今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

FUJIFILM X100Tをレンタルして、ラオスフェアに行ってみた!

2017年2月に、FUJIFILMからX100Fが発売されまして、店頭で実際に触ってみたら欲しくて欲しくて仕方がありませんでした。

ですが、あっしはしがないSFC修行僧の身だった故、カメラにお金を費やすことは許されず…

気がつけばもう5月も最後の土曜日になってしまっておりました。しかも、プラチナにもなっており、SFCの入会申込書も投函済みでございます。

SFCの入会申込書に関する記事はこちら

なお、本稿の写真は、特に断りがない限りは借りたカメラで撮影した写真です。また、JPG撮って出しになります。

FUJIFILMのレンタルサービス

僕の場合、物欲が湧いても、ある程度の期間が過ぎると収まってしまうことが多いのです。

実は以前、同じくFUJIFILMのX-T1/T2が欲しい時期がありまして…

現在は、そうでもないんですよね。時々見かけると、「いいなぁ〜」ぐらいにしか感じなくなってしまいまして。

なんだかんだ言っても、いつも使っているNikon機に愛着があるわけです。

しかしながら、冒頭にご紹介したX100Fに関しては一向に治らないんですよね…

「あ、こいつは近い将来、僕の手元にやってくるカメラだな。」

と量販店で触っていて思った記憶があります。

さて、FUJIFILMさん、実は太っ腹なサービスをやっておりまして。

なんと、カメラを借りることができちゃうのです。

当日返却であれば無料です。

レンズ交換式カメラは一泊二日まで、コンパクトデジタルカメラは、最大七泊八日までいけちゃうのです。

七泊八日ですよ!!

さすがに1週間も借りる気はありませんが、週末借りて、どんな感じか体験するにはいいかな〜と思いまして。

というわけで、今回、FUJIFILMさんに行って、借りてまいりました。

東京サービスステーションは、六本木の東京ミッドタウンにあります。

ええ、ギロッポンですよ、ギロッポン!!(°▽°)

お借りしたカメラはこちら。

(iPhone 6sで撮影)

はい。X100Fではなく、X100Tをお借りしてきました。

レンタルできる機種にX100Fはラインナップされておらず、1世代前のX100Tです。

ですが、何となく感じはわかるだろうと思ったので、今回はこれで構いません。

ロケーション

ちなみに、富士フイルム東京サービスステーションはこちらです。

都営大江戸線六本木駅8番出口から徒歩2分です。

ラオスフェス

さて、X100Tをぶら下げて、代々木公園にやってまりました。 サバーイって、タイ語じゃ…

メニューを見てもタイ料理です。

何でもアリな感じですね(笑)

その他の露店を見ても、タイ料理が目立ちました。

扱ってるビールはビアラオがメインだったのですが、中にはシンハーが売られていたり。 衣類なんかも売られてました。

ところで、朝から何も食べていなかったので、食事をとることにしました。

できれば、ラオスの料理が食べたかったのですが、正直ラオス料理はよく知らなかったので… 結局、ガパオライスです。なお、ビールだけはビアラオにしました。

ビアラオを飲むのは、カンボジアのアンコールワットで飲んで以来なので、約半年ぶりぐらいです。

最後に

こちらのツイートでも書いた通り、やっぱり現地の屋台で食べるのが最高だなと思ったわけです。

今のところ、8月のマレーシア行きしか予定はありませんが、できればもっと行きたいですなぁ…( ̄▽ ̄)

それではー!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク