読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

スコータイでの宿泊先を紹介します

宿泊先を目指して再始動


途中でエナジードリンクを飲んでエネルギー補給を完了した僕は、
再び宿泊先を目指して歩き始めました。

沿道に、宿泊先の看板が出ており、
その看板によると、300mほどのようです。


実際歩いてみたところ、300mよりももっとあったような……

宿泊施設はなんともかわいらしい建物だった

テクテク歩いて行くと、右手に宿泊先が見えてきました。

入り口らしきところが見えたので、門を通って、
受付兼レストランの建物に入っていきました。

受付に行くと、すぐに日本人だと認識されたようで、
名乗る前に名前を呼ばれました。

チェックインは14時からと書かれていたのですが、
部屋が空いていたためか、12時頃であったにも拘らずチェックインできました。

いやー、本当に助かりました。
この暑い中、さらに2時間待て!と言われたらどうしようかと思っちゃいましたからね(笑)


ちなみに、今回宿泊したのは、 NARACHA RESORTというところです。


朝食は宿泊料金の中に含まれています。
昼と夜はレストランとしても営業しており、昼食や夕食をとることもできます。
なお、昼食、夕食は別料金となっていて、都度精算する必要があります。

  なんともかわいらしい外観に癒されます。


建物の中は、このようになっています。


エアコンが付いているので、
暑すぎて眠れない!なんてこともありません。

まあ、エアコンがあるお陰で、昼間は外に出たくなくなってしまいますが(笑)

歴史公園の西側は遺跡だらけ!

さて、軽く宿泊先の周囲を散策してみることにしました。
すると、すぐ裏手に、早速遺跡を発見!



こちらは無料で開放されている遺跡です。


引き 

寄り 

とまあ、何とも言えない遺跡でございます(笑)
解説が書かれていた看板があったのですが、

あまりの暑さに読む気もせず…
(英語かタイ語だったので。)

とりあえず、一回部屋に戻って、少し休むことにしました(笑)

歴史公園の東西では全然違う

今回、僕は歴史公園の西側に宿泊しました。
地球の歩き方によれば、
2007年11月に、スコータイ歴史公園内を単独で見学中の日本人女性が殺害されるという痛ましい事件が発生した。犯人はまだつかまっておらず、その後の捜査状況も定かではない。スコータイ遺跡内は広大で城壁内を除き人は少なく、特に犯行現場となったワット・サパーン・ヒン付近など城壁西側は昼間でも人通りが途絶えがち。遺跡見学の際はゲストハウスで同行者を募るなどし、できるだけ数人連れだって行こう。
地球の歩き方 タイ15'−16’ P.306)
と、注意を喚起する記述があります。
こんな記述を見てしまうと、西側に行くのに躊躇してしまいそうですが、
実際、西側の方が遺跡が多いんです。

もし、遺跡を全部みたい!というのであれば、1日は西側に宿泊してもいいと思います。
ただし、西側はコンビニが全くないので、非常に不便です。
幸い、今回宿泊したNARACHA RESORTは夕食がとれるレストランがあり、
しかもお酒も飲むことができたので外にわざわざ買いに行かなくても助かりましたが。

逆に、利便性を求めるのであれば、東側に宿泊することをお勧めします。
東側には、セブンイレブンがありますし、市場もあります。
また、ソンテオ乗り場付近には、飲食店も建ち並んでいるので、飲み食いには困らないです。
加えて、マッサージ屋もありますので、観光で疲れたらマッサージで癒されることもできます。

スコータイへ行くことを検討されている方の参考になれば幸いです。

つづく


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加してみることにしました。

どちらかのバナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村 

スポンサーリンク