今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

NH855便搭乗機:南半球に初突撃!羽田空港からインドネシア・ジャカルタに行ってみた!

※2017年7月22日更新

DIA修行として行くつもりではなかったのですが、先日DIA修行宣言をしたため、DIA修行の1レグ目は、まさかの国際線ということになりました。

DIA修行についてはこちら

まあ、ジャカルタ行きを決めた時は、「修行じゃない」と言い張っておりましたが…旅作のプレエコで予約を取っていた時点で、

「コイツ、修行するき満々だろ?」

と疑われても仕方がありませんでしたね。

SFC修行の時は、仕事の関係上、国内線に絞って修行していたのですが、DIA修行は国内線よりも国際線の方がもしかしたらお得なのではないか?と思い、実験的に利用することにしてみました。

「実験的に」とは書きましたが、随分お金がかかった実験ですけどね!

SFC修行についてはこちら

PLT/SFCの恩恵

ジャカルタへの出発の日は、海の日を含む三連休の頭ということもあって、朝から羽田空港は混雑しておりました。

ところが、優先検査場へ行ってみると、僕の前には1人いただけで、すぐに検査を受けることができました。

PLT/SFCの恩恵に早速あやかることができました。

さらに、保安検査場を抜けると、今度は出国手続きが待っているわけですが、ここでは自動化ゲートを利用してささっと出国することに成功しました。

検査から制限エリアまで、5分もかからずして制限エリアまで来ることに成功です。

自動化ゲートの登録についてはこちら

ANA LOUNGEでカレーを食べる!

PLT/SFCになって初めてのフライトということもあって、ANA LOUNGEへ行ってみることしました。

まあ、その為に空港に早く来たようなものですからね。

正直、前日夜更かしをしてしまい、まだまだ家で眠っていたかったのが正直なところですが…

ANA LOUNGEに来たからには、やはり一度はカレーを食べねばなりません。

というわけで、カレーを食べてみました。

なお、この時点で午前8時過ぎだったわけですが、奥に見えます黄金の炭酸水も併せて頂きました。

ANA LOUNGEでシャワーを浴びる!

汗をかいていたわけではないのですが、この日はとても暑かったので、シャワーを浴びてさっぱりしたかったということもあって、シャワーをお借りしてみることにしました。

LOUNGEの入り口でシャワーを使いたい旨を言うと、前に待ち人がおりましたので、順番が来たら教えてくれる機械を渡されました。

まあ、その間ぼーっとしてても仕方がないので黄金の炭酸水を頂いていたわけですが(笑)

そしてようやく順番が回って来まして、カードキーを受け取り、ブースへと向かいました。

入室して最初に驚いたのが、こちらです。

ダイソンの扇風機( ̄O ̄;)

いいですね〜。これ欲しいなぁ…

シャワーブースを見てるみると… ホテルで良く見かけるレインフォール型のものと、ノーマルなシャワーヘッド型のシャワーでした。

アメニティはシャンプーやらボディソープやら。あとはシェービングとかもありました。女性向けには乳液とかありました。

いざ搭乗!

シャワーを済ませ、再びLOUNGEに戻りまして、ソフトドリンクを飲んで過ごしておりましたら、ちょうど良いお時間となりました。

というわけで、ゲートへと向かいます。

DIAの方々は10名もいらっしゃらない感じでした。それと、名前を呼ばれている方々が数名いらっしゃいました。スーツを着ている方々だったので、もしかしたらビジネスクラスにアップグレードになった方々かもしれません。

それから、ビジネスクラスと上級会員の優先搭乗が開始となったのですが、結構いるんですね、上級会員。優先搭乗なのにちょっと待たされました。ムムム…

ただ、ゲートでチケットチェックをしてくださったGSの方には、名前を呼んでもらい、「いつもありがとうございます。」という言葉も頂けました。ちょっと嬉しいですね( ^ω^ )

今回搭乗するNH855便、B787-9型です。

国際線のB789型に登場するのは、これで3回目だったかな?

プレミアムエコノミークラスのシートですが、国内線のプレミアムクラスと同じ印象でした。違いといえば、モニターの有る無しぐらいでしょうか。

国内線のB787のプレミアムクラスは未経験なので、正確に比較することはできませんが…

プレミアムエコノミークラスの残念なところは、座席の位置が翼のところという点でしょうか。これでは景色が十分に楽しめません…(。-_-。)

なんとか富士山を撮影して見ましたが、イマイチでした。

給食のお時間

さて、国際線の楽しみといえば、給食のお時間です。

この日用意されていたのは、海鮮系のご飯と、チキンの煮込みビーンズでした。

僕は後者をチョイス。

支給されたのは日本時間で午後1時ぐらいだったので、丁度良かったですね。

なお、このあと軽食とデザートが支給されました。

空の修行ってほんと太る……

無事に到着

フライトは順調で、定刻よりも早く到着しました。

バンコクに行く際には、大抵途中で飽きてしまい、

「降ろしてくれー!」

って叫びたくなりそうなのをぐっと堪えるために映画をみて過ごすのですが、今回のフライトは全然退屈しませんでした。むしろあっという間な感じでした。

ただ、これは僕が新しい遊びを覚えたからかもしれません。映画を見るより全然面白い遊びなんです。

その遊びに関しては、話すと長くなるのでここでは割愛しますが、iPadを持っているなら是非オススメしたい遊びです。

最近、話題になったカタール航空が駐機してました。

というわけで、無事にゲートに到着しました。

入国に際して

機長のアナウンスによれば、NH855便が到着する時間帯は、スカルノハッタ国際空港は混雑する時間帯だとのことです。この日は幸い、上空で待機ということにはなりませんでしたが、空港に到着してからが大変でした。

というのも、イミグレーションが大渋滞でした。

どうやらカタール航空も同じ時間帯に到着したようで、日本からの乗客とカタールからの乗客とでごった返しになりました。

東南アジアの空港というと、僕の場合、タイのスワンナプーム国際空港を思い浮かべるのですが、スカルノハッタ国際空港はそこまで整備されておらず…ですので、一刻も早くイミグレを抜けようと、我先にと並ぶため、イミグレで大渋滞が起こっておりました。

一方、インドネシア国籍の人の方はそこまで混乱は起こっていなかったようですね。

なお、日本国籍を有する場合、インドネシアを観光目的で入国する場合はビザは免除されており、入国カードの提出も必要ありません。もっとも、税関申告書は提出する必要がありますので、機内で忘れずに受け取りましょう。

最後に

初めてプレミアムエコノミーに乗りましたが、国内線のプレミアムクラスと同等って感じですね。ただ、CAさんから個別の挨拶はありませんでしたが…

とはいえ、主担当だったCAさんは色々と気を配ってくださり、とても快適なフライトでした。

それと、初めて国際線のANA LOUNGEと、国際線のPLT/SFCの優先搭乗を経験しましたが、想像していたよりも優先って感じではありませんでした。そのおかげで、DIAの景色というものを見てみたくなりまして、修行へのモチベーションにつながりました。

それではー!

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク