今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

スリル満点な市場の街、Mae Klong(メークローン)に行ってみた!

Mae-Klong

Mae Klong(メークローン)への行き方

Mae Klongへの行き方はロットゥで行く方法と、鉄道で行く方法があります。

ロットゥで行く場合

戦勝記念塔からロットゥが出ているようです。確かにロットゥは楽ですが、乗車人数が集まらないと出発しないため、長時間待たされる可能性もあるというデメリットがあります。

(2016年11月6日追記)
2016年10月25日からロットゥ乗り場が変更になりました。

メークローン行きのロットゥは、現在南バスターミナルに発着しています。
南バスターミナルの位置は、下の地図の通りです。

鉄道で行く場合

一方、鉄道は非常に安価で、乗車人数に関係なく出発してくれるので、鉄道の出発時刻に遅れなければ問題ありません。
鉄道で行くデメリットは、若干ハードルが高いぐらいでしょうか。まあ、実際に行ってみたら全然ハードルは低いんですけどね(笑)
今回、僕は鉄道で行くことにしました。
移動距離は長いのですが、え?って思うぐらいの料金で行けます。

まずはタイ国鉄Wongwin Yai駅へ

タイ国鉄のWongwin Yai駅は、同じ名前の駅がBTSにもありますので、地図でも見つけやすいかと思います。


もし、早朝に行く場合には、BTSは走っていないので、タクシーで行きましょう。
僕は前日に宿泊した宿から向かいました。

IMG_3243

駅に到着したら、窓口に行き、行きたい場所を告げます。
メークロンまで行くためには乗り換えが必要ですので、
乗り換え駅であるMahachai 駅までの切符を購入しましょう。
2016年5月時点で、10bahtでした。
 
IMG_3246

列車が到着間近になると、警笛が鳴らされるのでわかりやすいです。
実際に乗車してみてところ、早朝だというのに、意外と乗客が多いです。

IMG_3267
 

川を渡ってBan Laem駅を目指す

IMG_3276

Mahachai駅に到着しましたら、Mahachai駅から出まして、西に向かいます。

IMG_3278



IMG_3280

Mahachai駅前には市場が広がっています。
干物の匂いが凄いですよ(笑)

IMG_3281
 
西に行くと、渡し船の 乗り場がありますので、そこで船に乗ります。
2016年5月時点で、3bahtでした。
 

僕が行った際には、陽も出ていたため、朝陽が非常に眩しかったです。
IMG_3282

 程なくして、対岸に向けて出発です。

IMG_3286

対岸に渡りましたら、船着き場を通り抜けて下さい。

IMG_3289
この写真の通りをまっすぐに行きます。
(運河が右手になるように直進です)
5〜7分ほど歩くと、線路が見えてきます。
 
IMG_3292
途中、Ban Laem駅の看板もあります。
この看板から数十メートル歩くと、線路が見えてきます。

IMG_3294

線路に出て、運河の方に向かって行くと、Ban Laem駅があります。
 

Ban Laem駅舎に到着すると、乗客と思われる人がベンチに座っていますが、駅員はいません。
暫くすると駅員と思われる人がやってきて、窓口を開けますので、それまで大人しく待ってましょう。

IMG_3298

窓口が開いたら、今度はMae Klong駅までのチケットを購入します。
2016年5月時点で、10bahtでした。

Mae Klongは終点ですので、乗り過ごす心配はありません。

Mae Klong駅まで景色を楽しむ

IMG_3300

途中は本当に何もないので、ひたすら田舎の風景を見ることになりますが、
世界の車窓からっぽくていいと思います。
早朝ですと、車窓から入ってくる風が心地いいですよ!
IMG_3305
野良犬が戯れておりました。
IMG_3308
時間が許せば、途中下車して街を歩いてみたかったのですが、
残念ながら一度降りてしまうと、次にくる列車まで、かなり時間が空いてしまうので、
今回はまっすぐMae Klongを目指します。

Mae Klongの手前になると、市場の中を走る様子を車内から見ることができますので、
窓から外を見てみましょう。
DSC_1565
まさに市場の中を走っている最中です。
これほどまでギリギリを通るので、スリル満点ですよ(笑)

間も無く、Mae Klong駅に到着です。
DSC_1568

さて、乗ってきた列車はすぐには折り返し運転にはならず、少し駅に停車をします。
この間に、歩いて市場の方へと向かいましょう。そして、撮影ポイントを確保しましょう。

DSC_1570

列車が走ってきた方向に戻ります。
列車が通りすぎると、屋根が引き伸ばされ、人々の往来が再開されます。

DSC_1577
僕が乗ってきた列車にはさほど人は乗っていなかったのですが、
どっからやってきたんだ?っていうくらい人、人、人です。

某国の観光客のマナーの悪さに呆然

さて、ここからはちょっと感情的な話をします。
僕は、自分なりの撮影ポイントを見つけ、列車が来るのを待っていました。
DSC_1578
果物を売るおばあちゃん

そこは、市場内にある、とあるカフェです。
ここで、ココナッツジュースを飲みながら、イメージを膨らませていました。
たしか、40bahtだったかと…

DSC_1582
 
列車の折り返し運転の時刻になり、お店は素早くテーブルや椅子を店の奥へと移し、
更に軒先のテントをたたみ始めました。
僕も少し移動し、列車にぶつからない位置でカメラを構えることにしました。

