今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。

2017年7月にオープンした台湾初の直営店、Apple 台北101に行ってみた!

Peach Aviationでチケットを取りまして、2017年最初で最後の週末台湾弾丸トラベルを行ってきました。

今回の旅の計画とMM859便搭乗記はこちら

今回の旅のテーマは、「FUJIFILM X100Fで台湾の老街を撮りまくる」でしたが、どうしても行ってみたい場所があったのでその場所へ行くことに。

その場所とは、Apple 台北101です。

というわけで、Apple 台北101に行ってみましたので紹介します。

台湾初のApple直営店

Apple 台北101は、台湾初のApple直営店として、2017年7月にオープンしました。

意外な印象を受けますが、これまで台湾には直営店がなかったんですよね。Appleの製造の一部は台湾の企業が請け負っているのに…

2017年初めての訪台という折角の機会だったので、Apple 台北101の様子を見るべく、実際の店舗を訪れてみました。

Apple 台北101の場所ですが、「台北101」とついている通り、台北101の中にあります。

地図上で示すとこちらです。

最寄駅はMRT台北101/世貿站です。

MRTで台北101に行くと、地上に出るとすぐに鼎泰豊がありますが、Apple 台北101は鼎泰豊の上のフロアにあります。

Apple 台北101

早速、お店に行ってみました。

ガラス張りの店舗なので、開放感が感じられ、広く感じられました。

入り口に回ってみると、iPhone Xの説明会が行われていました。

折角なので、お店の中を一回りしてみることに。

店舗は1フロアなので、商品の展示、販売も同じフロアで行われています。日本のApple Storeの場合、Genius Barというサポート専用のカウンターがあるのですが、Apple 台北101にはそれらしき場所が見当たりませんでした。

テーブルの上にMacBook Proが展示されていたのでパシャり。

形と配列こそUSキーボードと同じですが、繁体字独特のキーが書かれていました。

やっぱりUSキーがシンプルでいいですね……って、僕のMacBook Proは無刻印風にしているのでキーの表示なんて関係ありませんが(汗)

ちなみに、お値段ですが、Appleは価格統制しているので、日本で購入するのと大差ありません。

最後に

というわけで、Apple 台北101を訪れてみました。直営店ということもあって、デザインに統一感があり、洗練された印象を持ちました。

また、Storeでは小さい子供がiPhoneやiPad Proに触れている遊んでいました。日本と変わらないですね。小さい子供でも自分で勝手にいじれてしまうことに、改めてAppleの凄さを感じました。

もし、台北101に訪れる機会があれば、ついでにのぞいて見てはいかがでしょうか?

それではー!

D11 地球の歩き方 台北 2018~2019

D11 地球の歩き方 台北 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/11/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク