今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。

金沢の代表的なスポット「ひがし茶屋街」は出格子と石畳で風情あふれる場所だった!

※2018年3月25日更新

2016年9月。夜行バスに乗って、東京から金沢へとやってまいりました。

夜行バスの乗車記はこちら

金沢の定番中の定番、ひがし茶屋街。

一回は訪れてみなければ…

というわけで、本稿はひがし茶屋街を紹介します。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街への行き方

ひがし茶屋街に向かう前に、僕は長町武家屋敷跡にいました。 ですので、そこからひがし茶屋街に向かうことになります。

一度金沢駅に戻り、そこからバスを乗り換えて、橋場町(金城樓前)で下車し、そこから歩いて行きました。

循環バスですと、右回りのバスに乗って、ひがし・主計町茶屋街で下車し、そこから歩くことになります。

ひがし茶屋街を地図上で示すとこちらになります。

フォトジェニックなひがし茶屋街

金沢という街は雰囲気がとてもいいですし、歩いていて本当に楽しいです。

特に、写真を撮るのが趣味の人には、スナップショットを愉しむにはもってこいの場所です。

そんな理由から、僕も無意識のうちに積極的に観光客を絡めたスナップショットを撮って愉しみました。

きんつば中田屋

”きんつば”で有名な中田屋です。 お店の中は観光客で溢れていました。人気の高さが伺えます。

レトロな看板の美容室

看板はレトロなのですが、お店の中は割とモダンな印象でした。

風情漂う料亭街

さらに奥へと進んで行くと、風情漂う料亭街にでます。

金沢の写真でよく見る光景の一つですね。

ひがし茶屋街は、にし茶屋街と比べると規模が大きいので、お店の数も多く楽しめると思います。

料亭の構造は、興味を惹かれます。

そういえば、着物を着て料亭街を歩いている観光客の女性が何人かおりましたね。

こうした場所を和装で歩くというのもなかなか良いものです。

酒屋さんも茶屋街の雰囲気に合っていていいですね。

金色(こんじき)の蔵

ひがし茶屋街の中に、金色の蔵を売りにしているお店があります。

箔屋ひかり藏です。

こちらのお店には、金色の藏がありまして、誰でも見学できるようになっています。

残念ながら、藏との焦点距離が短すぎて、全体像を写すことができませんでした…

風情と愛嬌が溢れる町並み

ひがし茶屋街の面白いところは、料亭街だけでなく、一本外れた道も、風情溢れる町並みであるところです。

例えば、このようなお米屋があります。

こちらは民宿です。「民宿」というフォントに、僕はとても愛嬌を感じました。

ただのポストなのですが、手作りのカエルが添えられており、とても愛嬌を感じました。

最後に

今回は、金沢の定番中の定番、ひがし茶屋街へ行ってみました。

本文中にも書きましたが、街の風景にとどまらず、観光客もあわさって、とても撮影を楽しむことができたので、大変満足しております。

今回は写真撮影をメインにしたため、お店の中に足を踏み入れることは限られてしまいました。

しなしながら、実際、外からお店の中を覗いて見たところ、雰囲気の良いお店が多く揃っていました。

次回、金沢を訪れる機会があれば、今度は足を踏み入れてみたいものです。

さらに、さきほど掲載した民宿にも、是非宿泊してみたいものです。

それではー!

【PR】全国高速バスネット予約-24時間オンライン予約


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク