今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。

FUJIFILM X100Fをぶら下げて、湯島界隈を散歩して来ました

2017年12月某日。

新宿御苑の感じからそろそろ都内でも紅葉は見おさめかと思い、再びカメラを持ち出して都内を散歩することに。

晩秋の新宿御苑を訪れた記事はこちら

というわけで、FUJIFILM X100Fをぶら下げて、湯島界隈を散歩しながら撮影してきましたので紹介します。

文京区湯島

とぼとぼと歩いて秋葉原から文京区に向かいました。

都道452号線沿いに植えられているいちょうの並木がいい感じに色づいてます。

実盛坂という坂の上から、湯島界隈を見下ろしてみました。

生活感が漂っています。

ここから100mほど歩くと、湯島天満宮があります。

湯島天満宮

僕自身、高校、大学と通ってまいりましたが、その過程で入学試験を受験しました。

最近では、AO入試とか、入学試験も多様化しておりますが、僕はペーパー試験でした。

とまあ細かい話はどうでもよいのですが、受験生だった頃、初詣で湯島天満宮を訪れ、合格祈願をしたものです。

そんなこともありまして、湯島天満宮は何かと思い出もある神社で、社会人になった現在でも、こうして時々訪れているわけでございます。

湯島天満宮というと梅を思い浮かべる方も少なくないと思いますが、僕はどちらかというと秋の、いちょうが色づいている姿の湯島天満宮の方が好きです。

初めて一眼レフを購入したときも、こうして湯島天満宮に写真を撮りにきました。

X100Fについているレンズがいいボケ味を出してくれます。

参拝客で賑わっています。

受験シーズンが近づいて来てるということもあって、合格祈願で訪れていた受験生の姿も。また、境内には合格を祈願した絵馬が大量にかけられていました。

男坂・女坂

境内の脇にも参道がありまして。こちらは男坂という坂で、かなりの急勾配の階段があります。その横には女坂という、緩やかな坂もあります。

男坂・女坂の下の様子です。閑静でいいですね。

笹塚稲荷神社

湯島天満宮の裏には、笹塚稲荷神社という神社もあります。

御神輿のような派手さがありますね。

最後に

珍しく縦構図が多くなっておりました。

本稿を執筆している途中で思い出したのですが、以前、X100Tをレンタルした際にも湯島界隈を散歩して記事にしておりました。

記事には書いておりませんでしたが、この時も湯島天満宮を訪れ、撮影をしていました。また、2016年の同時期にも、Nikon D750にAi-Sレンズをつけて撮影に訪れていました。

湯島界隈は、例大祭の時にはお祭りで賑やかになりますが、普段はとても静かで落ち着いているので散歩していても気持ちがいいので何度も訪れてしまうんでしょうね。もちろん、いちょうで彩られた湯島天満宮が好きっていうのもありますが。

きっと、梅が咲く頃にまた訪れているんでしょうね(笑)

それではー!

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク