今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

聖地巡礼:台北の定番観光スポット「迪化街」に行った後、「永楽小吃」で孤独のグルメセットを食べてきた!

※2017年9月2日更新

Peach Aviationのセールで格安航空券を手に入れまして、土日に台湾へ飛んできました。

航空券の手配についてはこちら

土曜日は台鐵に乗って郊外を旅しましたが、帰国日は台北市内を観光することにしました。

本稿では、台北市内で聖地巡礼を行なってきましたので、紹介いたします。

台北で聖地巡礼?

聖地巡礼⋯⋯ 本来は宗教的な意味で用いられる言葉ですが、最近ではすっかり漫画等の舞台やモデルとなった場所を訪れるという意味でも用いられるようになっています。

僕も聖地巡礼を行ったことがあります。

ただ、僕の場合、ゲームの舞台やドラマ、MVのロケ地として用いられた場所ですが。

最近(と言っても、2015年のことですが)、『孤独のグルメ season5』で、台北が舞台となった回がありました。

2話にわたって台湾篇が放送されたのですが、その内の一話が台北市内でした。

台湾の雑貨屋で知り合った、日本人の母親を持つという台湾人の青年に、迪化街へ行ってみることを勧められ、迪化街を訪れるというあらすじなのです。

そして、迪化街で雑貨を物色中に「腹減った…」が始まってしまい、お腹を満たすべく、近くの食堂に入るという流れです。

というわけで、迪化街と、実際にロケで使われた飲食店に行ってみることにしました。

先ずは迪化街へ

迪化街とは…

もとは大稲埕と呼ばれた清末に繁栄した街で、往時の建築が今も残る。漢方薬や乾物、伝統菓子、布などの問屋や商店が軒を連ね、どこか懐かしい。騎楼と呼ばれる昔ながらのアーケードに並んだ品々は目を楽しませてくれる。(中略) 最近はリノベーションしたおしゃれなカフェやショップも搭乗している。

アクセス

迪化街の様子

迪化街は、台北市の中心からやや西にあります。

僕は、松山車站にいましたので、松山車站(八徳)からバスに乗って、民生重慶路まで行きました。

そこから民生西路を西に歩いていくと、迪化街です。

迪化街は、古い問屋街で、建物の雰囲気が非常にいいです。

また、問屋街なので、騒がしくなく、落ち着ける通りです。

ただ、日中は暑いですけどね。

 

縁結びのお寺、台北霞海城隍廟

迪化街を南下していくと、台北霞海城隍廟というお寺があります。地図上で示すと、こちらになります。

ここは縁結びのご利益があるそうです。

老若男女問わず、沢山の方がお参りに来てました。 

いよいよ永楽小吃へ!

永楽市場の南側に行くと、目的のお店が見えてきます。

Google Map上ですと、違うお店の名前が出てきますが、ここに行けばどのお店かすぐにわかるかと思います。

お昼時だったということもあって、お店は現地人々で賑わっていました。

お店に入ってみると、日本語のメニューを渡されました。すぐに日本人だとバレてしまったようです(笑)   僕は、劇中で五郎さんが食べていた鶏肉飯と付け合わせを食べるつもりでしたので、それを頼もうとメニューを見たところ…

「孤独のグルメセット」

という文字を発見!!謝謝です。探す手間が省けました。

ということで、孤独のグルメセットを注文しました。

記憶が曖昧になってしまって申し訳ないのですが、値段は90NTDだったかと…… 劇中はもっと安かったような気がします。

周囲を見渡してみると、現地の人で賑わっていましたが、観光客はあまり見かけませんでした。

意外と穴場かもしれませんね。  

孤独のグルメとロケ地、永楽小吃に乾杯!

ついでに永楽市場へ

食事を済ませた後、ついでに永楽市場も覗いてみることにしました。

正確に言えば、

涼みたかっただけ

なんですけどね(笑)

  永楽市場は、一階は主に食品を扱っていて、二階は生地を扱っています。三階以上もあるようなのですが、残念ながら閉まっていて行くことはできませんでした。 

こんな看板があったら営業してるんじゃないか?って期待しちゃいますよね…

最後に

今回は、聖地巡礼が主目的でしたので、聖地巡礼ついでに台北観光の定番である迪化街をようやく訪れることもできました。

さて、『孤独のグルメ season5』では、永楽小吃の後にはしごするのですが、この時点ではそのお店の存在に気がつきませんでした。

そのお店は、別の機会に、改めて聖地巡礼をしてきましたので、そちらの記事をご覧いただければと思います。

その記事はこちら

それではー!

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク