今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。

安宿宿泊記:チャイナタウンのWink Capsule Hostel(ウインクカプセルホステル)に宿泊してみたのでレビューします

2018年10月にシンガポールへと行ってまいりました。

航空券の発券についてはこちら。

フライトに関する記事でもお伝えした通り、現地時間の午後11時に到着したため、チャンギ国際空港から市街地に移動するには、最終的にタクシーを利用することとなってしまいました。

このことはある程度予想していたため、初日の宿泊にはあまりお金をかけないでおこうと思い、出発前に安くかつ綺麗そうなドミトリーを探し出し、予約をしておきました。

それが、今回紹介するホステルです。

というわけで、本稿では、ウインクカプセルホステルの宿泊レビューをお届けします。

Wink Capsule Hostel(ウインクカプセルホステル)

冒頭でもお伝えしたとおり、初日に宿泊したのはチャイナタウン地区にある、Wink Capsule Hostel(ウインクカプセルホステル)というホステルです。

こちらのホステルの魅力は、チャイナタウン駅から近い場所に位置しているという点です。チャイナタウンは飲食店も多いので、滞在するにはなかなか便利な場所だと思います。

また、他にも安い宿が集まる場所ですので、宿泊費を抑えたい方にはオススメの地区です。(もっと安く抑えたい方は、ゲイラン地区に泊まることをオススメします。)

ウインクカプセルホステルの場所を地図上で示すとこちら。

今回はAgodaを利用して予約しました。

他のサイトと比べて、価格が半分くらいだったんです。トリバゴのCMじゃありませんが、少しでも安く泊まりたいという方は、ある程度比較することは必要かなと思います。

チェックイン

ウインクカプセルホステルのレセプションは、2階にあります。といいますか、1階は別のお店になっておりまして、2階と3階がウインクカプセルホステルの施設というわけです。

先ほど、午後11時に到着したと書きましたが、深夜に到着する際には注意が必要です。

というのも、こちらのホステルのフロントデスクは午後11時までしかやっておらず、午後11時以降はセキュリティカードがないとホステル内に入ることができません。当然、午後11時に到着した僕はホステル内に入ることができません。

困った

と思っていたら、ドアに何か貼り紙があるのを発見しました。その貼り紙を読んでみると、

「深夜に到着の人はセルフチェックインをしてください」

とのことでした。そして、ドアの右側の壁にポストのようなものがかけられており、そこに自分の名前が書かれていることに気がつきました。

そこを開けてみると、ダイヤル式の鍵があり、

「携帯電話の下4ケタの数字がパスコードです。」

と書かれています。

ダイヤルを自分の携帯電話の下4桁の数字に合わせて解錠すると、セキュリティカードが入っておりました。

なんとか建物の中に入ることができました。

ということで、以下、予約の際の注意点です。

到着が午後11時以降になる可能性が少しでもある場合、事前にホステル側に連絡やレイトチェックインの希望を出しておきましょう!

また、携帯電話(これは日本国内のもので大丈夫です。)の番号の登録も必須です。

客室

客室は2階と3階に分かれています。

また、客室にはそれぞれシンガポールの有名な場所の名前がつけられています。

例えば、上の写真では手前の部屋がMarina Bay Sandsで奥の部屋がChinatownです。

今回、僕はChinatownの部屋のベッドが割り当てられていました。まさかチャイナタウン地区でチャイナタウンという名前の部屋に泊まることになるとは(笑)

(注:画像をクリックするとagodaのページに移動します)

ドミトリーの室内はこんな感じになっています。

印象として、清潔感が保たれたドミトリーだと思いました。

ここの客室の面白いところは、セキュリティカードを当てて室内に入ってくると、自分のベッドの場所が青い光を放つというところです。

こんな感じで光って教えてくれます。

光はある程度時間が経つと勝手に消えるので、わざわざ自分で消す必要はありません。

トイレとシャワー

つづいて、トイレとシャワーの紹介です。

トイレとシャワーは共同のもので、同じ場所にあります。

(注:画像をクリックするとagodaのページに移動します)

もっとも、個室は別々になっており、香港の安宿のようにシャワーと便器が同居しているというタイプのものではありません。

この点はありがたいですね。

シャワーは、特に注意書きがされていなかったので24時間利用できるようです。

ランドリー設備

今回、ランドリー設備を利用していないのでレビューはできませんが、ランドリー設備のある部屋があったことは確認しました。

シンガポールは結構気温が高く、汗をかきやすいかと思いますので、洗濯ができるというのはありがたいですね。

ダイニング

ランドリー部屋のすぐ近くには、共有スペースのダイニングがあります。

こちらのホステル、朝食付で、朝は食パンやシリアルフレークが用意されています。

飲み物もコーヒーやフルーツジュースが用意されているのはありがたいですね。

なお、共有スペースですので、使用した食器は自分で洗うというのがルールになっていますので、食べっぱなしのまま立ち去らないように注意しましょう!

チェックアウト

チェックアウトは午前11時までです。

チェックアウト時に、フロントデスクの女性に声をかけると「パスポートを出して」と言われました。

どうやらセルフチェックインをした場合、パスポートのコピーが取れないため、チェックアウト時にパスポートを出す必要があるみたいです。

ここも注意点ですね。

荷物の預かり

2日目と3日目は別の場所に宿泊する予定だったので、この日は移動しなければならなかったのですが、まずは寺院などの写真を撮り廻ってから次の宿泊場所に移動することにしておりました。

もっとも、さすがに全部の荷物を持って移動するのはしんどいものがあります。

そこで荷物を預かってくれないかお願いしたところ、何の問題もなく預かってもらえました。

ありがたいですね。

最後に

というわけで、シンガポール初日に宿泊したウインクカプセルホステルのレビュー記事を紹介しました。

前回宿泊したHotel Bossの記事でも書いたかと思いますが、近年、シンガポールのホテル価格は高騰しているため、結構いいお値段になっています。

ドミトリータイプのホステルも他の国に比べたらそこそこ値は張りますが、それでもホテルに比べたら安いもんです。

シンガポール滞在で、宿泊費用を抑えたいという方はホステルも検討してみてはいかがでしょうか?

また、「ドミトリーはまだ泊まったことがないけど興味あるな…」という方、ウインクカプセルホステルでドミトリー初体験をしてみてはいかがでしょうか?

それではー!

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!


スポンサーリンク