今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。

「藁焼き」と「カツオのたたき」を求めて…高知市の「ひろめ市場」に行ってみた!

四国一周を企画しまして、2泊3日で四国へと行ってまいりました。

最終日は、高知県からスタートしまして、まずはプチ龍馬巡りをしました。

最終日は、高知から愛媛に移動しなければならず、そのためには午後1時13分の特急に乗らなければなりません。

しかしながら、せっかく高知に来たにもかかわらず、藁焼きやカツオを食べずには帰れません。

そこで、ひろめ市場へと行ってみました。

というわけで、本稿では、高知市街地の市場、ひろめ市場を紹介します。

ひろめ市場

ひろめ市場は、飲食店やおみやげ屋が集まる場所です。ひろめ市場内で購入した物であれば、ひろめ市場内の多店舗でも食べてよいとされていました。

ひろめ市場の場所を地図上で示すとこちら

ちなみに、ひろめ市場の北側の通りでは、日曜市が開催されています。

高知城の追手門の前からひろめ市場の前までも日曜市が開かれています。

高知城を訪れた記事はこちら

日曜市の隙間を縫って、ひろめ市場にやってきました。

目的は、ひろめ市場内にある「明神丸」というお店です。

明神丸では、わら焼きやカツオのたたきが楽しめます。

本場の藁焼きを楽しみたいと思ってやってきたのですが、お昼時ということもあってお客さんで溢れかえっていました。

残念ながら座れそうもなかったため、ひろめ市場の近くにある別の店舗へ行ってみました。

ひろめ市場を出て、アーケードを東に歩いていくと明神丸帯屋待ち店があります。

地図上で示すとこちら

が、残念ながらこちらも満席かつ空席待ちのお客さんが並んでいたので諦めました。

土佐黒潮ひろば

藁焼きは食べられなくとも、せめてカツオだけは…と思い、ひろめ市場の向かいにある土佐黒潮ひろばというところに行ってみました。 こちらの建物は、一階は全国に配送も行なっている海産物を販売している店舗です。ひろめ市場でも出店している土佐黒潮水産という会社が運営しています。

二階には、食堂があって、海産物を中心とした料理を提供しています。

というわけで、二階に上がって行ってみました。

席に座り、カツオ丼を注文しました。

そして……

黄金色の飲み物も注文です。

こちらの飲み物は四国の工場で生産されているそうで。

土佐城に行った記事でも書きましたが、この日は本当に暑かったので、黄金色の飲み物が喉に染み渡りました。

そうこうしているうちに、カツオ丼が運ばれて来ました。

ようやく高知の食にありつけました。

やっぱり訪れた先では、その土地ならではの物を食べてみたくなります。

そういえば、食べてる時はあんまり気にしていなかったのですが、時期的にはギリギリ初カツオの時期だったのですが、初カツオだったのでしょうか??

最後に

明神丸の藁焼きが食べたかったのですが、本稿を執筆している際にあることを知ってしまいました。

東京にも店舗があるじゃないですか!?

機会を見つけて訪れてみようかなと思います。

それではー!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最後に

スポンサーリンク