今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

台北二大夜市の一つ、饒河觀光夜市へ行ってみた!

※2017年6月16日更新

台湾と言ったら

夜市

です。

当ブログでも、これまでいくつか夜市をご紹介してきました。

そして、台北には有名な夜市がいくつかあります。

そのなかの一つである饒河觀光夜市を初めて訪れてみました。

饒河觀光夜市とは

士林とともに台北の2大夜市といわれているが、こちらは観光客向き。食べ物の屋台だけでなく、アイデア商品やキャラクターグッズなどを売る店もあって、散策するのが楽しい。直線の1本の道がそのまま夜市になっているので、片道約400mの道を往復すればすべての露店を見ることができる。

地球の歩き方 台湾』より

饒河觀光夜市へのアクセス

台湾鐵道松山火車站から向かう

この時は、十分から台北戻って来た時でしたので、僕は台湾鐵道の松山火車站で降りました。

松山火車站から地上に出て、5分程歩くと、饒河觀光夜市があります。

こちらの夜市は、先ほどもご紹介したとおり、直線の道路に設置されているので、往復すると両側のお店を見ることができて都合が良いです。

ただ、観光という文字が入ってるだけあって、人の数は多いです。

それでも、士林夜市に比べれば、多少は落ち着いていると思います。

実際に歩いてみた印象ですが、

飲食店と雑貨屋が半々といった印象を受けました。

もちろん、正確にカウントした訳ではないので違うとは思いますが…

オススメの料理

魯肉飯(ルーロウファン)

僕は、饒河觀光夜市にある飲食店の一つに入ってみることにしました。

飲食店に入って食べたのは、魯肉飯(ルーロウファン)です。

葱肉包(ツォンロウバオ)

初めて食べたのですが、めちゃくちゃ美味でした。

これは超オススメのB級グルメです。ビールにも合いますよ!!

1個12NTD。安いですし、是非お試しあれ!

芒果冰(マングオビン)

安定のマンゴーかき氷です!これは100NTDぐらいだったかと記憶してます。

現地の方々は、カップルで1つ食べていたのですが、

僕は一人で食べましたが、何か?(笑)

最後に

饒河觀光夜市は必ずガイドブックに載っているといってほどのメジャーな夜市です。地下鉄に乗って行きやすいので、台北初心者でも訪れやすい夜市だと思います。

また、一本の通りの両サイドにお店が立ち並んでいるので、往復して両サイドを見ることができるのも良い点です。士林夜市より見やすいですね。

今回、食べませんでしたが、饒河觀光夜市には有名な胡椒餅屋さんがあります。常に行列ができているのでわかりやすいです。

次に饒河觀光夜市を訪れる機会があったら、食べてみようかと思います。

それではー!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク