今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

深夜便でバンコク発成田着、すぐさま出社した話

最終日はChangから


最後の日…

今夜の深夜便で、日本に帰ります。

が、まずは夕方まで観光をします。


朝、ホテルで朝食をとりました。

簡素ではありましたが、ビュッフェ形式ですので、分量は十分に取れます。


食事をしていると、

欧米人たちがやってきました。

どこの国出身であるとか、どこを旅したことがあるといった話をしてました。


朝食を済ませると、

部屋に戻ってパッキングを済ませます。

そして、チェックアウトギリギリまでこの日の予定を立ててました。


正午近くになったので、

チェックアウトです。

荷物とカードキーをフロントに持って行きます。

チェックアウトの手続きを済ませ、

荷物を預かってもらいました。


荷物と引き換え用の半券をもらうと、

僕はホテルを飛び出して行きました。



まずは、BTSに乗って移動です。

目的は、帰国前に、屋台飯をもう一度食べることです。




が、残念ながら、お店は開いてませんでした。やはり夜だけでしたか…


諦めて他のお店を探したのですが、

お昼時でどこも混雑してました。


IMG_6807

コンビニでビールを調達し、

飲みながらブラブラしてお店を探しました。



結局、大通りに面したお店で食べることにしました。

頼んだのはこちらの料理。


IMG_6811

50bathぐらいだったかな?


食事を終えた僕は、その子どもの働きっぷりを観察してました。

外国人客だらけのお店で、不安を抱いていることでしょう。

あの時僕が感じた「影」は、そうした不安が現れていたのでしょうか…


ですが、彼女の笑顔は純粋に素敵な笑顔でした。

子どもの笑顔は、最高の被写体だと思います。




ところで、そのお店で、ある日本人観光客のグループに遭遇したのですが、

「すいません」とか、「お水ちょうだい」とか、日本語だけで話しかけてました。
 

 この人たちも逞しいな…

水もミネラルウォーターじゃなくて、
水道水頼もうとしてましたからね(笑)


彼らは僕よりも先にチェックし、去って行きました。

残った酒瓶の数を見ていたら、大分飲んでいたことがわかりました。



IMG_0523

スターバックスでコーヒーを飲みながら旅の振り返りをしてました。その後、近くのマッサージ屋でマッサージを受けた後、


一旦ホテルに戻りまして、荷物を受け取りました。

そして、MRTに乗って、Phetchaburiに向かうことにしました。


IMG_0534




MRTも混んでましたし、上記の通り、ARLも混んでました。

よくよく考えてもみれば、タイは平日です。

そりゃ通勤ラッシュで混みますよね…


まあ、日本に戻る前の軽いリハビリってところでしょうか。
ただし、空港が近づくにつれて、乗客も減っていきました。
空港の一つ前の駅では、ARLもガラガラになってました。

空港に到着すると、4階の出国ロビーに向かいます。
僕はタイ国際航空のエコノミークラスだったので、A列でした。


遠い…


IMG_0537



Check in カウンターに行き、eチケットを見せると、

Internet Check inのカウンターに行くように指示されました。

成田では普通のカウンターだったのですが…

まあ、並ばずにCheck inできたのでマイペンライです。


夕飯を食べていなかったので、空港の3階で売られているお弁当を食べました。


IMG_0537



スパイシーチキン弁当、100bahtです。
 

辛い…


わかっていたことですけどね(笑)


