今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

バンコクでお気に入りの場所、Sukhumvit通りSoi38でタイフードを食す!

※2017年8月18日更新

シルバーウィークにタイへ行こうと思い、台湾経由でバンコクへとやってきました。

台湾からバンコクへのフライト、チャイナエアラインCI835便搭乗記はこちら

バンコクでの安・旨な屋台飯

ガイドブックを見ると、美味しそうなタイ料理の写真が掲載されたお店が紹介されています。そういうお店は、衛生面もしっかりしているのでしょうが、正直ちょっと高いんですよね…(それでも日本に比べれば十分安いですが)

折角東南アジアに来たのですから、冷房がガンガン効いたお店で食事をするだけではなく、東南アジアの暑さを感じながら食事をするのも一興だと思います。

そして、安く食事ができる場所が、Thong Lo(トンロー)駅から歩いて1分の場所にあるSoi38にあります。

安くて美味いのでお気に入りです。

2015年当時、訪れた際には観光客の数もそれほど多くなかったのですが、2016年以降に訪れた際には、多くの観光客を見るようになりました。また、日本人の姿も見かけるようになりました。

カオマンガイ

ここは、複数の屋台が集まっており、例えるならフードコートのような場所になっています。

自分が食べたい物を作っているお店で注文し、好きな席で座って待っているとお店の人が持って来てくれ、その際にお金を払うというスタイルです。特にチップなどは不要です。

この時は、カオマンガイ(ミックス)を注文しました。

蒸した鶏肉と、揚げた鶏肉です。

翌日もSoi38へ

翌日も、Soi38へとやって来てしまいました。

翌日は、屋台飯ではなく、お隣にある建物で食事をすることに。

こちらも3つほどお店が集まってできた場所で、席に座ると各店の店員がこぞってやって来て、メニューを手渡されます。

そして、いずれかのお店で注文すると、「うちの店でも注文してくれ!」的な感じで猛アピールしてきました(笑)

複数人で訪れればシェアできるのでいいのですが、一人旅では食べきることはできませんからね。さすがにそこは笑顔でお断りです。

なお、2日目に食べたのはこちらになります。

正直、お腹がキツかったですが、なんとか食べきりました。

2016年以降のSoi38

前述の通り、当時のSoi38は、屋台が集まったフードコートのような場所に加え、食事ができる建物もありました。

が、2016年にSoi38を訪れてみると、様相が変わってしまっておりました。

簡単に図示するとこんな感じです。

なお、2016年のSoi38の姿については、こちらの記事をご覧ください

最後に

バンコクへ行くと、必ず訪れてしまいます。それほど僕の中では安定した場所ですし、安心感があります。

もっとも、本文中に書きました通り、ここを訪れる方々が増えて来ておりますので、座れない可能性もあるので注意が必要です。

気軽に入れる場所ですので、バンコクへ行った際には一度訪れてみてはいかがでしょうか?

それではー!

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク