今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

チャイナ エアライン・CI100便搭乗記:台湾桃園国際空港から成田空港へはボーイング747だった!

2015年のシルバーウィークにタイ・バンコクへと行ってきました。予約した航空券、直前だったということもあって台湾経由で成田へ飛ぶというスケジュールでした。

フライトスケジュールについてはこちら

第4レグ目となった、チャイナエアラインCI838便(BKK-TPE)の搭乗記はこちら

本稿では、ファイナルレグである、チャイナエアラインCI100便(TPE-NRT)の搭乗記をお届けします。

台湾桃園国際空港での乗り継ぎ

往路と同様、復路も台湾桃園国際空港内での乗り継ぎとなります。

乗り継ぎ専用の検査場で手荷物検査を受け、制限エリアへと移動です。

桃園空港には何回か来ておりましたが、初めてレザーのソファーに座ってみました。

ここでくつろいでいると、搭乗時刻まであと10分になってしまったので、急いで搭乗ゲートに向かいます。

初めてのボーイング747

搭乗ゲートにやってくると、これから搭乗する機体を見てテンションが上がります。

まさか、B747に乗る機会が訪れるとは思いませんでした。

初めて乗るB747にテンション上がりまくりです!無事、搭乗完了です。

眠気には敵わなかった

初めての747にテンションが上がったのもつかの間。

眠気には敵いませんでした。

アイマスクを装着し、そのまま眠りへと落ちて行きました。

再び目覚めると、日本人のCAさんから、機内食を食べるか問われたので、遠慮しておきました。

成田空港まで間も無くというところまで戻って来ました。ここでちょっと心温まる光景を目にします。

さらに、富士山を拝むことができたので、少し気分がよくなってきました。

そして、あっという間に千葉県上空です。

地上に自分が乗っている747の影が映っていたのが嬉しくてパシャり。

成田空港に無事着陸です。

ほぼ寝てたけど、初めて747に乗れたのは嬉しかったです。

最後に

日本に帰って来ても、またすぐに飛び立ちたくなってしまい、出発ロビーに行ってしまいました(笑)

結局、帰国してからも、成田空港で2時間ほど過ごすという悪あがきっぷり…

さらに、寿司が食べたくなったので、空港内の回転寿司に行きました。

やっぱり寿司はうまいですね。海外行ってもあまり日本食が恋しくなったりしないのですが、この時の寿司はとても美味かったです。

それではー!

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク