今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。

NH661便搭乗記:47都道府県制覇を目指して…長崎へ行ってみた

2018年3月。

タイトルの通り、47都道府県制覇を目指して、まだ訪れたことのない都道府県の一つ、長崎県へと行ってまいりました。

東京(羽田)から長崎へは、ANA、SNA(ソラシドエア)、SKY(スカイマーク)、JALが就航しておりますが、やはりそこはANA一択です。理由はシンプルで、僕自身、ANAのプレミアムメンバーだからです。

ANAのプレミアムメンバーになった経緯はこちら

というわけで、本稿では、ANA運行便であるNH661便(羽田ー長崎)の搭乗記をお届けします。

航空券の手配

今回の航空券の手配ですが、以前、金券ショップで購入したANAの株主優待券を利用して購入しました。

株主優待券は1枚2,950円。比較的安い方だったかなと思います。場所によっては3,400円とかありましたからね。

というわけで、株主優待券を利用して株主優待価格で購入しました。

SUITE LOUNGEで軽食を

搭乗前に、SUITE LOUNGEに寄ってパンを頂くことに。

朝食を食べてないので、お腹が空いてしまいまして…でも、この日はプレミアムクラスに乗るんで朝食が出るんですけどね。

さて、この日の搭乗ゲートは57番。

第2ターミナルの北側です。つまり、SUITE LOUNGEからはちょっと歩くのです。

今回の件で学びましたが、ゆっくりしたかったら無理してSUITEじゃなくて

優先搭乗を逃す

直近では国際線に乗った回数が多かったので、国内線の搭乗の感覚が抜けてまして、早目にラウンジを出たつもりだったのですが、間に合いませんでした。

使用機材

今回搭乗したのは、B777-200型で、JA704Aです。

滑走路に向かう途中、JA743Aの姿が。

離陸後、羽田空港上空からJA743Aの姿をパシャり。黄色い機体は遠くからでも目立ちますね!

機内食

国内線プレミアムクラスの楽しみの一つ、給食の時間がやってきました。

ラウンジでパンを食べましたが、足りるわけもなく… これで丁度良い感じになりました。

景色について

沖縄に行く際には、富士山は右側の座席から見えるのですが、長崎行きは左側の座席から臨むことになります。中国地方上空を飛んでいる際も瀬戸内海は左側になりますので、景色を楽しみたい方は左側の座席をとると良いかと。

上の写真は佐賀県の上空を飛んでいる時に撮影したものですが、右側はやはりイマイチですね…

無事に長崎空港に着陸しました。ランタンフェスタ中ということもあってか、空港内にはランタンが飾ってありました。

長崎空港から長崎市内へ

さて、長崎空港から長崎市内への移動方法ですが、一番便利なのは高速バスです。

到着口から外に出て、5番停留所から長崎市内行きのバスに乗車することができます。

が、乗車する前に券売機で乗車券を購入するのをお忘れなく!

片道900円ですが、回数券(2回分)を購入すると1600円で購入できるので、往復だと200円お得になります。

ただし、現金での購入になりますので、クレジットカードは使えません。クレジットカードが使えるようになればいいのですが……

最後に

羽田から長崎までの飛行時間は2時間弱です。今回はプレミアムクラスに搭乗しましたが、プレミアムクラスを堪能するには少々短いかなと感じた次第です。

それではー!

【PR】 お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

スポンサーリンク