その時です。
どこからともなく現れた、某国から来た観光客のグループが、僕の前に割り込んできました。
そして、自撮り棒を構え、自撮りを始めたのです。
 
その人らは列車が通り過ぎるまで、ずっとその場に居座り続けました。
更に、列車が通った際には、「ウォー!」とか言って大声をあげていたのです。


列車が過ぎると、奴らは直ぐに立ち去って行きました。
当然、カフェで飲み物などオーダーすることもなく、さっさと立ち去って行ったのです。


結局、奴らに邪魔された僕は、まともな写真を撮ることができませんでした…
散々な目に遭ってしまい、写真を撮りたいという思いよりも、
疲れたから早く帰りたいという思いの方が勝ってしまいました…


もはやどっと疲れてしまったので、市場を散策し、帰ることに…

DSC_1597
 市場内のお店にいた、ざるに入った猫

ココナッツパンケーキが超美味だった!

市場を散策していると、移動式の屋台で商売しているおばあちゃんを見つけました。
何を売っているのかな?
と思い、屋台へ行ってみると、鉄板の上で小さなパンケーキを売っていました。
そのパンケーキから漂う芳ばしい匂いに僕の胃袋が刺激され、食べてみることに。

DSC_1599
 
一箱20バーツ。早速食べてみたところ、

超美味!!

ココナッツミルクを使ったパンケーキだそうです。
甘いものが苦手な方には厳しいと思いますが、
甘いものが大丈夫な方には是非試して頂きたい一品です!

特に、甘い物が好きな女性にはオススメの一品かと。

DSC_1604

あぁ…
ここを通る列車の光景を撮影したかったなぁ。

帰りはロットゥで

さて、帰りの交通手段ですが、僕はロットゥを選択しました。
鉄道ですと、次に来る列車を待たなければなりませんし、1時間以上待ちます。
猛暑の中、1時間も待つのは厳しいです。
この旅、移動しまくってきた僕には疲労もかなり溜まっていました。
バンコク行きのロットゥ乗り場は、市場からちょっと離れた東側にあります。
と、言っても、歩いて数分の場所にあるので、心配無用です。

DSC_1649

ロットゥ乗り場に行くと、僕以外の乗客もすぐに集まり、すぐに出発となりました。
おそらく、一等バスがないので、皆さんロットゥを使用せざるを得ないのでしょうね…

Amazing Thailand再び


帰りの国道にて、ロットゥは120km/hぐらいで走っていたのですが、
それをぶち抜いていった一台のピックアップ・トラックがいました。
恐らく、140km/hぐらいは出ていたかと思われます。

そのピックアップ・トラックの荷台に目をやると、な、なんと…

人が乗ってる!?

しかも、3人も乗っているじゃありませんか。
その3人は、苦悶の表情をして、必死に耐えておりました。
Amazing Thailand!!です。
日本じゃ考えられない光景を見ることができるので、
海外、特に東南アジアの旅は止められません(笑)


バンコクに到着

1時間強で、バンコクに到着です。
国道を爆走してくれたお陰ですね。
降車ポイントは、戦勝記念塔になります。
IMG_3312 
一週間以上ぶりに、バンコクの昼間を経験しましたが、
暑いです。そして、熱いです。
交通量、行き交う人々の数、空気…
そして、日本人旅行者の数。
 
これらを見たり感じたりすると、
「あぁ、バンコクに帰って来たんだな」と実感する瞬間です。

今回訪れたところ(まとめ)

地球の歩き方』を読むと、
鉄道を利用する場合はウォンウィエン・ヤイ駅 5:30発マハーチャイ駅6:23の列車に乗り、駅近くの渡し船で対岸に渡りすぐの所にあるバーンレーム駅7:30発、メークローン駅8:30着の列車利用。
と書かれているので、早朝でなければ鉄道では行けないように読めてしまいますが、
実際はそんなことありません。僕のように無理して始発で行かなくとも、列車は出てますので、Mae Klongまでたどり着くことはできます。 

本文にも書きましたが、鉄道で行くと、トータルで23bahtで行くことができるので、
タイ国鉄でゆるい旅を楽しみたい方にはオススメな旅だと思います。 

Wongwin Yai駅

Mahachai駅

Mahachai渡し船乗り場

Ban Laem駅

Mae Klong(メークロン)市場


ロットゥ乗り場(メークロン市場)


こちらの記事もどうぞ!

お土産屋さんやレストランが建ち並ぶ中を列車が走る街、台湾・十分へ行ってみた際の記事です。



最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加してみることにしました。

どちらかのバナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


スナップ写真 ブログランキングへ


一人旅 ブログランキングへ

スポンサーリンク