今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

ジャカルタ宿泊記:ANAの旅作でMercure Jakarta Kotaに宿泊してみたのでレビューします

DIA修行第4セット目として、インドネシア・ジャカルタに行ってきました。

DIA修行のフライトについてはこちら

前回宿泊したALILA JAKARTAが気に入っていたので、今回もALILA JAKARTAに泊まりたかったのですが、残念ながら旅作のリストに表示されておらず…

仕方なく、ちょっとリッチにしてみるかと思い、Mercure Jakarta Kotaで予約をとることに。

実際に宿泊してみましたので、本稿ではそのレビューをお伝えしたいと思います。

ALILA JAKARTAの宿泊記はこちら

Mercure Jakarta Kota

今回宿泊したMercure Jakarta Kotaですが、Kotaと付いている通り、コタ地区にあるホテルです。

立地・アクセス

トランスジャカルタ・バスウェイのOLIMO駅の目の前にあるので、立地は最高だと思います。しかも、1系統のバスウェイなので、Kotaに出るにも便利ですし、Block Mに行くにも便利です。

地図上で示すとこちらになります。

ロビー

ホテルのロビーです。 1階の右手はカフェになっています。

正面奥は大ホールになっています。僕が宿泊した2日間は、結婚パーティーが行われていました。

フロントは左手にあります。

また、2階はレストランになっています。 上を見上げると、ドーム型の天井になっていました。

チェックイン

フロントでチェックインしたい旨を英語で伝えると、英語で応対してくれました。

チェックイン時、タバコを吸うか尋ねられたので、ノンスモーカーであることを告げると、禁煙室の空き状況をチェックしてくれました。

が、残念ながら空きがないと言われてしまい、2日間、喫煙室に宿泊することに。

また、300,000ルピアがデポジットとして必要と言われましたがクレジットカードでもOKとのことでしたので、SFCを渡してデポジットを差し入れました。

SFCについてはこちら

カード式のルームキーを受け取り、エレベーターへと乗り込みます。

エレベーターは、カードキーを読ませないとボタンを押しても有効にならない仕組みになっていたので、カードキーを読み込ませ、自室のあるフロアへと向かいました。

部屋の様子

僕が宿泊した部屋はこちらになります。 基本的に寝るだけなので、十分すぎますね。 ホテルに宿泊する際、いつも疑問なのですが、枕ってこんなに必要なのでしょうか?

なお、上の写真の左手側にある壁にエアコンの温度設定のためのダイヤルが設置してあります。またベッドの奥の証明のところに、エアコンのスイッチ兼風量コントローラーが備え付けてありました。

カーテンを開けて見ると、外にはI Love JKTの電光掲示板が遠くで光っているのが見えました。

また、隣のビルもホテルなのですが、初日はそのホテルでも結婚式のパーティーが行われていて、爆音で音楽が流れていました(笑)

シャワールーム

トイレと同じ部屋で、バスタブ付きのシャワーでした。バスタブ自体は古さを感じてしまいました。

シャワーは、温度調節の難易度が高く、適温にするのに苦労しました。

ちなみに、ドライヤーは備え付けです。

オートロック?

不思議だったのですが、部屋に入る時はにはカードキーを当てないと鍵がアンロックされません。もっとも、部屋に入って扉を閉めると、自動的に施錠されるかと思いきや、自動的に施錠されませんでした。

