今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

カオサン通りで値切り交渉を楽しんできた話

IMG_0433



市場を出た僕は、Maha Rat通りをPhra Chan Alleyまで北上しました。
Maha Rat通りは、道路沿いに露店がたくさん並んでいるので、とても面白いです。
Phra Chan Alleyを東に進み、Sanam Luangを目指します。
途中でタクシーを拾おうかと試みたのですが、
Google Mapで確認すると、

Khao San通りまで大した距離ではないところまで来たことが分かったので、

そのまま歩いて目指すことにしました。

途中、雨脚が強くなってきました。

一眼レフをぶら下げて歩いていたのですが、
さすがに危ないと思ったのでバッグの中に退避させ、
サブのコンデジに切り替えました。


それから15分くらい歩いたでしょうか。
Khao San通りに到着しました。

IMG_0439 (1)


昼間だったということもあって、やや寂しい感じです。

夕方から夜の時間帯であれば、もっと賑わいを見せていたのかもしれません。


ですが、あまり人が多いと、移動するのも大変なので、

ゆっくり見て廻れるとポジティブに考えました(笑)


Khao San Roadの象徴の一つであるドナルド


どなたかのブログに書かれていたことなのですが、

Khao San通りからはもはや東南アジアは失われた

といったことが書かれていたました。


残念なことに、僕は今のKhao San通りしか知りません。

ですが、初心者の僕にとっては十分東南アジアでした。



上のtweetにも書きましたが、Khao San通りでの時間は

ゆっくりと流れていました。


往来する商店の人々や旅人たちの流れを見ながら、

SINGHAを飲みながらそれを眺める自分…

日本じゃ当たり前の早さが、ここでは非現実です。

このまま、この居心地のよい環境に身を置いてしまえば、

もはや日本の日常には戻れなくなるでしょう。


正直、

このまま日本に戻りたくないなぁ…

と何度も思ってしまいました。



IMG_0455




SINGHAを飲み終えると、再びKhao San通りを散策です。

すっかり雨も上がっていました。


途中で、ディープな道(といっても商店が立ち並ぶ間の道です)

があったので突撃していってみました。


一本だけ奥なのに、Khao San通りとはガラっと雰囲気が変わりました。


IMG_0456



なんか、こっちの方が東南アジアっぽいかも…(笑)


IMG_0457


ディープな道



ここを進むと、Khao San通りに戻れます。


雑貨が並んだり、マッサージ屋が並んだりしていましたが、

Khao San通りとはちょっと違った雰囲気を醸し出していて

ゾクゾクっとしました。



その後、再びKhao San通りに入って、Khao San通りの入り口まで戻りました。

ひとまず、目的を果たせたので満足です。




ちょっと話は戻りますが、

Khao San通りでも「例のブツ」を購入しました。

Tha Tienでは、Tigerは置いていなかったのですが、

ここKhao San通りのお店ではTigerが扱われていたました。

お店の人に声をかけ、値段を尋ねると、
 

「1つ150bahtだ」


と言われました。
 

「はぁ!?たけーよ!!」


思わず言ってしまいました。
 

「じゃあ、いくらなら買うんだ?」


と電卓を渡されたので、50と叩いて見せました。

すると、
 

「OK!」


あとあと思ったのですが、30bahtでもいけたかもしれません。

Khao San通りを再訪したら、今度は30bahtで交渉してみようと思います。




さて、Khao San通りからMRTに乗るためにタクシーかトゥクトゥクを捕まえます。

すると、1台のトゥクトゥクがやってきました。

僕の顔を見て、
 

「乗っていくかい?」


と声をかけてきました。
 

「MRT Hua Lamphong駅まで行きたいんだけど。」

「大丈夫。任せておけ!」
「で、おいくら?」


トゥクトゥクデビューを果たすための初めての交渉です(笑)

何bahtを提示されたかは忘れてしまいましたが、結構高い金額を提示されました。

そこで僕は100bahtを提示。(相場は全く知りませんでした。)

すると、ドライバーは笑いながら
 

「140bahtでどうよ?」


と言ってきました。
 

「じゃあ、120baht!」


さらにドライバーは笑いながら、僕の腕に軽くポンポンと叩きながら

なぜか僕を励ましてきました。

(酔っ払っていたので、正確に覚えてません 笑)

そして、
 

「頼むよー。なあ、140bahtでいいだろ?」


僕も楽しくなってきてしまったので、

彼へのチップもこめて140bahtで承諾してしまいました。
 

「よし、さあ、乗った乗った!」


こうして僕は念願のトゥクトゥクデビューを果たしました。


ドライバーは気さくに話かけてきてくれたのですが、

排気音がすごくて、あんまり聞き取れません(笑)

ノリと勢いだけで会話してました。

途中、仲間のドライバーに遭遇したようで、仲間のドライバーに話しかけていました。

が、その仲間のドライバーは新聞を読みながら運転してました(笑)

まさに
 

Amazing Thailand!! 


10分ぐらいだったでしょうか。

Hua Lamphong駅に到着しました。
 

  「これで140bahtはやっぱり高かったな 」


でも、エンターテインメントとしての料金だと思って腹落ちです。


MRTに乗って一度ホテルに戻り、例のブツを部屋に置いていくことにしました。

また、歩き廻ったせいで汗だくになっていたため、シャワーを浴びて汗を流しました。

と、テンションが上がって思わず報告のtweetです(笑)

さて、本日もたくさん歩いたので、

フットマッサージを受けることに…

フットマッサージ→屋台飯→ビール

という華麗なコンボを決めるべく、Thong Loに向かいました。



IMG_0504



前回、バンコクに来た際に気に入ったところに行き、

屋台飯*を注文しました。

*いわずもがな、SINGHAも(笑)


壁掛け時計をみると、時計は3時46分から動いていません。

このまま時間の流れが止まってくれればいいのに…

いえいえ。

そんなことになったら僕までフリーズしてしまいます。


ほどなくして、注文したものがやってきました。


IMG_0503



いやー、めっちゃアロイです。

この国にいたら、2ヶ月で5kg太れる自信があります。




tweetした通り、この日は少々食べ過ぎたので、

少しでもカロリーを消費しようと思い、ホテルまで歩いて帰りました。

結局、フットマッサージを受けても再び歩いてしまう僕でした(笑)



つづく

スポンサーリンク