弁当を食べ終えると、ファミリーマートに行き、ビールを購入。

出国前にだらだらと飲んでいました。


ぼちぼち出発の時間も迫ってきたので、

出国手続きを済ませ、搭乗ゲートに向かいました。


ちなみに、10月だったというのに、

タイでは半袖、ハーフパンツでも汗ダラダラでした。

ですので、この時点での僕の格好は半袖にハーフパンツです。


ですが、このまま東京に行けば寒くて耐えられないでしょう。

というわけで、トイレに行って着替えることにしました。

着替え終わって、椅子に座っていたのですが、

一向に搭乗開始になる気配がありませんでした。

さすがに、成田のときのように2時間遅れは勘弁です。


時間を潰すべく、空港内のFree Wi-Fiスポットで

ネットサーフィンをしてました。

快適です。

上記のtweetのように、普段どれだけインターネットに依存しているかが

よくわかりました。


そうこうしているうちに、搭乗開始のアナウンスが流れてきました。


搭乗口に行くと、昼間、レストランで遭遇した日本人観光客グループに再び遭遇しました。


自分の席に行くと、すでに別の人が座っていました。

よくあるパターンです。

CAさんが、座っていた人のチケットを確認すると、
 

「あなたの席はここではなく、もっと前ですよ」


と指摘し、移動するように促してくれました。

どうやら、友人たちと一緒に乗りたかったみたいですね。


程なくして、機体が動き始めました。

成田のときは大違いです。


そして、いよいよ離陸の瞬間がやってきてしまいました。

いざ離れるとなると寂しいものです。

日本に着けば、現実世界が待っているわけです。


暗闇の中を、僕を乗せたBoeing777は、

現実世界に向けて飛び立っていったのでした…


このときふと思ったのですが、

確か予約時の情報は、747だったはずなのですが…機材変更についてもアナウンス無しなんですね。

なるほど、最後まで
 

Amazing Thailand!!


でした(笑)



離陸後しばらくすると、飲みものと軽食が配られ始めました。


IMG_0542


僕はオレンジジュースを選択しました。

このオレンジジュース、果肉が少し入っており、

かつ、とても濃厚で美味しかったです。


しばらくすると、飲みもの第二弾がやってきました。


IMG_0543


Final SINGHAです。

さすがに機内で飲み続けると、

日本に着いたときにアルコールの影響が残ってしまうと考えたので、

これを最後のアルコールにしました。

このことが一層帰国の寂しさを感じさせました。


しばらくすると、アルコールの力もかかってか、眠くなってきました。

僕はアイマスクを装着し、そのまま眠りにつくことにしました。


数時間後…


周りが騒がしくなってきたので、アイマスクを外してみました。

どうやら機内食のお時間です。


何を注文したかは忘れてしまいましたが、

お腹が膨れたことは確かです。

お腹が膨れたことで再び睡魔が襲ってきました。

僕はアイマスクを装着し、そのまま再び眠りに落ちていきました。

さて、現実世界に戻ってきました。

案の定、日本は肌寒かったです。

スワンナプーム空港で着替えておいて正解でした。


さて、ここからは時間との闘いです。

急いでイミグレを通り、東京駅行きのバス乗り場に向かいます。


6時50分発…

これに乗れば、8時には東京駅に到着できます。

急いでバス乗り場に向かうと、バスはまだ到着してませんでした。


混んでるかな?


少々不安でしたが、バスはガラガラでした。

乗り込むと、バスは東京駅に向けて発車しました。


快調に進んでいたのですが、習志野あたりに差し掛かった時に動きが悪くなります。

どうやら朝の交通渋滞のようです。


間に合うか?


少々不安でしたが、8時15分頃、東京駅に到着しました。

そこから急いで自宅に向かい荷物を置き、シャワーを浴びて着替えます。

通勤用の鞄に財布とiPhoneをぶちこみ、家を飛び出します。


なんとかいつもと同じ時間の電車に飛び乗ることができ、

会社に間に合いました。


午前中、定例の会議1本と、臨時の会議を1本こなし、お昼休みです。

昼食後、意識が何度も飛びかけました(笑)


この日はそそくさと定時で帰宅。

家に戻った後は爆睡でした。

20代だったらなんともなかったでしょうが、

さすがに30代にはきついスケジュールでしたね(笑)


こうして僕の旅は幕を下ろしたのでした。

おしまい


スポンサーリンク