今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

ジャカルタ宿泊記:ANAの旅作でALILA JAKARTAに宿泊してみたのでレビューします

ANAの旅作を利用して、DIA修行も兼ねてジャカルタへ行って来ました。

DIA修行第1レグ目はこちら

DIA修行第2レグ目はこちら

本稿では、僕が宿泊したホテル、ALILA JAKARTAをレビューいたします。

ANAの旅作とは?

旅作とは、ANAセールス株式会社が販売しているダイナミックパッケージツアーのことで、航空券、宿泊先を自分で組み合わせて予約ができます。ですので、現地では自由に観光したいけど、航空券と宿泊の予約はセットでお願いしたいという方には良いパッケージです。

もちろん、ビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスを選択することもできますので、飛行機での移動は疲れるので、上のクラスでゆっくりしたいなんて方にも向いているかと思います。

ANA修行僧・尼向けの情報

それと、ここからは修行僧・尼向けの情報になります。

国内ツアーですと、包括運賃扱いになってしまいますので、マイルやプレミアムポイントの積算率が50%になってしまいます。

一方、海外ツアーの場合は、予約クラスに依拠します。例えば、旅作でプレミアムエコノミーで予約した場合、予約クラスはEとなりまして、マイルの積算率は100%です。

もっとも、宿泊先もセットで組み合わせなければなりませんので、最低滞在日数という縛りが発生します。つまり、修行業界で言われているいわゆるSINタッチはできません。

旅作の使いにくさ

さて、今回旅作を利用してみたわけですが、旅作の使いにくさを発見してしまいました。

それは、

選択できるホテルのリストは表示されるが、位置関係がわからない

ということです。

行き慣れた国や場所であればいいのですが、初めて行く場合、現地の事情とかわかりませんし、ましてや立地なんかわかるわけがありません。ですので、できるだけわかりやすい場所にある宿泊施設に泊まりたいということを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ジャカルタで選択できるホテルをマッピング!

上記の通り、僕はホテルの選択で非常に迷いました。位置関係がわからないからです。

そこで、ジャカルタで選択でいるホテルをマッピングしましたので、こちらに掲載しておきます。

上の地図に掲載しているホテルは、2017年7月30日現在で旅作で選択できるホテルです。

ALILA JAKARTA

さて、冒頭にも書きました通り、僕はALILA JAKARTAというホテルを選択しました。

理由は、

  • モナスというジャカルタのシンボルがある場所の近くであるからわかりやすい
  • ジャカルタの中心部に近い場所にあるホテルなので移動がしやすいだろう

と思ったからです。

ちなみに、ALILA JAKARTAの場所ですが、地図上で示すとこちらになります。

ホテルの外観です。1階はレストランとカフェが入っていて、フロントは2階になります。

フロントでのやり取りは英語でできました。チェックイン時、タバコを吸うか?と聞かれ、吸わないと答えると、ノンスモーカー専用のフロアの部屋を割り当ててくれました。

カードキーとWi-Fi用のパスワードも一緒に受け取りまして、併せてホテルの名刺もくれました。

なんで?と思っていたら、「タクシーに乗った際にこの名刺を見せればここまで運んでもらえるよ」という気遣いでした。ジャカルタのタクシーはあまり英語が通じないということですから、ありがたい気遣いでした。

が、結局タクシーに乗らなかったので、一度も出番はありませんでしたが(苦笑)

宿泊した部屋

エレベーターは、カードキーを挿さないと宿泊階にいけない仕様になっておりました。セキュリティー面もしっかりしてますね!

というか、ホテルでは割とスタンダードなんでしょうけど、当ブログをご覧の皆さんはご存知の通り、僕はすっかりゲストハウスやホステルに慣れきってしまった人間ですので、こういったちょっといいホテルに泊まると緊張してしまうんですよね(笑)

話を戻します。

ここからは今回宿泊した部屋の写真をご覧いただきます。

入り口から撮影しました。右手はバスルームがあります。左手にある扉は、どうやら隣の部屋と繋がっているようですが、施錠されておりました。

ベッドは非常に広くて快適でした( ^ω^ )

奥にはテーブルとチェアがあります。

左手には、デスクとチェアがありました。このデスクの部分にコンセントがあります。インドネシアのコンセントは、タイプCが採用されています。

従って、部屋中のコンセントはタイプCのものばかりです。

さて、ここで一つ問題が生じました。

そうです。変換プラグを持ってくるのを忘れるという凡ミスをしでかしました。飛行機内でiPhoneは充電できたので良かったのですが、そのほかの機器はこのままでは充電できません。早ければ明日にでもバッテリー切れを起こしてしまいます。

そこで、一つだけ、タイプCではないコンセントがあることに気がつきます。

イチかバチか……

ぶっ挿してみた結果、普通に使えました(笑)

変換プラグ、重要ですね。皆さんも忘れないように気をつけて下さい。

日章工業 変換プラグセット(Cタイプ2ヶ入り) L-03

日章工業 変換プラグセット(Cタイプ2ヶ入り) L-03

続いてバスルームです。ANAの旅作でホテルを色々とみていた際には、シャワーだけというホテルがいくつかありました。

僕は普段、シャワーだけで済ませることが多いので、バスタブの有無についてはあまり気にしないのですが、今回宿泊した部屋はバスタブ付きの部屋でした。

なぜか、洗面所のところにミネラルウォーターが2本置かれていました。で、冷蔵庫には何も入っていませんでした。

おそらくですが、

ジャカルタの水道水は危険だから歯磨き用に使ってね

っていうメッセージだったのかもしれません。

最初はミネラルウォーターで歯磨きをしていたのですが、シャワーを利用した際に水道水が口の中に入ったりしてきて気がつくんですよね。

シャワー浴びて平気なんだから、水道水で歯磨きしても、水を飲みこまきゃ大丈夫じゃない?