なので、自分でいちいち鍵を回して施錠してました。

もっとも、ドアノブをひねると同時に解錠される点は一般的なホテルと同じでしたけどね。

冷蔵庫がない

今回の部屋、冷蔵庫がなかったんですよ。

なので、置かれていた水を冷やすことができず…仕方なく常温で飲んでました。

アメニティーやタオル類

リンスインシャンプー、バスジェル、歯ブラシセット、石鹸が置かれていました。

シェーバーが必要な人は、フロントに連絡を入れれば持ってきてくれるという趣旨のことが書かれた紙がはってありました。僕は不要だったので利用しませんでしたが…

タオル類ですが、バスタオルが2つ置かれていただけで、フェイスタオルはありませんでした。

電源、コンセント

コンセントは少なかったです。しかも、日本で採用されている形状のプラグでは利用することはできませんでした。

ですので、宿泊する方は、忘れずに変換プラグを持っていきましょう。

私は、今回も変換アダプタを忘れてくるという、アホなことをやってしまいましたが…

おかげで、かなりバッテリーの残量にはナーバスになってしまいました。

ルームキーパーとチップ

2日目。朝食を済ませ、部屋で外出の準備をしていると部屋のチャイムがなりました。

誰だろう?

と思って出て見ると、ルームキーパーがやってきたのです。ルームキーパーもさっさと仕事を終わらせたいだろうし、掃除をしてもらうことにしました。

掃除が終わったので、帰り際にお礼を言い、お金が見えないように右手を差し出して握手をし、ルームキーパーにチップを渡しました。

飲食店なんかではチップなどは飲食代やサービス料に含まれているそうなのですが、ルームキーパーにはチップを渡す習慣があるようで。相場は大体10,000〜20,000ルピアだそうです。

ちょっと話はそれますが、ジャカルタは路駐がすごいです。路駐されているところに、必ずと言っていいほど、道路の車の流れを遮断する男性がいます。彼らは路駐したドライバーが車を出すのを手伝う代わりに、ドライバーから対価をもらっています。

注視していると、車が発進する際に、運転席の窓からドライバーがお金を渡しているのをみることができますよ!

レストランやカフェ、その他の設備について

つづいて、部屋以外のホテルの設備について紹介いたします。

朝食

朝食は、冒頭で紹介した2階にあるレストランで食べます。

エレベーターで2階に行き、レストランの入り口で宿泊している部屋の番号を伝えると、通してくれます。

座席は自由席で、朝食はビュッフェ形式です。

1日目の朝食

2日目の朝食

両日ともにナシゴレンを食べました。安定したうまさです。

朝食以外の食事

先ほどのレストランでは、朝食以外の食事もとれるようです。

ただ、夕食は午後9時ぐらいにレストランが閉まってしまうので注意が必要です。初日に夕食難民になりまして。ホテルで食べようとレストランに行ったら丁度閉店するところでした(涙)

初日の夕食については、また別稿で紹介します。

ところで、ホテル内に、こんな看板が立っていました。 レストランの宣伝だと思いますが、上に書かれている文字、読めますか?

一文字目が「山」という漢字に見えることから、日本人だと「山モモケモカワ」って読んでしまい、「なんのこっちゃ?」って思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

これ、特殊なフォントでアルファベットが使われてるなと気がつきまして…正解は脚注に記しておきます。*1

カフェ

冒頭、ロビーの右手側にカフェがあることをお伝えしました。

こちらのカフェではアルコールを飲むこともできます。

BALI HAIという銘柄のビールで、小ビンで55,000ルピア(約550円)でした。

まあ、ホテルで飲むので高いのは覚悟していましたが。

ジム、プール

Mercure Jakarta Kotaには、ジムとプールが併設されています。

ジムとプールはホテルの3階にあります。

プールサイドで、ぼけーっとして過ごしてみました。これが結構気持ちよかったんですよね。

時々、スカルノハッタ国際空港から飛び立って行った飛行機が見えるのもよかったです。

ジムは、上の写真の左手側、すなわち、ホテルの建物内にあります。

また、写真の右手側には小さな建物がありまして…こちらはマッサージとかを行うスパになっているようです。

最後に

冒頭にも書きましたが、前回宿泊したALILA JAKARTAに泊まりたかったんですけどね。

他にリストにあがっていたホテルを見ると、移動に不便そうなホテルが目立ったので、ちょっと高くても移動に便利なこちらのホテルを選びました。

やはりALILAの方が値段も安かったし、設備面でも充実していたので向こうの方が良かったなと思った次第です。

それではー!

Booking.com

*1:WEEKEND DIMSUM

スポンサーリンク