今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

チェンマイのバスターミナルからトンラムヤイ市場まで歩いてみた!

2016年のゴールデンウィーク。

スコータイで遺跡巡りを楽しんだ後、タイの古都チェンマイへとやってきました。

スコータイからチェンマイへの移動についてはこちら

本稿では、チェンマイのバスターミナルからチェンマイでの宿泊先まで歩いみましたので、チェンマイの街の様子を紹介します。。

アーケードから市街地までの道のり

アーケード(チェンマイのバスターミナルの呼称)ではソンテウやトゥクトゥクの客引きに遭いますが、アーケードを出ると、客引きも落ち着きます。

初めての土地なので土地勘が全くないので、分かりやすい道で行こうと思い、アーケードから少し北上した後、大通りを西へと進むことにしました。

まさに上の経路の通りです。

アーケードをでると、すぐアーケードの裏で、何やらイベントの準備をしておりました。 よくよくみると、「ガネーシャ」*1でしょうか??

チェンマイの生活感

この広場を横断し、アーケードのすぐ裏手にある通りに出ます。 住民と思われる方が歩いており、生活感を感じることができました。

こうした地元住民の「息吹」を感じることができる景色が好きで、それを見ることも僕の旅の目的の一つです。

スコータイよりは涼しいが、それでもここは東南アジア

雨上がりだったせいか、空気は少しひんやりとしているように感じました。

ですが、それもすぐに慣れてしまい、湿気がまとわりついてきます。

やはりここはThailand。いくら雨が降ったとはいえ、気温は25度を下回ることはありませんでした。

スコータイに比べると、交通量はそれなりに増えます。ですが、バンコクに比べれば遥かに空いております。

先ほど地図で示した通り、ひたすら大通りを歩いて行くという道のりです。歩きながら、現地の方々の暮らしぶりを見ることができ、満足感を得ていました。

ピン川を渡ると広がっているナイトマーケット

アーケードからしばらく歩いて行くと、ピン川という川に到着します。このピン川はチェンマイを流れる主要な川です。

この川沿いには、ナイトマーケットが開催されています。

橋を渡ったのち、川沿いを歩いて、ナイトマーケットを覗いていくことにしました。

ここでソーセージのようなものが売られていたのですが、小腹が空いていたので買って食べてみました。

これを食べた瞬間、懐かしさを覚えたのです。どこかで食べたことがあるな…と思って、記憶をたどって行くと、台湾のB級グルメ大腸包小腸でした。

このナイトマーケットの付近には、チャイナタウンがあります。もしかしたら、チェンマイに流れてきた華僑の方々が広めたのかもしれません。もっとも、この屋台で焼いていた女性はタイ人だと思われますが。

この大腸包小腸に似たものを食べると、喉が乾いてきました。この手の料理は、料理のお供としてあの飲み物が欲しくなってしまいます。

露店群に隠れてたコンビニを発見しました。 ここでSINGHAを購入し、早速一本空けました(笑)

前日に続き、この日も我慢していたので味わい深い1杯となりました。

最後に

この後、無事に宿に到着しました。

この日はバスで移動した後、3kmほどの道のりを歩いただけですが、ほどほどに疲れておりました。とはいえ、このまま宿で休むのはもったいないですからね。さらに別のナイトマーケットへと出かけることにしました。

その話は別稿でお伝えします。

それではー!

Booking.com

*1:ヒンドゥー教の神の一柱

スポンサーリンク