読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

NH849便搭乗記:羽田発の深夜便でバンコクへ移動

※本稿は写真がございませんが、あしからず。

※上記の画像はNH849便ではございません。

会社から戻ると、僕は急いでパッキングを済ませ、羽田空港へと向かいました。

ですが、焦ってしまったが為に、色々と忘れ物をしてしまうことに。

折角購入した指さし会話帳や、iPhone&iPad Air用の充電器プラグ(Lightningケーブルはしっかり持って来ました)を自宅に忘れてしまうという始末…

結果、空港内で余計な出費をしなければいけない羽目に。

ANAなのに沖どめ?

今回、初めて経験したことがあります。 表題にもある通り、今回はANAを利用したのですが、ANAといえば日本でトップシェアを誇る航空会社。羽田空港におけるスポットのシェアでもブイブイ言わせている(?)わけですが、何故か沖どめ…

国内線ならまだしも、国際線で沖どめを日本語で経験するとは… その一方で、中華系LCCやエアアジアがしっかりスポットにつけておりました。

これが日本の「お・も・て・な・し」ってヤツですね。

滝川ク◯ステルさんもびっくりです。

ゲート前にやってきた日本人の乗客たちからは落胆の声が漏れてました。 やはり沖どめはテンションが下がる模様…

LCCで慣れておいて良かったです(笑)

トラブル続きの出発

さて、いざ搭乗ということで、バスに乗ったのですが、何やらゲートでもめています。

そうです。オーバーブッキングが起きたようで。 ビジネスクラスで予約を取ったのに、エコノミークラスにダウングレードさせられるとか…

同情します。 でもね、これ、航空業界ではよくあることなんだそうで。

数日前にlivedoorニュースに出てました。 予約したけど、連絡なしにキャンセルする輩がいるため、航空会社はあらかじめ座席数よりも多くの予約を受け付けておくそうです。

今回はキャンセルが出なかったようですね。

さて、搭乗後に話しを移します。

そうなんです。当初、隣に人がいなかったので、「お、これはラッキー!」と思ったのですが、実は違ったようで。窓側の人がCAさんに席を替わってもらえないか?とお願いされてました。

つまりこうです。

隣どうしで席を希望していたにも拘らず、隣どうしに配列されず、前後になってしまったとか。で、窓側の人は一人だし、同じ窓側で座席を変更してはもらえないかと。

結局、座席の入れ替えは行われず、出発。 フルサービスキャリアの客室乗務員って、こんなことまでやらなきゃいかんのかと思うとホント、大変な仕事ですね。

LCCはLCCでタイトだったり不規則なスケジュールで大変そうですが…

無事に到着

機内食は、ベトナム手前の上空を飛んでいる時に配られました。 味は、なかなか美味しかったですよ。 (機内食の写真を撮るのを忘れました…)

途中、CAさんと会話をする機会があったのですが、『そこまで下手に出なくても…』という印象を持ちました。 ストレス溜まる仕事でしょうね。

さて、スワンナプーム空港に到着しました。 驚いたのが、イミグレに最も近いスポットだったことです。

いつも端っこから何百メートルも歩いてイミグレに行っていたので、思わず方向を間違えました(笑)

空港内で時間を潰す

無事、イミグレを通過しました。

実は今回、試してみたいところがありまして。それは、スワンナプーム空港の地下にある、BOXTELという簡易型のボックスホテルです。4時間借りられるようで、「バンコクに早朝に到着したはいいけれど、絶対眠いし、市内に行ってもやることないし…」ということで、空港内で時間を潰すにはもってこいかなと思っていたのです。

ですが、料金をみて断念しました。

結局、スワンナプーム空港でiPhoneを充電して過ごすというよくわからない時間の潰し方をしてしまいました。

かれこれ3時間は時間を潰したでしょうか。

ボチボチ移動しましょうかね、というわけで、ARLに乗りまして、バンコク市内へと移動です。

大晦日のバンコク市内の様子

これまで何度もバンコクを訪れていますが、今回はこれまでとは打って変わった印象を受けました。

それは、

人がいない

全くいないというわけではなく、人が少ないという意味です。 あれだけ活気に溢れていたバンコクの姿を見ることができず、ちょっと戸惑いを覚えています。

そんな戸惑いを抱えながら、市内のスタバに入り、ホッとコーヒーを飲みながらiPad Airで「ドヤー!」って顔しながら本稿を執筆しておりました。 "Wi-Fi Free"って書いてあるのに、どこにもIDとPassが書かれていないので、さらに戸惑いを覚えています(苦笑)

最後に

まだ宿のチェックインの時間までには2時間以上ありますので、これからお昼ごはんを求めて、行きつけの店に行こうかななんて思っておりますが、お酒が飲める時間帯に突入してしまったので、飲んでしまうかもしれません(笑)

(日本時間で)本年も残すところ12時間を切ってしまいました。 みなさま、どうぞよいお年をお迎え下さい。

それではー!!

スポンサーリンク