読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

『天空の城ラピュタ』のモデルと噂される、東のアンコール、ベンメリア遺跡に行ってみた!

プレアビヒア寺院、コ・ケー遺跡群と続いて、やってきたのは、ベンメリア遺跡です。

ダイジェスト版はこちら

プレアビヒア寺院とコ・ケー遺跡群の詳細版はこちら

ベンメリア遺跡

ベンメリア遺跡は、スタジオジブリ作品の一つ、『天空の城ラピュタ』のモデルとなったのではないか?と言われています。

地球の歩き方』などのガイドブックでベンメリア遺跡の写真を見ると、確かにそんな印象を受けなくもないです。

ベンメリア遺跡の位置

ベンメリア遺跡もシェムリアップから離れた場所にありますが、ここはトゥクトゥクでも行ける距離です。それでもアンコール・ワットから約50km離れているそうですが…

地図で示すと、ここにあります。

僕が宿泊していたゲストハウスでは、$25で申し込むことができたようです。

僕はプレアビヒア寺院にも行きたかったので、ゲストハウスでブッキングしてもらうより、VELTRAのツアーの方がコスパが良かったので、結果的にVELTRAを利用しました。

元々は子供達がガイド?

ポル・ポト政権時代、ベンメリア遺跡の周辺には、多くの地雷が埋め込まれたそうで、人々は近づくことができなかったそうです。そのため、保存状態はあまり良くなく、今もなお修復は進んでおりません。

また、今でこそ現地のガイドさんたちによる案内が行われていますが、遺跡が発見された当初は、ガイドさんが現地の子供にお金を払って案内してもらっていたそうです。ここは、子供達の遊び場でもあったそうですよ。

ベンメリア遺跡の様子

さて、それではベンメリア遺跡の写真を貼っていこうと思います。今回も写真多めなので、いえ、多めというより、多いですので、本稿もWi-Fi環境でご覧頂くことをオススメします。

車から降ろされると、ガイドさんと一緒に遺跡の中へと入って行きます。

ダイジェスト版でも書きましたが、ベンメリア遺跡は、午前中が混むとのこと。今回担当してくださったガイドさんいはく、「午前中は中国人団体客ばっかりです」とのことです。

一方、僕らは3時〜4時ぐらいに訪れたわけですが… ご覧の通り、人気を感じません。

先ほどの道を進んで行くと… 早速、崩壊した建物と大樹が現れました。

ここから暫くは、テキストを控え目にします。テキストで説明するより、写真を見ていただいた方が伝わるかと思いますので。

け、決して手抜きなんかじゃないんだからね!!。゚(゚´Д`゚)゚。

これは一緒にツアーを廻った方から聞いたのですが、ベンメリア遺跡には、アンパンマンがいるんだとか。

最初聞いた時はなんのことやら?と思っていたのですが、遺跡を見て廻っているうちに発見しました。

その「アンパンマン」というのはこちらです。 アンパンマンに見えなくもないかな…( ̄∇ ̄)

次の写真ですが、おそらく、水路の跡ではないかと思われます。 今回は乾季だったので、全く水気はありませんでしたが、雨季になると水が溜まって、また違った光景を見られるんだとか…

途中、不思議な色の池が… まるで抹茶のようですね(笑)

そして最後に、保存状態がとてもよいナーガです。 他のナーガは、顔が欠けてしまっていたりするのですが、こちらのナーガは見事に5つ頭が残っておりました。

シェムリアップへ

一通り、遺跡を見終わりました。

目の前には、日本人家族が歩いておりまして、帰るようです。

ガイドさんのいう通り、夕方は人が少なく、ゆっくり見ることができるのでオススメです! 上の道を進んで行くと、遺跡の出口で車が待っていてくれました。どうやら先回りして待っていてくれたようです。 そして、この赤い道を再び走って、シェムリアップへと帰って行きます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ベンメリア遺跡は人気の遺跡ですので、混雑する時はひどく混雑するようです。

ちょうどフォローしているTAKAC (id:taka1980611)さんがベンメリア遺跡を訪れた際のことを記事にしておりまして、中国人団体客と同じ時間になってしまった写真を公開されていらっしゃいました。 こちらの記事をご覧頂ければ、その様子がお分かり頂けるかと思います。

さて、本文中にも書きましたが、今回は乾季だったということもあって、全く水気がありませんでした。雨季はまた違った光景を見えることができるとの話でしたので、ぜひとも雨季の光景も見たいものです。

それと、念のため書いておきますが、当ブログの写真について、無断転載・転用はお断りします!!

それではー!

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

スポンサーリンク