読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

長距離バスで、スコータイからチェンマイに移動してみた!

長距離バス

スコータイ歴史公園から長距離バスに乗る方法

スコータイから他の都市に移動する際には、
新市街地のバスターミナルから移動することを思い浮かべてしまいますが、
実は、歴史公園からも長距離バスに乗ることができるのです。

実際、歴史公園地区を歩いていると、長距離バスが走っているのを目撃することができます。

ここでは、スコータイ歴史公園からバンコクあるいはチェンマイに行く長距離バスの乗車方法をご紹介しようと思います。


ちなみに、僕が乗った長距離バスの乗り場はこちらです。


ここは、旅行代理店のような感じになっていて、
長距離バスのチケットを予約することができます。

なお、
予約は前日までに済ましておく必要がある
ので要注意です。


IMG_2994

ちなみに、バスの本数はこんな感じです。
バンコク行きの方は本数は少ないですが、1等バスで行けるようです。
チェンマイ行きは、2等バスでした。

チェンマイ行きのバスの料金は、207bahtです。

スコータイ最終日



と、いうわけで、スコータイ最終日の朝を迎えたわけです。
この日は、チェックアウトの時間ギリギリまで部屋にいました。

というのも、やはりスコータイは暑いので、
早々にチェックアウトしてしまうと、猛暑の中で待たねばならないからです。

事前にお願いして、トゥクトゥクを呼んでおいてもらいました。
時間通りにトゥクトゥクが迎えにきまして、
バス停近くのセブンイレブンまで乗せてもらいます。

IMG_3135

セブンイレブンの冷気で野良犬が涼んでました。
人間にとっても暑いのに、犬はもっと大変ですよね…

セブンイレブンで飲み物などを購入し、バス停に向かいます。

IMG_3137

セブンイレブンから、歩いてバス停に向かっている途中です。
100〜200mほどの距離ですが、炎天下のため、一気に体力が奪われます。

まさにそうでした。
少しの距離でしたが、暑い中歩いた結果、ビールを飲みたくなってしまうという始末…

ですが、ここはぐっと我慢です。
下手にお酒を飲んで、トイレに行きたくなってしまうと大変ですからね。
1等バスならまだしも、2等バスは車内にトイレがないので大変です。

ビール飲みたい病をぐっとこらえながら、じっとバスと待っていました。

IMG_3138

すると、大型バスがやってきました。
見るからにこれは1等バス…
バンコク行きのバスです。

やけにゴージャスでした。

快適そうですね。


そんなわけでバスに乗車です。

トイレ休憩は2回

スコータイ歴史公園を出発したバスは、12号線を目指して走り、12号線に出ると、
今度はタークという町を目指してひたすら走りました。

タークのバスターミナルに到着すると、少しの時間、トイレ休憩があります。

さらにタークのバスターミナルを出発し、1号線をひたすら北上し、
ラムパーンという町を目指します。

このラムパーンのバスターミナルが2回目のトイレ休憩です。

タークのバスターミナルでは、バスの中で大人しくしていたのですが、
ラムパーンのバスターミナルではバスを降りて、トイレ休憩をとりました。

また、お昼を食べていなかったため、お腹が空いてきてしまったので、
ターミナル内の売店で、お菓子を購入しました。

IMG_3142



IMG_3143

日本のピザポテトみたいなポテトチップスでした。


ポテチを食べながら、出発を待っていると、
隣からソンテウが出発していくのが目に入りました。

が、ソンテウ内には人がいっぱいで、一人乗り切れなかったようです。
その乗り切れなかった人はというと……

IMG_3145

Amazing Thailand!!

後ろのバーにしがみついていっていました(笑)
しかもスーツで。

その後、程なくして、バスはチェンマイに向けて出発していきました。

無事にチェンマイに到着!!

バスは再び走り出しました。
そして、無事にチェンマイに到着することができました。

バスを降りた瞬間、スコータイとの気温差に感動しました。
が、すぐさま、纏わりつく湿度に、日本の梅雨を感じたのです。

バスの降車口では、トゥクトゥクが客引きをしてきます。
幸い、僕は誰にも引っかからずにバスを降りることができました。

ソンテウに乗って行こうとも思ったのですが、
折角なので、チェンマイを歩いてみようと思い、
バスターミナルから歩いて宿泊先まで向かったのでありました。

今回訪れたところ(まとめ)

スコータイ歴史公園(ムアンカオ)からでも、チェンマイバンコク行きのバスに乗車することはできます。
バス乗り場は、下に地図を貼っておきますので、そちらをご覧ください。

チケットの入手方法ですが、本文でも書きました通り、
前日までに予約を済ましておく
必要があるのでご注意下さい!

チェンマイ行きは、207bahtです。(2016年5月時点)

途中休憩が2回あるものの、乗車時間は結構長いので、事前に食料を調達しておくことをオススメします!

長距離バス乗り場

こちらの記事もどうぞ!



最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加してみることにしました。

どちらかのバナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

スポンサーリンク