今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

旅の荷物を減らす努力をしたら、意外な副産物が生まれた話

以前、カメラバッグ選びに関してこのような記事を書きました。

バックパッカーとして旅をするにあたって、
適当なカメラバッグがないことを嘆くより、荷物減らす方が早い。

 

本当にそうなんですよね。
結果、僕はLoweproのフォトハッチバック 250 AWⅡを購入しました。

このバッグのレビューは、後日改めて書きますが、このバッグを購入するに至った前提条件として、
  • パッキングの技術の向上
  • 荷物を減らす努力をすること
がありました。
高雄・台中旅は、これまでの旅に比べれば、非常に身軽な装備での旅をすることができたと自己評価しております。
(ちなみに、一番軽かったのは、一眼レフを持って行かなかった、初めて一人で海外に出た昨年の台湾旅です。)

そして、この「荷物を減らす努力をする」という意識が、自分の中で意外な副産物を生んだのです。

日常生活においても物を減らし始めた

2010年頃、僕は日常生活において、非常にストレスを感じていました。
それは、日常生活が複雑過ぎることに対して覚えたストレスです。
 
進化し続ける電子機器や、仕事上増え続ける電子データ…
これらは、現代社会においてはなくてはならないものなのかもしれませんが、僕は嫌気がさしていました。
そんな時に出会ったのが、「禅」でした。
 
それからは、できるだけ物は増やさないようにしてきたつもりですが、それでもいつの間にか、少しずつ部屋の中でその存在感を増してきました。

 

そんな時に、「旅の荷物を減らす」、というテーマと向きあったことで、改めて「禅」の精神を思い出し、今までその侵食を許してきた不要な物たちと、別れを告げることになったのです。

 

不要な物たちに別れを告げ、僕の部屋からは一つ、また一つと、不要な物がなくなってきました。

 

残念ながら、まだまだ僕の部屋には不要だと思われる物が残っています。一気にやってしまうと、疲れてしまうので、少しずつやっていっています。ただ、捨てることが目的化しないように気をつけなければなりません。また、捨て続けることによる強迫性障害にならないように気をつけなければなりません。

お金をかけるべきところにかける

正確には、

お金をかけたいところにかける

でしょうか。
捨てることで、本当にお金をかけたいところを自問自答、すなわち、優先順位付けをしています。


「捨てる」という行為自体に、心苦しさを覚えてしまうことがあります。
日本人は、古来から「八百万の神」という思想がありますし、物を大事にする傾向がありますからね。 
ですが、上記の通り、本当に大事にしたい物だけを取捨選択する、優先順位をつけるという意味でもやむを得ない行為なのかな、と…


まだまだ完成には時間がかかると思いますが、
今後も少しずつ優先順位をつけていこうと画策してます。 

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

スポンサーリンク