今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

聖地巡礼:「龍が如く2」の舞台にもなった、通天閣に行ってみた!

※2017年8月14日更新

シルバーウィークにタイへ行こうと思い、予約した航空券は関空出発の台湾経由というスケジュールでした。

フライトスケジュールについてはこちら

そして、スターフライヤーに乗って、羽田から関空へとやってきました。

スターフライヤー・SFJ29(ANA3829)便搭乗記はこちら

初めて降り立った大阪の地を少しでもこの目に焼き付けようと思い、関西空港から南海線に乗って、通天閣のある新今宮駅へと向かいました。

真夜中の新世界へ

新今宮駅で降りて、東に進みます。駅から少し歩くと、パチンコ屋と一体になったドン・キホーテがあります。

この辺り一帯は飲み屋も多く、地元のお客さんが訪れているようです。飲み屋の前を通ると、大阪弁が飛び交ってました。

あ、大阪に来たんだな

と実感しました。

よく見る新世界の光景

先ほどのドン・キホーテから少し北上すると、飲食店がたくさん立ち並んでいます。

そして、よく見る大阪のイメージ風景の、あの場所へとやってきました。

ザ・大阪という風景です。づぼらやのフグのオブジェが印象的でした。

ちなみに、通天閣は地図上で示すとこちらになります。

串かつの横綱

この時の僕は、あまり下調べをせずにきたので、有名なお店なのかどうかすらわかりませんでした。それでも「づぼらや」と「だるま」ぐらいは知っていましたが…

ですので、串かつの横綱の店舗を初めて見た時は、

面白いお店だなぁ

という印象を持ったのでした。

さすがに午前0時だったので、閉まってました。

そして、この時から2年後…

ようやく横綱で串かつを食べる機会に恵まれました!

串かつの横綱で串かつを食べた記事はこちら

いざ通天閣へ

さらに通天閣に近づいてみました。

通天閣を見上げながら、飲食街を撮影。

24時間営業のお店もあったものの、さすがに午前0時では閑散としており、言わば「祭りの後」のような雰囲気が漂っていました。

通天閣の足元から。

電車がなくなる

写真を撮り終えたのですが、難波まで行く電車は無くなってしまいました。

仕方がないので、このまま歩いて日本橋を通って、道頓堀を目指すことにしました。

最後に

真夜中の新世界は、人気があまりなく、とても静かな場所でした。

昼間は観光客でごった返している光景とは真逆ですね。

新世界には東横インなどのビジネスホテルもあるので、新世界に宿をとって、夜の新世界を歩いてみるのも楽しいかもしれませんね。

あんまり遅い時間に歩くと、いらぬ事故などに巻き込まれる可能性もありますので十分にご注意を!

それではー!

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク