今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

スコータイといったらやっぱりここ!スコータイ歴史公園内の遺跡と仏像を撮りまくってきた!!

2016年のゴールデンウィーク。タイで遺跡巡りをするために、タイ国際航空とバンコクエアウェイズを利用して、東京からSukhothai(スコータイ)へとやってきました。

タイ国際航空TG683便(東京ーバンコク)搭乗記はこちら

バンコクエアウェイズPG211便(バンコクースコータイ)搭乗記はこちら

2日目は、自転車を借りてスコータイ歴史公園とその周辺の遺跡を巡りました。

本稿では、『地球の歩き方』にも掲載されているスコータイ歴史公園内の遺跡を紹介します。

いよいよスコータイ歴史公園を散策!!

午前中、スコータイ歴史公園地区の西域側にある遺跡群を自転車で廻って来ました。

そして午後は、スコータイ歴史公園内を散策です。

僕が宿泊していたのは、スコータイ歴史公園の西側の地区でしたので、僕は西門から入園しましたが、多くの方は東門からの入園になるかと思います。

今回宿泊した宿はこちら

入園料について

スコータイ歴史公園に入るには、入園料として100bahtかかります。

また、自転車で乗り入れる場合には追加で10baht必要になります。

自転車を借りるのがオススメ

前述の通り、自転車で乗り入れる場合には追加で10baht必要になりますが、それでも自転車で行くことをオススメします!

朝から一日かけて歴史公園を散策する場合は別ですが、歴史公園内は広く、さらにスコータイはとても暑いので、徒歩で移動するのはかなりキツイです。ですので、自転車を歴史公園の外で借りて、自転車で乗り入れて歴史公園内を廻るのが良いです。

自転車の貸し出しは、東門付近のゲストハウスで行なっていますし、また、レンタサイクル専門店もあります。

また、ご自身の宿泊している宿で借りることができる場合もありますので、宿に相談してみるのもよいと思います。

歴史公園内の見どころ

歴史公園内は、幾つかの遺跡が集まってできています。下の地図に印が付いているところが主な遺跡です。

歴史公園に入園する際に入園料を支払うので、個々の遺跡でまたお金を払うということをしなくて良いのがありがたいです。

アユタヤでは、遺跡毎にお金を支払う必要があったためので意外と出費がかさみました。

Wat Mai

さきほど、

多くの方は東門からの入園になるかと思います。

と書きましたので、まずは東門を入ってすぐのところにある、Wat Maiを紹介します。

一応、歴史公園内にあるのですが、『地球の歩き方』では特に紹介されていません。

これが全体像ですし、また、状態もあまりよくないので、見どころとして取り上げられなかったのだと思います。

なお、Wat Maiの南側にはお手洗いのある建物があります。再三お伝えしておりますが歴史公園は広いので、歴史公園内を散策する際には、こちらであらかじめ済ませておくと良いかと思います。

ラームカムヘーン大王記念碑

つづいて、ラームカムヘーン大王記念碑です。

スコータイの最盛期を築いたのが、ラームカムヘーン大王とされています。

王像の前には、お供え物や花が添えられており、今もなお多くの方に敬愛されていることがよくわかりました。

Wat Sra Sri

つづいて、Wat Sra Sriです。ラームカムヘーン大王記念碑の西側に位置しています。 Wat Sra Sriへは橋を渡って行きます。

大きなチェーディー(仏塔)が特徴的です。上の写真の右側にわずかにうつっている仏像がこちら。 スコータイ様式の仏像です。

さらに、Wat Sra Sriには遊行仏もあります。

逆光でしたので、シルエットだけになってしまいました。

Wat Sra Sriは、スコータイ歴史公園のお堀の外からも見えます。東門から西門へ歩いて移動した際に見えたチェーディーは、Wat Sra Sriのものになります。

東門から西門へ歩いて移動した記事はこちら

Wat Traphang Ngoen

本稿の最後に紹介するのは、スコータイ歴史公園内の西部に位置するWat Traphang Ngoenです。 このWat Traphang Ngoenは、遊行仏が特徴的です。

加えて、れんがの上に座る仏像も特徴的です。 西陽のせいで逆光となるシーンが多く、写真撮影には苦労しました。

スコータイ歴史公園内の特徴として、東向きの仏像が多かったです。中には北向きの仏像もありましたが、殆どが東向きでした。

なかなか仏像の背中を撮るなんてことはないですよね(笑)

最後に

西門の付近には、マッサージ屋がありました。 さらに、カフェもあります。

東門から入って、園内を一通り見終わって西門で一休みして東門に戻るというのもよいかと思います。

本稿では、スコータイ歴史公園内で一番の見どころであるWat Mahathatは取りあげませんでしたが、Wat Mahathatは次稿で取りあげます。

次稿もご覧頂ければ幸いです。

それではー!

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク