今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

ノスタルジックな雰囲気が漂う台湾・九份は『写ルンです』との相性が良いのでは?と思ったので、撮影してみた!

2016年9月に、台湾の九份に行った時のことです。

九份を訪れた時の記事はこちら

この時、実は『写ルンです』を持って行きました。ノスタルジックな雰囲気を感じさせてくれる九份の風景と、『写ルンです』の描写は絶対相性が良いだろうと思い、試してみるべく持って行ったのです。

FUJIFILM レンズ付フイルム フジカラー 写ルンです シンプルエース 39枚撮り LF S-ACE-N FL 39SH 1

(先にお断りいたしますが、アイキャッチの素材として使用したのは『写ルンです』で撮ったものではなく、Nikon D750で撮影した写真を使用しております。)

『写ルンです』で切り取った九份の風景

それでは早速見て行きましょう。

まずは、九份にある映画館からです。 なんとなく、80年代に撮影した写真のように錯覚します。

続いて、九份で最も有名な階段のある場所です。

デジカメでこの色合いとか色彩を出したいのですが、なかなか出せません(。-_-。)

『写ルンです』で切り取った廟口夜市の風景

別の場所も切り取ってみましたので、紹介いたします。

こちらは廟口夜市です。

デジカメで撮ってきて、自分で現像した写真も好き気に入っているのですが、この雰囲気には程遠いんですよね…

日々研究あるのみです。

ちなみに、廟口夜市を訪れた際の記事はこちら

最後に

2016年から人気が再燃した『写ルンです』、昨年は限定パッケージが販売されました。そして、2017年も、また限定パケージが発売となりました。

~~こちらのパッケージですが、シリコンカバーやカラビナ付きセットです。僕も買おう買おうと思っていて、まだゲットできていません(汗)

数量限定とのことですので、早く買わないといけませんね…~~

台湾は、九份もさることながら、他の街にもこうしたノルタルジックな雰囲気の建物が多いので、『写ルンです』やフィルムカメラでの撮影との相性が良いのではと思っています。実際に撮影してみて楽しかったですし、出来上がった写真にも満足しております。

もちろん、近年の高性能なデジカメで写真を撮るのも楽しい場所ですよ!

海の日の三連休や、夏休みに台湾へ旅行を計画されている方、だけでなく、これから台湾へ遊びに行かれる方、

『写ルンです』をポケットに忍ばせて行ってみてはどうでしょうか?

それではー!


(2017年9月10日追記)

『写ルンです』のプレミアムキットを購入しました。

その記事はこちら


Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク