今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

台湾の原宿、西門町の風景をFUJIFILM X100Fで切り取ってみた

Peach Aviationでチケットを取りまして、2017年最初で最後の週末台湾弾丸トラベルを行ってきました。

今回の旅の計画とMM859便搭乗記はこちら

今回の旅のテーマは、「FUJIFILM X100Fで台湾の老街を撮りまくる」でしたが、せっかく龍山寺の近くに来たので、台湾の若者の街・西門町に行ってみました。

若者の街・西門町

これまで、何度も訪れている台湾ですが、実は西門町を訪れたことがありませんでした(汗)

「若者の街」と聞くと、自分には縁がないなと思ってしまっていたためです。

そんなわけで、初めての西門町です。

西門町は、台北駅からMRTに乗って2駅ほどの場所にあります。地図上で示すとこちらです。

MRTで行くのがわかりやすいですが、前述の通り、僕は龍山寺がある萬華地区をウロウロとしていましたので、MRTではなく路線バスに乗って行きました。

台湾はバス網が発達しているので、バスを乗りこなせるようになると本当に便利ですよ!

と偉そうなことを言ってしまいましたが、Google Mapと悠遊カードさえあれば誰でも簡単に乗りこなせるようになります。

西門紅樓

さて、西門町に到着しまして、最初に向かったのは西門紅樓という建物です。

はい。またまた赤レンガの建物です。

西門紅樓は、日本統治時代に演芸場として使用されていました。 西門紅樓の隣にはクリエイティブなショップが並んでいて、いろいろなものが売られていました。

入り口の近くには謎の像が…

さすがクリエイティブです。

Bar

さらにこの建物の裏手にはBarが並んでいました。そんな光景を見ると、バンコクのロットファイ・ラチャダーというナイトマーケットを思い出します。

ビール1瓶100NTD(約400円)ぐらいだったかと…

珍しく飲まなかったので、テーブルチャージがとられるか否かまではわかりません。

渋谷!!

西門町をぶらり

折角ですので、台湾の原宿と呼ばれている西門町をぶらりと散策してみることにしました。

今度は新宿を発見!!

江戸侍ラーメン…どんなラーメンか気になります。

ご覧の通り、かなりの人です。

しかも若い人が多い。

ちょっと脇道に入れば、夜市でよく見る光景が飛び込んできます。表と裏のような表情を見ることができるので、なかなか面白い街だなと思いました。

最後に

西門町で、いくつかスクランブル交差点を発見しました。

台湾の原宿というより、台湾の渋谷のような……

ちなみに、西門町は安宿もいくつかあり、宿代を抑えたい方にもオススメの街です。西門町に泊まれば、先ほど紹介したBarで飲んでも余裕で帰れますね。

それではー!

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク