今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

台湾最古の最高学府、台南孔廟に行ってみた!

台湾は非常にお寺が多く、街を歩いていると、頻繁にお寺を見つけます。
それはここ、台南でも同じです。


僕もこれまで何回かお寺を紹介してきましたが、
その中の一つに、孔子を祀っているお寺、孔(子)廟*があります。
台南にも孔子廟があり、メジャーなスポットの一つとなっています。

今回は、台南の孔子廟と、その近くにある愛国婦人会館を訪れてみましたので、ご紹介します。


*地域によっては孔廟と表記されていたり、孔子廟と表記されていたりとまちまちですが、今回はガイドブックにならって「孔子廟」と表記しています。

台南孔子廟と愛国婦人館

台南孔子廟とは

1665年に創建された、台湾最古の孔子廟。南門路沿いの門に掲げられた「全台首学」の文字からも、台湾における儒学の発祥の地であったことがうかがえる。緑に覆われた敷地内は市民の憩いの場になっている。全部で15ある建造物のひとつ以成書院に、大正12年に皇太子時代の昭和天皇が訪れた際の写真がある。

『地球の歩き方 台湾』より引用

愛国婦人会館とは

「日本愛国婦人会館」とは、日本の戦時中に作られた婦人団体の一つ。本部は台北に設置され、台南支部ができたのは1920年代である。戦後には各地の愛国婦人会が赤十字に移行し、一部分はアメリカの新聞発行所として貸し出され、一部分は図書館になっていた。(以下略)

台南市政府觀光旅遊局発行のガイドブックより引用

実際に行ってみた!

台南駅からバスに乗っていくのがスタンダードなのかもしれませんが、
下の記事でもお伝えした通り、最初にホステルにチェックインをしたため、
ホステルがスタート地点となりました。

宿泊したのは、Light Hostel(承億輕旅 台南館)です。
宿泊記はこちら。

そんなわけで、歩いて孔廟に行きました。
行き方はとても簡単で、友愛街を東へ歩いていけば到着できます。

友愛街〜台南孔子廟

先ほども書きました通り、徒歩で台南孔子廟へ行きました。
まずは友愛街を通って、孔子廟へと向かいます。

地図には載っていなかったのですが、市場を発見!

が、残念ながらやっておりませんでした…

日本食屋を発見!
日本食屋は珍しくありませんが、丼物を扱ったお店は珍しいです。

再び歩き始めまして、
友愛街と忠義路二段の交差点にさしかかりました。あともう一息。

台南孔子廟

台南武徳殿を越えたあたりに、孔子廟に入っていく小道があります。この小道を入っていくと、孔子廟の西門側に辿りつきます。

こちらが、台南武徳殿です。

忠義小学校の講堂は旧日本統治時代の台南武德殿であり、1936年に建設された。武德殿は日本の伝統武道を広める場所とされており、現存するものでは台南以外にも台中武德殿や、彰化武德殿、高雄振武館、旗山武德殿などがある。その中でも台南武德殿の規模は大きく、現存そる同種類の建築物では最も特殊で代表的なものである。
台南市政府觀光旅遊局発行のガイドブックより引用

残念ながら、中に入って観覧することができません。というのも、引用した説明書きにもあります通り、小学校の講堂になっているそうで、小学校の敷地内にありました。小学校の敷地には入れないようになっていました。セキュリティのことを考えればやむをえませんね。

さて、ここからは台南孔子廟です。
まずは孔子廟の西門。

門の全体を撮影したかったのですが、
参拝客が多くてなかなか厳しいと判断しました。

この門をくぐって行きますと、本殿前の広場に出ます。

孔子廟の正面です。中央右側の門から中へと入っていくことができます。門をくぐって中に入ってみましょう。

こちらが中の様子です。
台北や台中のものと比べるとやはり規模が小さいです。

さて、本殿を後にして、周辺の様子を見てみることにしましょう。

本殿の東側にある小さな建物です。
近づいて行ってみると…

本殿の東側にある小さな建物です。
近づいて行ってみると…

大学之道…

と書かれているので、四書の中の一つ、「大学」でしょうか?

さらに東側のにある塔にやってきました。
塔と呼べるほど大きいものではありませんが…
登ってみたかったのですが、入り口におじいさんがおりまして、絡まれそうだったのでそそくさと去ってしまいました。

孔子廟の前には、ちょっとしたトラックがありました。
小学校用の運動設備の一つなのかもしれませんが、一般の人も利用してました。
海外の行政はこうした設備投資をよく行っているような印象を受けます。公園にトレーニング用の器具が普通においてあったりしますからね。

愛国婦人会館

孔子廟を後にし、大通りを一本挟んだ向かい側にある愛国婦人会館へ行ってみました。

看板を見ると、「愛國婦人館」と書かれています。
どっちが正解なんでしょうか???

こちらがその館です。
カフェが併設されていて、営業時間は午後5時までだそうです。
この時、午後5時半ごろ…残念

ちょっと奥に入って行ってみました。
緑があって、とても落ち着きます。

今回訪れたところ(まとめ)

台南の孔子廟は、台北や台中のものとは異なり、コンパクトなので、観覧にはさほど時間を要しないです。 (もっとも、資料を一点一点をじっくり見れば別ですが…)

本文ではご紹介できませんでしたが、
孔子廟の周囲には飲食店も多く、食べ歩きにも良い場所です。

通は表通りではなく路地裏のお店いに行くそうです(笑)

台南孔廟

台南市南門路2号 TEL:06−221−4647 営業時間:午前8時30分から午後9時30分(内部は午後5時30分まで) (旧正月中は閉門) 拝観料:25NTD

愛国婦人会館

台南市中西区府前路1段195、197号

こちらの記事もどうぞ!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

スポンサーリンク