今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

タイ・チェンマイのDe Nawarat Chiangmai Hotelに泊まってみた!

※2018年1月13日更新

2016年のゴールデンウィーク。

スコータイで遺跡巡りを楽しんだ後、タイの古都チェンマイへとやってきました。

スコータイからチェンマイへの移動についてはこちら

本稿では、チェンマイでの宿泊先、De Nawarat Chiangmai Hotel*1のレビューをお届けします。

チェンマイの宿泊事情

チェンマイは、大きく分けるとお堀と城壁に囲まれた旧市街地と、城壁外の市街地とに二分されます。

旅の目的に応じて、旧市街地にするか、市街地にするかで決めても良いかと思います。

例えば、寺院などの観光の利便性を重視したい方は旧市街地を、ナイトバザールやマーケットなど、現地のライフスタイルを堪能したい方は市街地を選んでみてはいかがでしょうか?

ナイトバザール近くに陣取ってみた

さて、僕のtwitterアカウントをフォローしてくださっている方やInstagramのアカウントをフォローしてくださっている方には周知の事実ですが、僕は夜市、ナイトマーケットが大好きな人間です。

僕がアジア旅にどっぷりはまっている理由の一つに、”屋台飯とお酒”があるため、ナイトマーケットに繰り出しては、安い屋台飯を食べながらビールを煽るという旅のスタイルがすっかり定着しております。

というわけで、僕はナイトバザール近くに陣取ってみました。今回、僕が選んだ宿は、De Nawarat Chiangmai Hotelです。

個室でしたが、1泊あたり2,100円ほどで宿泊できました。

ドミトリーも検討したのですが、

  1. 初めて行くところであったこと
  2. ナイトマーケットで夜遅くまで遊びたかったこと

から、個室の部屋が選べるこちらのホテルにしました。

良かった点

さて、実際に宿泊した感想ですが、スタッフが非常に親切で、とても良かったです。

スタッフは、基本的には英語を喋ることができる人でした。(中には全く喋れない人もいました。)

コンビニまでは徒歩5分くらいです。ナイトバザールの近くとはいえ、夜は静かでしたし、安宿といえども、宿泊客の質も悪くなかったので、安心して宿泊できるホテルだと思います。

気になった点

衛生面に関しては、化粧台の上を蟻が闊歩していたのが気になりましたが……

あと、エレベーターがないため、階段で移動しなければなりません。ですので、スーツケースを持って旅行に来た!みたいな方には辛いと思います。

また、朝食は有料です。1階がカフェになっていて、そこで朝食がとれるようになっています。

(僕は外に食べに行きましたが…)

最後に

ナイトバザールの近くという立地だったにも拘らず、夜は静かで快適でした。また、ホテルのすぐ近くでもナイトマーケットが開催されているので、飲み食いには困らないです。

蟻の問題さえ気にならなければ、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

それではー!

地球の歩き方 D17 タイ 2017-2018 【分冊】 3 タイ北部 タイ分冊版

地球の歩き方 D17 タイ 2017-2018 【分冊】 3 タイ北部 タイ分冊版

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

*1:現在は、”M.Y. Home Hotel”という名称になっています。

スポンサーリンク