というわけで、最終的には歯磨きも水道水で行ってました。真似はしないほうが無難かと思います…

アメニティは、シャンプーや石鹸、シャワージェル、それから歯ブラシセットが用意されていました。

それと、水の節約の為に、タオルは繰り返し使って欲しいというホテル側からのメッセージがありました。使ったタオルは吊るしておけば繰り返し使うという意思表示として受け取るとかかれておりました。

プール&バー

窓から外を覗いてみると…

眼下にプールがありました。というわけで、続いてプールを紹介します。

ホテルなので、プールがあっても物珍しくはありませんよね。ALILA JAKARTAでは、プール、ジム、スパが同じフロアに設置されています。エレベーターを降りると、スパの受付がありまして、左手に進むとスパが、右手に進むとジムとプールがあります。(ジムとプールは別々の扉となっています)

プールに行ってみると、プールサイドにはバーが併設されています。

ここではお酒が飲めます。もちろんソフトドリンクも用意されています。

飲めるお酒はビールばかりですが、

  • BINTANG
  • Corona Extra
  • Heineken

の3種類が用意されています。

注意事項ですが、ここには値段が載っていません!(笑)気をつけましょう!!

っていうだけでは些か不親切ですね。サービス料と税金が別途取られますが以下にお酒単体の値段を載せておきます。

  • BINTANG:45,455ルピア(約450円)
  • Corona Extra:107,438ルピア(約1,075円)
  • Heineken:70,247ルピア(約700円)

Coronaたけぇ〜( ̄O ̄;)

この時、トータルで4本飲んだのですが、325,000ルピア、日本円にすると約3,250円になりました。

たっけぇ〜( ̄O ̄;)

イスラム圏なので、お酒が高いのは仕方がないものとしてあきらめました。

朝食について

さて、今回の宿泊は、朝食付きのプランで予約をしました。と言いますか、旅作でALILA JAKARTAを予約するにあたっては朝食付きプランしか選べないわけですが…

ALILA JAKARTAの朝食は、ビュッフェ形式となっています。

フロントと同じフロアのレストランに行きまして、受付で部屋番号を伝えると中に通してくれます。

こちらのレストラン、なかなか広いです。

また、用意されている食事の種類も豊富で、インドネシア料理も用意されておりました。

僕は、食事の初めに野菜を食べるようにしておりますので、まずはサラダを食べるべく野菜を取りまくってきました。で、食べてから思ったんですよね…

この野菜って、水道水で洗ってるのかな?

まあ、何も起こらなかったので大丈夫でしょう(笑)

ちなみに、食事はこんな感じでした。 2日目の朝は、サラダとナシゴレン。

3日目の朝は、サラダ。そしてこの後、チキンカレーと焼きそばを食べました(汗)

ホテルの食事が美味しすぎて、食べすぎました。

ホテルの周辺について

ホテルの周辺ですが、ホテルの前の通りは夜になると屋台が並ぶので、現地の人々の様子を見るには良いかと思います。

歩いていて気がついたのですが、屋台で食事をしていると、物売りがやってきて商売してたり、あるいは楽器を持った人がやってきて演奏を聴かせたりしてました。

加えて、屋台で食事をしている外国人の姿は全くみかけませんでした。

できればトライしてみたかったのですが、上記のような状況では、ちょっとハードルが高いですね(苦笑)何より言葉が通じないでしょうし…

なお、ホテルの近くにコンビニがありました。緊急避難的に食料を手に入れるにはありがたい存在ですね。

チップについて

インドネシアのホテルでは、部屋の掃除やベッドメイキングをしてもらったらチップを払う習慣があるようです。

相場は10,000ルピア〜だそうです。

2日目、出かける前に枕もとにチップを置いていきました。戻ってきたらなくなっていたので、受け取ってくれたのでしょう。

最後に

ジャカルタの他のホテルに宿泊したことがないので比較はできませんが、ホテルのスタッフたちはとても親切で、快適に過ごすことができました。

まあ、普段ドミトリーなど、安い宿に泊まっていれば、ホテルは快適ですよね(笑)

修行でジャカルタを訪れる機会があれば、また泊まりたいホテルです。

もっとも、ブログという観点から見ると、他のホテルに泊まったほうがネタにしやすいんですよね…

快適さをとるか、ブログのネタをとるか、実に悩ましいところです(笑)

それではー!

AgodaでALILA JAKARTAを予約される方はこちらからどうぞ

Booking.comでALILA JAKARTAを予約される方はこちらからどうぞ


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク