今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

上海で都会の喧騒から離れられるオシャレなスポット…「新天地」を歩いてきた!

中華系のLCCである春秋航空を利用して、上海へとやってきました。

春秋航空・9C8898便搭乗記はこちら

最終日のこの日も上海市内を巡って写真を撮ることに。上海に来てからまだ訪れていなかった新天地を訪れることにしました。以前にも来たことがあるのですが、何となく、もう一度訪れたいなと思っていた場所がこの新天地でした。

新天地

新天地は、1920〜1930年代の旧フランス租界の街並みを再現した場所です。

僕は、アジアの雑多な雰囲気が好きで、アジアばかりを旅してますが、一方で、西洋式の建造物も好きです。

また、新天地は、上海の他の場所とは異なり、おしゃれな街並みを楽しむことができるスポットなのです。

さて、そんな新天地ですが、地下鉄10号線の「新天地駅」から歩いて行くことになります。

地図上で示すとこちらになります。

新天地駅から歩いて北上して行きます。

見覚えのある景色が見えてきました。数年前に見た景色と同じ景色です。

ここには、いろいろなレストランやバーが立ち並んでおり、見ているだけでも楽しめると思います。テラスで一杯ひっかければもっと楽しいでしょうが…

新天地で写真を撮りながらウロウロしていると、韓国人のツアー旅行客に遭遇しました。新天地も上海の定番の観光スポットなんでしょうね。

上海の他の定番の観光スポットについてはこちら

新天地は、建造物と裏通りの落ち着いた雰囲気がとてもいいです。

上海は、車が通ればクラクションがけたたましく鳴り響きます。ですが、ここ一帯だけは、そんな喧騒から離れることができます。

一方で、実はクラブもあったりと夜遊びもできちゃったりするわけです。

数年前に訪れた時は、写真に収めることができなかったので、できれば、今回は新天地の夜の顔を写真に収めたかったのですが、今回は諦めました。

新天地の周辺

新天地のレストラン街から通りを一本渡ると、ちょっとした公園があります。

水は、きれいとは言えません(笑)

余談ですが、この時、何かの撮影が行われていました。

おそらく、何かのCM撮影だと思います。海外一人旅をするようになって、外国の撮影現場に遭遇したのはこれで3回目です。

1回目は、台湾の松山空港でドラマか映画のロケをやっていました。

2回目は、タイのバンコクで食事をできるところを探していたところ、タレントと思わる方々がテーブルを囲み、会話をしているのをカメラで撮影という状況でした。

ふとビルの上を見ると、目に入ってきた文字がありました。

「PWC」って書いてあります。職種柄、気になってしまった名前です。

そういえば、前回タイに行った時は、「KPMG」のオフィスを見つけて一人でテンションが上がっていた記憶があります。変な趣味趣向があるようですね(笑)

新天地のエンタテインメント施設

数年前の記憶なので、曖昧な部分があるのですが、新天地内のこちらのビルにエンタメ施設があった記憶があります。

クラブがあったかと記憶しているのですが…

この時まだ16時ぐらいでしたので、確かめることもできず。

結局、

ぼちぼち、1杯いっとくかな〜

ということで、新天地駅近くのコンビニで一本購入。

こちらのビール、青島啤酒のなかでもプレミアムな位置付けのようで、ちょっとお値段が張りました。

味は、正直あんまり変わりませんでしたが(笑)

最後に

一人で新天地に行ってみましたが、まあ退屈ですね(笑)

ここは一人で行く場所じゃないなということがよくわかりました。

なお、どうでもいい話なのですが、

TESLAのディーラーがありました(笑)

売れているのかどうか、非常に気になるところではありますね。

それではー!

Booking.com


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク