今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

Nikon D750対応・EN-EL15の互換バッテリーを海外でがっつり使ってきたのでレビューします

2017年。

Nikon D750に対応している互換バッテリーを購入しまして、海外に持って行ってがっつり使用して来ました。

本稿では、その互換バッテリーの紹介と実際に使用してみたレビューをお届けします。

互換バッテリー購入の経緯

2017年にFUJIFILM X100Fを購入した際にゲットしたポイントを利用して、互換バッテリーやアクセサリーを購入しました。

その時の記事はこちら

上の記事に掲載した写真の一つが下の写真です。

2種類のバッテリーを購入しました。

左側は先ほど書きました、FUJIFILM X100F用の互換バッテリーです。そして、左側のバッテリーは、Nikon D750用の互換バッテリーです。

どちらも、ロワジャパンから販売されている互換バッテリーになります。

そもそもなぜ互換バッテリーを購入したかと言いますと、タイとラオスの一人旅に持って行くためでした。

その時撮影してきた記事はこちら

さて、今回の旅に互換バッテリーを持って行ってどうだったか、そのレビューを書かせて頂きます。

純正との比較

やはり比べる対象は純正が良いかと思いますので、Nikonから出ている純正との比較でレビューさせて頂きます。

Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15

Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15

こちらはD750に標準でついていた純正バッテリーです。

現在は後継モデルが販売されています。

Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15a

Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15a

価格

純正モデルですが、実勢価格で5,000円弱といったところです。

対して、ロワジャパンの互換バッテリーは2つで2,500円強ですから、価格差はかなりのものがあります。

充電時間

正確に時間を計っていないので、わかりませんが、互換バッテリーだからといって、めちゃくちゃ遅いということはありませんでした。

撮影枚数

一番気になるのは、撮影可能枚数だと思います。

ちなみに、純正の実験データはNIkonの公式サイトで公開されていますので、そちらをご覧ください。

では、互換バッテリーはどうでしょうか?

僕が実際にラオスに持って行って、フル充電の状態で使用しました。記録形式はRAWです。

結果は、200枚ほど撮影すると交換を意識しなければならいような状態でした。風景や街撮りであれば十分かもしれませんが、飛行機や野鳥の撮影など連写を多様する撮影には辛いと思います。

もっとも、安いのでたくさん購入して、フル充電のバッテリーをたくさん持って行くという方法をとることもできますが…

バッテリーグリップを併用したらどうなのか?ちょっと興味はありますね。この先、バッテリーグリップを購入した際には実験してみようかと思います。

最後に

今回の旅には、バッテリーだけで4本持って行きました(笑)

純正2本と互換バッテリー2本です。

先に書きました通りの撮影可能枚数ですので、充電器も持って行って正解でした。やはり1週間以上の撮影となると、いくらバッテリーを持って行ったとしても、充電器が必要になる場面が出て来ます。

それなら最初から互換バッテリーを買わずに純正2本と充電器だけでよくね?っていうツッコミは受け付けておりませんので悪しからず。

1泊2日や2泊3日ぐらいの短い旅であれば、純正1本と互換バッテリー1本でも十分かもしれません。もちろんシャッターを切りまくるような撮影スタイルの方はバッテリー切れになると思いますが…

ご自身の撮影スタイルに合うようであれば、互換バッテリーも検討してみてはいかがでしょうか?

それではー!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク