今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

初めての海外一人旅…いざ台湾へ

幸先の悪いスタート

初めて海外で一人旅するために成田空港へ向かいました。

元々旅行が趣味…というわけではなかったのですが、何を思い立ったのか、深夜に海外旅行の申込をするという、衝動的な行動に駆られたのがこの旅のスタートです。

当日の朝、交通状況を調べると、京成線が人身事故で全線ストップという幸先の悪いスタートが待ってました。
結局、復旧の目途が立たないことから、高速バスで成田空港に向かうことにしました。

まず、東京駅へ向かいます。
が、いきなりホームを間違えるというアクシデント!!

階段を駆け下り、急いで反対側のホームへ。
電車に飛び乗り、何とかバスの出発時刻には間に合いました。

成田空港に到着〜出国手続きまで

成田に到着し、早速チェックインをしようとカウンターへ行ったのですが、チェックインの時刻前だったので、チェックインできず(笑)

仕方なく、空港内のコンビニに行って、ビールとおつまみを調達してきました。
まさか午前中から飲むとは…

ちなみに、成田空港はちょっと前まで、空港に入る際に警察による身分証明書等のチェックが行われていたのですが、第3ターミナルが開業したあたりから緩和されたようです。

 

チェックインの案内がされたので、カウンターへ向かい、チェックインを済ませました。
そして今度は、Wi-Fiルーターのレンタル受付の窓口へ向かいました。
(これが、後にiPad Air2を買い換える決心につながるのでした…)

ちなみに、僕がレンタルしたのは、JALエービーシーのレンタルWi-Fi です。

カードラウンジに行ってみた!!

チェックインを済ませましたが、搭乗時刻までまだまだ時間があります。
そこで、クレジットカードのラウンジに行ってみることにしました。

ラウンジでは、ビジネスマンはもちろんのこと、バケーションでいらしている方も居り、 フライトまでの時間をゆったりと過ごしておりました。

そして搭乗ゲートへ

搭乗時刻が近づいて来たので、いよいよイミグレに向かいます。 以前海外へ行った際は、海外に行き慣れている人と一緒だったので、特段何も意識せず、その人に色々と教えてもらいましたが、それももう3年前…

海外への行き方なんぞ、すっかり忘れていました。

保安検査場を通って、イミグレに向かいます。

成田空港第1ターミナルの場合、保安検査場を通った後、エスカレーターに乗って階下に行き、イミグレで出国手続きを行います。

無事、チェックインを済ませ、搭乗口に向かいました。

久しぶりの飛行機…

実に3年ぶりということもあり、緊張感が高まってきました(笑)

台湾に向けていざ出発!

機内に入ると、チケットに書かれた座席番号に、既に人が座っているではありませんか!?

何事かと思っていたら、どうやら座席を交換して欲しいとのことらしいです。 家族連れで、隣同士になりたかったようです。

快く了承し、僕は一つ前の座席に座ることになりました。

ラゲッジに荷物を収納しようとしたら………

お土産でラゲッジが埋め尽くされておりました。

ば、爆買…恐るべし……

空港内で飲んでいた関係もあって、機内でも飲みたくて飲みたくて仕方がありません。 機内食が提供され始め、ドリンクの提供も始まったので、赤ワインを飲むことにしました。

CAさんから、何にするか?と中国語で訊かれたので、

「紅酒!」

と中国語で答えてみたのですが、声が小さかったのか、発音が悪かったのか、通じず…
結局、英語で言い直しました。
は、恥ずかしい…

さて、機内食も食べ終わりましたが、特にやることもなかったので、iPadで電子書籍を読んだりして時間を潰しましたが、時の流れというものは非情で、自分の意思とは不本意な流れ方(正確には、感じ方ですが)をするものです。

何とか時間を潰し、台湾桃園国際空港に到着しました。

検疫で止められる!?

検疫を通過しようとしたところ、突如、止められました。

え!?何!?

と思い、されるがまま体温を計測されました。

職員「少シ、体温高イ。気ヲ付ケロ。」

と忠告を受けただけで解放されました。

よくよく考えたら、当たり前なんですよね。朝から結構飲んでますからね(笑)

イミグレ通過で消耗する

検疫で解放されると、イミグレに向いました。イミグレの前には大行列が!!(汗) 耳を澄ますと、中国語が飛び交っております。

なるほど、中国からの観光客が並んでいたわけですね。 あまりの数に、なかなか進まず…

何とか入国手続きを済ませ、無事、初の台湾上陸を達成した頃には、着陸から1時間が経過しておりました。

まとめ

成田空港第1ターミナルは大きいので、チェックインカウンター、保安検査場、イミグレ、搭乗口まで距離があります。
搭乗する際には余裕を持って移動することをオススメします!



最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加してみることにしました。

どちらかのバナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク