今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

Apple SIMを挿してみた! インドネシア・ジャカルタ篇

DIA修行も兼ねて、インドネシア・ジャカルタに行って参りました。

フライトに関する記事はこちら

さて、僕が海外に行った際にやってみることの1つに、iPad Air2にApple SIMを挿してみるというものがあります。

これまで4つの国・地域で挿してみました。

です。

インドネシア・ジャカルタはどうなのか?実際に挿して検証してきましたので紹介したいと思います。

Apple SIMの設定

Apple SIMは挿しただけではアクティベートできません。設定の仕方については、以前、解説した記事がありますので、そちらをご覧ください。

キャリアの選択

設定の画面になると、キャリアを選択する画面になります。

果たして前回から選択できるキャリアは増えているのでしょうか??

待つこと数分。

ようやくキャリア選択の画面が出てきました。

出てきたのは、

  • AlwaysOnline
  • GigSky

の2つです。他の国と一緒ですね。

AlwaysOnline

それでは各キャリアの料金を見てみようかと思います。

まずはAlwaysOnlineの方からです。

いつも通り、3つのプランが出てきます。

(1番下の"View All Plans"は全プランを表示するものなので、個別のプランではありません。)

1時間プラン

最も時間が短く、かつ、容量も少ない1時間プランです。

容量制限は20MBまでで、料金は$0.99です。

1日プラン

続いて、1日プランを見てみましょう。

容量制限は200MBまでで、料金は$9.99でした。

500MBプラン

最後に、最も時間が長く、かつ、容量も大きいプランです。

容量制限は500MBまでで、料金は$19.99でした。

GigSky

続いて、GigSkyの方を見てみましょう。

こちらも、いつも通りの画面遷移です。

タップして進めていき、居住国を選択します。

日本に住んでおりますので、日本を選択。

そして、続けるとタップすると、全プランが表示されます。

料金は¥1,200〜¥6,000で、容量制限は、100MB〜1GBまで。日数は最長30日間使用できます。

2017年7月時点の為替相場を前提にすると、AlwaysOnlineの方がお得と言えます。

1日プランで比較すると、容量制限もAlwaysOnlineの方が200MBで余裕がありますしね。

もっとも、AlwaysOnlineの方はドル建てでの決済になりますので、為替の影響を受けることになりますので、わかりにくいというデメリットがありますね。

最後に

本稿を執筆するにあたって、過去の記事も読み返して、料金も比較してみました。

まず、AlwaysOnlineですが、他国に比べて安くなっておりました。

下の表は各国*1で挿した際の料金表*2なのですが、インドネシアで挿してみた際が最も安い結果となっております。

一方、GigSkyの方は、複雑です。

最低料金はインドネシアが¥1,200なのに対して、台湾、韓国、タイの方は¥1,800でした。もっとも、インドネシアは1日なのに対して、他3国は3日という期間の違いもありました。*3 また、インドネシアは1日か30日かなのに対して、他の国は段階的であった点でも違います。

もしかしたら、他の国の場合でも価格改定が行われている可能性がありますし、以前行ってみた国でも再調査が必要かもしれませんね。もはや趣味の世界ですが(笑)

というわけで、久しぶりの海外、久しぶりにApple SIMを挿してみて料金を比較してみました。結論としては、やはり現地のSIMを買った方が安いです(2GBで約1,800円。1MBあたり1.13円ですので。)。

それではー!

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

*1:台湾は、調査当時AlwaysOnlineは対応していなかったため、掲載しておりません。

*2:$1 = ¥112で計算しております。

*3:調査当時、GigSkyはカンボジアに対応していなかったため、掲載しておりません。

スポンサーリンク