今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

論語にはまっていたので、台北孔廟に行ってみた!

※本稿は、2015年8月29日の記事をリライトしたものです。

孔子を祀るお寺、台北孔廟に行ってみた!

当時、論語にはまっており、論語に関する本を読んでいました。 そんなこともあって、台北孔廟は是非とも訪れてみたいと思っておりました。
ちなみに、当時読んでいた本はこちらです。

Amazon.co.jpの商品ページに飛びます。

台北孔廟とは…

台湾全土にたくさんの孔子廟があるが、ここの建物の美しさは類を見ない。また、政府が直接管理している唯一の孔子廟である。受験戦争の激しい台湾にあって、学問の神様、孔子にすがる人も多く、特に受験シーズンになると参拝者であふれる。9月28日の孔子生誕記念日には夜明け前から厳粛の儀式が行われる。 『地球の歩き方台湾』より引用

台北孔廟へのアクセス

MRT淡水信義線の「圓山」でおります。
2番出口から出て、「庫倫街」を西へまっすぐ進んでいくと、右手に台北孔廟が見えます。
桃園空港から1819番バス(台北駅行き)に乗ると、道中、見ることができます。
僕は1番出口から出てしまいました。
1番出口から出てしまった場合ですが、「酒泉街」という通りがありますので、そこを西に進んでいくと庫倫街とぶつかります。
そのぶつかったポイントの目の前に台北孔廟があります。
わかりやすいのは2番出口から行く方法ですが、
酒泉街はなかなかディープな雰囲気を感じることができるので、
台湾ぽさを感じたい方は酒泉街から行ってみることをオススメします。

道中遭遇したワンコ。暑くてだれていました。

 

台北孔廟に入ってみた!

 
台北孔廟に到着したので、早速入ってみました。 入場料は無料です。

門をくぐって進んで行くと、再び立派な門に遭遇します。 この建物の造りが非常に良いです。
石畳も良い雰囲気を出しております。
ここで太極拳をやってたら、とても画になりますね。

先ほどの門をくぐって行くと、さらに次の門に遭遇します。
先ほどの門と比べると、門の前に花が植えられており、華やかな印象です。

奥までやってくると、本堂と思われる建物があります。
中を覗いて見ると、赤を基調とした装飾がなされています。

この部屋で眠れって言われたら寝付けないでしょうね…
上に目をやると、論語の一部が書かれています。
 
「有教無類」(教え有りて類無し)

人の差は、生まれ持ったものや育ちによって生じるものではなく、
いい師や習慣によって生じるものである、という教えです。

冒頭にも書きましたが、
当時、論語にはまっていたこともあり、しばしこの建物で感傷に浸っていました。
その後も、孔子に関する資料を見学しながら、ぐるーっと廻りました。

今回訪れたところ(まとめ)

台北孔廟

MRT淡水信義線「圓山」2番出口から徒歩。
バスの場合、246番バス「庫倫街」または「大龍峒保安宮」で下車。
開門時間:午前8時30分〜午後9時(日曜、祝日は午後5時まで)(月曜定休)
拝観料:無料

こちらの記事もどうぞ!

台北一のパワースポット、龍山寺へ行ってみた記事です。

台中市内にある孔廟に行ってみた記事です。


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

スポンサーリンク