそこそこ残されている待ち人数でしたので、このまま待ちたいと思います。

またバンコクかよ

ってツッコミは受け付けてません。当然、バンコクにだけ滞在するわけではなく、カンボジアに行った時のように、バンコクから移動しますよ。

今考えているのは、ゴールデントライアングルに行こうかなって思ってます。

ステータスの変更について

以前、こんな疑問をツイートしました。

これも疑問だったので、オペレーターの方に質問して見ました。 「この空席待ちを入れたのって、ブロンズステータスの時に入れたのですが、現在はプラチナステータスでの空席待ち状況になっているのでしょうか?」

オペレーターさんからの回答は、「YES」でした。

これでブロンズステータスの時よりは確率が高くなったと思われます。最も、他のメンバーがダイヤモンドの方々ばっかりだったら回ってきませんけどね(苦笑)

空席が取れなかったからどうするの?

空席が取れなかったらどうするの?って疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

うーん、どうしましょうかね?フライトの2週間前までに取れなければ、どこにも行けない状態ですよね。まさか空席が取れないことが確定して、それから航空券を買うとなると恐ろしい金額になりそうです。

その場合は、(人気のない)他の国に特典航空券で行こうかなって思ってます。

最後に

Twitterにも書きました通り、正直まだ迷っています。

他の国も検討中です。

また、新たな動きがありましたら、当ブログもしくはTwitterでお知らせいたします。

それではー!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク