今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

もう一度行きたいと思った場所を、国内、外国からそれぞれ3つずつ選んでみた!

本稿を執筆している時点で、当ブログの投稿数は499記事です。 f:id:tidus_tabilog:20170930142527p:plain

つまり、本稿が公開されれば、投稿数は500記事となります。

もっとも、今後、リライト等で削除してしまう可能性もあるので、再び500前後をウロウロする可能性がありますが…

いつも読んで下さってくれる方、検索してきてくれる方、本当にありがとうございます。こうして節目となる記事を投稿できるのも皆さまのおかげでございます。

節目の記事ということで、これまで、(アジアばかりですが、)日本を含めて色々な場所に行ってきた中で「もう一度行きたい場所はあるか?」という問いに答えを書いてみようと思います。

せっかくなので、日本と海外で分けて回答を考えてみました。

国内でもう一度行きたい場所

まずは国内からです。

沖縄県・波照間島

これまで訪れた場所を振り返ってみて、真っ先に思い浮かんだのが波照間島でした。

波照間島を訪れた時の記事はこちら

この時、すでに一周しておりますが、やはり一泊して、満天の星空の写真を撮影してみたいですね。

それから、ニシ浜で海に潜って、海中の写真も撮影してみたいです。

東京都・伊豆大島

つづいて思い浮かんだのが伊豆大島です。

大島を訪れた時の記事はこちら

大島も再訪したいですが、その他の島にも行ってみたいですね。更に遠くの小笠原諸島にも行ってみたいです。

広島県・宮島

そして、3つ目に思い浮かんだ場所は、こちらも2017年に訪れた安芸の宮島です。

宮島を訪れた時の記事はこちら

この時は干潮時だったため、厳島神社からは水が引いておりました。これはこれで良い景色でしたが、今度は水上の厳島神社を撮影したいんですよね…

それと、やっぱり食べ物です。

上の通りツイートしましたが、もう一度「お好み村」に行って、お好み焼きが食べたいですね。

お好み村へ行った記事はこちら

日本篇のまとめ

こうしてみると、

「島」ばっかりじゃねーか( ̄▽ ̄;)

というツッコミを受けそうですが、その他にも訪れたい場所はあります。京都はまた訪れたいと思っていますし、北海道も絶対再訪したいと思っていますし。

僕は、旅先では出来るだけその場所の良いポイントを探すようにしていますし、行く先々の土地を好きになるようにしています。そんなわけで、これまで訪れた場所は、どこも好きなので、また行きたいと思っているのが素直な気持ちなのです。

ですので、こうして3つに絞ったのはなかなか苦渋の選択でした。

海外でもう一度行きたい場所

さて、つづいて海外篇です。

タイ王国・スコータイ

海外で真っ先に思い浮かんだのは、タイのスコータイです。

スコータイは世界遺産にもなっており、更に遺跡も多くある、とても見応えのある場所です。

『地球の歩き方 タイ』の2017〜2018の表紙にもなっていますよ!

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ちなみに、この表紙になっている場所はこちら

僕が訪れた時は、スコータイ歴史公園と、スコータイから70kmほど北にある、シー・サッチャナーライ歴史公園へ行ってみましたが、もう一つ、カムペーン・ペ歴史公園というところがあります。

今度はそちらにも行ってみたいんですよね。

ベトナム・ホイアン

次に思い浮かんだのは、ベトナムのホイアンという場所です。

こちらも世界遺産に認定されております。

ホイアンと言えば、情緒と歴史ある建物もそうなのですが、何と言ってもランタンです。

夜になると、街全体にランタンが灯され、幻想的な雰囲気に包まれます。

インスタジェニックな場所ですね。

僕がホイアンを訪れた時は、一泊しかできませんでしたが、次は3泊ぐらいしてゆっくりと過ごしてみたいですね。

ホイアン滞在時に宿泊したホテルはこちら

部屋の窓の鍵がかからなかったのは、今となってはいい思い出です(笑)それから、ローカルバスでぼったくられたこともいい思い出です(笑)

ぼったくられた記事はこちら

また、世界遺産でもあるミーソン遺跡にも是非行ってみたいので、再訪したい場所の一つとしてホイアンを挙げました。

カンボジア・シェムリアップとプレアビヒア

そして、やはりカンボジアのシェムリアップとプレアビヒアも外せませんでした。

こちらも世界遺産がある街全体ですね。

シェムリアップには、アンコール・ワットやアンコール・トムといった超メジャーな遺跡があります。また、郊外にはベンメリア遺跡があります。

これらの遺跡に行った記事はこちら

さらに遠くなってしまいますが、カンボジアのもう一つの世界遺産、プレアビヒア寺院があるプレアビヒアもまた行きたいですね。

プレアビヒア寺院へ行った記事はこちら

カンボジアは内戦の影響でASEAN諸国の中でも発展が遅れている国です。そのため、あまり衛生的でない印象を持つかもしれませんが、普通にご飯は美味しかったです。

あと、カンボジアへ行った方のブログを拝見すると、「騙された」とレビューを書いている方もいらっしゃいますが、幸い僕は騙されたりぼったくられたりしてませんし、人もそんなに悪くないなと感じました。

「騙された」とか「ぼったくられた」というレビューはシャムリアップよりもプノンペンの方で多く見受けられます。

とは言っても、シェムリアップでは無防備で良いかというとそんなことはなく、やはりある程度警戒心は必要だと思います。

最後に

こうして振り返って見ると、当ブログの記事数は多いですが、訪れたことがある場所って意外と少ないですね。

どこも思い入れのある場所ばかりで、素晴らしい場所です。泣く泣く、国内外から3つずつ挙げましたが、できればもっと挙げたかったです。

たとえば、写真を撮るという目的では、台湾の高美湿地はまたチャレンジしたいですね。

本稿を読んでくださった皆さまが「もう一度行きたい場所」はどちらでしょうか?

お題「もう一度行きたい場所」

ブログに書いて教えていただければ幸いです。

それではー!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク